一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
輸入文具

別に親父の万年筆コレクションに触発されたと言う

訳ではないですし、価格的にも1/100ですが(笑)

 

 

先日丸善に行った帰りに新宿で途中下車

西新宿にある輸入文具のお店であれこれ買ってしまいました

シャーペンにマーカー、消しゴムにノートなどなど

と言っても、ただ衝動買いしたわけではなくって

ちゃんと用途と言うか、目的があってのことなんですが

その話はまたの機会においておくとして

やっぱり文具って楽しいですね、Jrの気持ちもわかります

まあ、ボクの場合「輸入文具」オンリーですが

ええ、全ジャンルにおいて舶来好きは相変わらずなので

こちらはそれ以前から使っているドイツはLAMY社のシャーペン

そう言えばLAMYは万年筆も持ってます

そちらは松陰神社前に以前あったDESK LABOと言う

小さな輸入文具店で手に入れました

残念ながら今はもうお店は無くなってしまったんですよね

以前に何度かご紹介した表参道のMomaのショップなど

輸入文具や雑貨を扱ってる店は大好きなんですが

吉祥寺のお店(店名失念)にしても前述のDESK LABOにしても

お気に入りの店が次々閉店してしまって悲しいです

そうそう、書いていて思い出しましたが

本郷にはSCOSさんという、やはり輸入文具の専門店があって

ずっと行ってみようと思ってたんですよ

と言うか随分前に一度行ったんですがお休みだったというorz

近くには大好きなサバランの近江屋本郷店もあるし

散策には楽しいエリアなので、近々行ってみようかなと

 

 



2018.02.24 Saturday 12:39
OFF comments(0)
親父のコレクション

週末に、弟一家も招いて親父の誕生日祝いをしました

前の週の定休日に丸の内の丸善に出かけて

「万年筆箱」をプレゼントしたのは少し前のエントリでも

ふれた次第ですが、とっても気に入ってくれたようです

最近自分も筆記具(主にシャーペンですがw)にハマってて

万年筆にも興味津々のJrが、箱に並べるのを手伝う!と

楽しみにしてたんですが、火曜日に一緒に階下へ降りると

すでにもう親父、自分で箱に収めてました

 

 

ただ・・・2段で20本収納できる箱をプレゼントしたんですが

現時点で既に収めきれずに、最下段のインクやカートリッジ用の

引き出しにもまだ10本近い万年筆がorz

 

個人的には万年筆を使う機会ってほとんどありませんが

こうしてみるとやっぱり良いもんだなあと改めて思います

特にイタリア製の物などは、実に美しい色合いで

眺めているだけでもいいんですよね

青山に「書斎館」という万年筆の専門店がありまして

先日親父の教え子で散歩や食事の相手をして下さるなど

すっかりお世話になっているNさんが

ここに連れて行ってくださったんですね

もう親父、ショーケースに釘付けで動けなかったとか(笑)

この調子だと来年の誕生日にはもうひと箱プレゼントしないと

いけないことになりそうな気がします

まあ、場所とるものではないのが幸いですが

 

 

 



2018.02.22 Thursday 11:57
OFF comments(0)
平昌と台湾

冬季五輪が開幕し、盛り上がりを見せています

開催地が韓国と言う事であまり時差も無いので

それなりに観ていますし、個人的には五輪は夏より冬のほうが

断然好きなんですよね、種目的にも

夏の五輪は何と言うか、種目数も多すぎる上に

テニスとかサッカーとか、正直それ五輪で必要?って感じますが

その点冬季はコンパクトでいいです

で、まあ五輪は大いに盛り上がって良いと思うんですが

先日のエントリでも指摘したように、案の定開幕と同時に

マスコミからは台湾の「た」の字も出てこなくなりました

ネットで検索しても10日前後の、倒壊した建物の取り壊しが

始まった事や、死者16人(不明1人)という報道を最後に更新の気配無し

なにより、募金に関する報道がまったく無いというよりも

TV局おなじみのドラえもんとかサザエさん募金はおろか

日本赤十字社ですら募金窓口を開設していない様子です

毎年3.11を迎えるたびに風化させてはいけないなどと

訴えるマスコミですが、所詮営利(数字)優先ってことで

その薄っぺさを露呈したというところでしょうか

一方で、先日ブログでもご紹介したYahoo募金のほうは

今日現在で1億3,400万円あまりが集まっているようです

と言うか、YahooはちゃんとTOPページの左側インデックスで

「ネット募金」とは別立てに「台湾地震緊急支援募金」と言う項目があり

ダイレクトにアクセスできる仕様になってるんですね、素晴らしい!

また、楽天クラッチ募金でも同じようにポイントを使って募金可能

こちらは現在Yahooに比べると一桁少ない1,400万円くらいですが

ユーザー数や知名度からすれば、告知次第でもっと集まるはず

ぜひ楽天さんにも頑張ってもらいたいです

(楽天もYahoo同様クレジット決済による寄付は可能です)

個人的には両方とも所有するポイントを全額寄付はしましたが

どちらも手続きはPCやスマホから簡単にできますので

クレジット決済には抵抗がある方もポイントをお持ちでしたらぜひ

 

 

 

 



2018.02.17 Saturday 11:32
世間の話題 comments(0)
おのぼりさん

昨日、もうホントに何十年ぶりか?って位久しぶりに

東京駅(丸の内)に出かけました

いやもう、北口を出た途端、まったく未知の光景

キョロキョロと辺りを見回したり

圧倒されるような新しいビル群を見上げたりと

まるで異国を訪れたような気分でした

 

こんな場違いなところに来たのは、今週90歳を迎える父の

誕生日プレゼントを買うのが目的で、訪れたのは丸善の本店

 

丸善と言うと、子供の頃よく父に付き合わされましたが

普通の本屋だと思って行ったら、難しい専門書や洋書ばかりで

クソ面白くないところという印象しかありませんでした

今回の目当ては決まっていて、丸善オリジナルの万年筆箱

上部がガラスケースになっていて2段目の引き出しと合わせて

20本の万年筆を収納でき、最下部の引き出しにはインクびんや

カートリッジなどの小物も入れられるようになってます

万年筆のコレクターであるわりに、無造作に書斎の引き出しに

しまっていた父にピッタリのプレゼントではないかと

 

せっかく普段めったに訪れることの無いエリアですが

あまりのアウェー感と時間の問題もあってさっさと帰宅

午後はいつものように家事と料理で1日が終わってしまいました

この日の献立は久しぶりの木須肉(ムースーロー)

それと、翌日分におなじみの牛肉トマト煮込み

 

オフィス街や小洒落た商業施設、飲食店にはとても

寄る気にはなれませんでしたが、少し足を伸ばして

三州屋あたりで鳥豆腐と燗酒ってのもアリだったなあと

何しろまた数年はこっちに来る事も無いでしょうから

 

 

 



2018.02.14 Wednesday 11:28
OFF comments(0)
台湾加油

台湾の花蓮大地震から3日、未だ半壊した建物の中にも

要救助者が残されており、被害の全容も見えていないようです

台湾と言えばもちろん、あの3.11の際に米国に肩を並べるほどの

巨額の義援金を贈っていただいた事は記憶に新しいところ

人口2,400万足らずの国から200億円もの義援金ですからね

政府は既に現地に日本製の人命探査機や、専門家チームの派遣を

実施しており、また総理の毛筆による「台湾加油」のメッセージも

話題になっていたりと、まずまずいち早い対応を行ったようですが

一方で、netを含めて多くの日本人の間に「今こそ恩返しを」の機運が

高まっているにもかかわらず、マスコミの報道があまりにも少ないことに

疑問を感じてしまいます

昨夜も気になって報道ステーションを冒頭から観ていましたが

TOPが北朝鮮軍事パレードは仕方ないとして

その後は、まだ開幕もしていないオリンピック関連を延々と

さらには小学校の制服がアルマーニだとか、どーでもいい話ばかり

結局台湾大地震の報道はクリップニュースの中でほんの数十秒だけでした

もう一つ、義援金の窓口に関する報道や、そもそも開設の遅れも気になります

昨日ネットで「台湾 義援金」などで検索してもさっぱりHITせず

逆に同じように受付先を探す声ばかりが挙がっているように見受けられました

Yahooのネット募金では受付が始まっていることがわかり

T-Pointによる寄付も可能でしたので

今朝、とりあえず所有している全ポイントを寄付してみましたが

PCからでも20秒くらいの簡単な手続きでした

もちろんクレジットカードでの寄付も可能です

9日の昼時点で6,000万円近くの義援金が集まっておりました

どうも現時点ではまだ日本赤十字社の窓口も開設されてないようですし

TVでも(少なくとも昨夜時点では)まったく募金に関する情報がありません

今日からオリンピックも始まってしまい、国内の関心がそちらに移ることは必至

日頃から批判されているマスコミの姿勢を正す良い機会ですから

台湾関連の報道や義援金に関する情報もきちんと報道して欲しいものです

ちなみに、時期的にまもなくバレンタインデー

先日のエントリでもふれたGODIVAの話ではないですが

チョコはこの際大切な方だけにとどめて、会社関連などの所謂義理だとか

アイドルスポーツ選手などへファンが贈る大量のチョコなど

そのお金の一部でも今年は義援金にまわせば良いと思ってしまいます

世の女性が費やすバレンタインコストの10%で100億円集まるわけで

大手製菓メーカーをスポンサーに抱える大マスコミは絶対言わないでしょうが

それこそSNSで影響力のある著名人がどんどん声をあげて欲しいです

とりあえず今晩の、と言うよりこれからしばらくニュースは

どーせオリンピック一色でしょうけど、花蓮地震に関する報道も

しっかりと注視していきたいと思います

 

 

 

 

 



2018.02.09 Friday 11:47
- comments(0)
牛筋煮込み

やや寒さの緩んだこの定休日

久しぶりに牛筋をやろうと前日のうちに予約を入れて

運動不足解消のため、自宅からてくてく経堂まで歩くことに

途中、芦花公園では蠟梅が咲きはじめてました

 

農大通り商店街を下り、宮の坂方面に左折して小澤商店へ

しばらくぶりで、少しは値段が上がったかなと

覚悟してたんですが、100gあたり80円と相変わらず破格w

ちなみにこちら、小売店ではなく業務用卸の会社

ボクは毎回、事前に電話で取り置きをお願いしてますが

牛筋だから分けてもらえるのか、1.5kgというロットだからなのか

最初にやきとん㐂八のヒデさんの紹介で行ったからなのか

そのあたりは不明、ただ毎回領収証を用意して頂いてるので

近所の居酒屋の店主とでも思われてるのかもしれません(笑)

帰りはバスでと思ってたんですが、久しぶりに増味屋で

一杯やって帰ろうと、すずらん通り経由で環八方面へ

往復歩いてすっかり渇いた喉にしみわたります

どうみても1人前のチャーハンが付くラーメンセットで腹も満たし

近所のパワーラークスで残りの買物も済ませ

牛筋と合わせて4kgは超えたずっしり重いバッグを背負って帰宅

時間もギリギリになってしまったのですぐさま準備に取り掛かります

 

一度茹でこぼして臭みや余分な脂をおとしてから

前日に作っておいた出汁に、青ネギとしょうがを入れて

1回目の加圧、その間に大根をフライパンで炒めておきます

醤油とみりん、砂糖を加えて2回目の加圧

後は仕上げに味噌を少し入れ、じっくり煮込んでいきます

今回は赤味噌を使ってみたり、砂糖を思い切って減らしたりと

ちょっと親父好みの味付けにしてみましたが、これが吉

砂糖については元々控えめ且つ、我が家はてんさい糖なので

甘さは抑えていたつもりだったんですが、今回位でいいなあと

でもって今回も、東京5大煮込みの中でも牛筋煮込みでは

個人的No1の北千住は「大はし」さんに倣って豆腐を入れて煮込み

さらには煮玉子や白滝も加えて完成〜

 

どうしても、最低半日仕事になってしまう牛筋煮込みですが

それでもやっぱり食べたくなるんです、無性に

残った煮込みで2日目の牛筋カレーも楽しみですし

本当はもっと大量に作って冷凍しておく手もあるんですが

我が家の圧力鍋ではこの量が限界なんですよね

自家製煮込みもそれはそれでいいんだけど

大はし、宇ち多、大阪屋に岸田屋、山利喜・・・

たまには外呑みで絶品のプロが作る煮込みも堪能したいなあと

 



2018.02.08 Thursday 11:10
OFF comments(0)
GODIVAと恵方巻

日経新聞に掲載された、「日本は義理チョコをやめよう」という

中々に刺激的なコピーで話題になったGODIVAの一面広告

netでは、1年で最も稼ぎ時のチョコレート会社が!?という驚きから

GODIVAなんて高級チョコはそもそも本命対象だから

義理チョコなんてむしろ排除した方が都合がいいんだろと言った

醒めた意見など様々ですが、男女問わず「よく言ってくれた!」と

概ね好意的な反響が寄せられているように感じられました

まあ、これだけ高級ブランドが百花繚乱する業界にあって

GODIVAが依然本命対象的なポジション維持してるのか?

と言う疑問はともかくとして、とりわけ注目されたのは

掲載媒体が「日経」だったと言う点のようですね

主な購読層である企業の男性社員、とりわけ幹部や役員クラスに

対して訴求、すなわち彼らから女性に対して「辞めようね」と

言ってあげてくださいというのが目的のようです

まあ個人的にも、携帯やSNSも無かった中高生の頃はともかく(笑

会社員になってからの部署・営業所などでのバレンタインは

正直、1ヵ月後のお返し考えるとめんどくせー行事と思ってました

推計史上1,300億円と言われるバレンタイン商戦ですが

今年は減少予測も出ているようですし、その内容も近年は

友チョコや自分になど様々に変化しているそうで

GODIVA広告が果たして一石を投じるのか、ちょっと興味があります

 

まあ、そもそも日本のバレンタインは言わば

「マスコミごり押し」イベントの元祖みたいなもんですが

そのマスコミごり押しと言えば、昨日の恵方巻き@節分

毎年4日のコンビニショーケースで大量に売れ残った

太巻きの画像などが話題になりますが(苦笑)

昨夜閉店後に買い物があって烏山のライフに出向いたところ

お弁当やお寿司のコーナーが山積みの太巻きに占拠されてました

って、休日で20時の時点でこれじゃ、ほぼ売れ残るだろと

太巻きだけに消費期限考えるとこれ、大量廃棄でしょうかねえ

もったいないなあと(買わないけど)

「MASS」メディアの主軸たる新聞やTVがもはやオワコンに

なりつつある現代、マスコミのごり押しそのものがもう

通用しなくなってくるってことなのかなと思う一方で

ハロウィンなんてモノが今や前述のバレンタインに

肩を並べる市場規模にまで成長しているというナゾ

やっぱり恵方巻きじゃ、ハロウィンに比べて明らかに

インスタ蝿、もとい「映え」しないのが一番の要因でしょうか

 

 

 

 

 

 



2018.02.04 Sunday 11:13
世間の話題 comments(0)
新ユニ

一昨日の晩、自宅に戻ったらソフトバンクの大きなロゴ入り封筒が

それもJr宛で届いてまして、なんだこれ?と思って開封したところ

昨年末にHawksファンクラブジュニア会員の更新手続きを行った際に

特典でもらえることになっていた、80周年記念限定ユニフォームでした

 

HAWKSには珍しいシンプルなユニ、中々カッコイイです

ちょっとLions、あるいはマリナーズっぽいですね

そっか、南海Hawksから通算すると創設80周年になるんですねえ

これで我が家のHawksユニは4着目になりました

16年、17年の鷹の祭典ユニとビジターユニ

って、肝腎なホーユニフォームが無いじゃんかと(笑)

 

ちなみに真ん中の17年鷹の祭典ユニはボク用のLサイズ

後はSサイズなので家人も着ることができます

ってことで、今シーズンのゲーム観戦では家族3人揃って

ユニフォーム着て応援できますね

例年の西武球場に加え、今シーズンは交流戦で神宮でも

ちょうどボクの定休日にゲームがあるので

ぜひとも観に行こうと思ってます

ホントはヤフオクドームにも一度行ってみたいんですけどねえ

博多かあ・・・夏休みあたりで考えてみようかなあ



2018.02.02 Friday 12:16
OFF comments(0)
豚肉のシャルキュティエール

前回のエントリで紹介したフランス家庭料理本から

早速一品作ってみました

ソルボンヌ留学含めて在仏歴の長い常連のIさんが

大学で英文学を教えておられるお嬢さまと同伴で

お店にいらっしゃった際に、この本を手に取られて

しばしフランスの家庭料理についてお話を伺ってました

ちょうどこの「豚肉のシャルキュティエール」が美味しそうで

ただ料理の要になるコルニションをこの辺りの店で

売ってますかね〜なんて話をしていたら

その後にお嬢さんが「シミズヤさんに有りました!」と

瓶詰めのコルニションをわざわざ買ってきて下さったんです

そんなわけで、こりゃ早々に作るしかあるまいと(笑)

肩ロースは柳屋さんで、我儘言って7〜8mm位の厚さに

カットしてもらったもの、焼き色を付けて一度取り出します

余分な脂をペーパーでとってタマネギのみじん切りを炒め

親父の冷蔵庫からくすねた白ワインを1cup投入

鍋についた肉と野菜の旨みを木べらでこそぎながら煮詰めます

 

お肉を戻し、トマトソース、小口切りのコルニションを入れて煮込み

塩、胡椒で味を調え、仕上げにフレンチマスタードとバターを少し

付け合せはマッシュポテトにしてみました

 

豚肉とタマネギ、コルニション(小さいキュウリのピクルス)だけの

シンプルな料理ですが、適度な酸味にコクもあって旨いです

柔らかく煮込まれた豚肉の甘みとコルニションの酸味&食感が吉

実はいつも作るトマト煮込みのクセで、ちょっとケチャップや

ソースを加えたんですが、Jr的にはBESTで美味しいと言ってくれた

ものの、大人、特に親父には少し甘めの味付けになったようで

この次はもう少し酸を効かせてみようかなと思ってます

前回のエントリでも言ったように、フレンチなんて敷居が高いと

敬遠してましたが、この本のような家庭料理ならなんとかいけそう

今度は違うレシピにも挑戦してみようかなと

 

この日は夕方5時の親父の夕飯に合わせて

シャルキュティエールを作り、食べてもらってる間に

翌日の夕飯用に八宝菜も作ったので

リビングにそっちの良い匂いが充満してしまい

なんだかすっかり八宝菜モードになってしまいましたw

 

ちなみにこの八宝菜、翌日に家人のアイデアで

ヤキソバ麺をフライパンで焼いてあんかけヤキソバに

これがまた旨いんですよね

 

 

 

 

 

 



2018.02.01 Thursday 12:31
OFF comments(0)
フランス人が好きな3種の軽い煮込み

定休日の献立がだんだんとマンネリ化してきたことに加え

親父が、醤油・味醂・砂糖・酒の和風煮込みの味付けが

あんまり好きではないようで、もう少しレパートリーを

増やしていかないと厳しいなあと感じていた矢先に

経堂コルティ内の三省堂書店で見かけたのがこの本でした

「フランス料理」なんて考えるといかにも敷居が高そうで

これまではついつい敬遠していたんですが

タイトルと写真の美しさに惹かれて手に取ったところ

とっても美味しそうで且つ、親父やJr好みのものが多い上に

食材や調味料も普通に自宅にある、もしくは入手できるものばかり

でもって、なによりもベースをおさえてしまえば意外と簡単そう

 

・肉や魚介にしっかりと下味を付けて旨みを閉じ込める

・そのお鍋で香味野菜を炒め、野菜の甘みを引き出す

・肉と野菜の旨みがついたお鍋でワインを煮詰める

・炒めた肉や魚介、野菜を戻して味を調調え軽く煮込む

 

3種ってのはソテー・フリカッセ・スープのことで

要はフランスと言うよりは、欧風の素朴な家庭料理

最近は親父の好みもあって、トマトソース系の煮込みや

コンソメ系のロールキャベツ、ポトフなど作るので

この本をきっかけに、いくつか定番を増やせればいいなと

ちょっと気になるのは、作った料理に合わせる酒

やっぱりキンミヤお茶割りやホッピーじゃあちょっとなあ

ワインは最近あまり呑まないからストックがほぼ無い・・・

 

 

 

 

 



2018.01.27 Saturday 10:52
オススメ本 comments(0)
1/277PAGES >>