一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
春は遠く

結局昨日は、雪がやんだ午後から少し人の出が

ありましたが、やはり四図かな1日となりました

明けて月曜日、一見すると何事もなく

平常が戻ったようにも感じられます

店の前を曲がる成城発烏山行きのバスも

通勤時間帯は結構な混み具合でした

一方で感染者の増加は相変わらず

東京は深刻な状況が続いています

3月決算の企業株価への影響を考慮して

4月に入った時点で緊急事態宣言

所謂ロックダウンの発動かなどと言う話しも

(あくまで憶測ですが)あるようです

 

季節はずれの雪にしても、コロナにしても

本当に、桜は咲けど春は遠いなあと

早くも散り始め、緑も見え始めた我が家の桜

ベランダや隣家の屋根に残る雪との

コントラストがやけに物悲しく感じます

 

 



2020.03.30 Monday 13:54
世間の話題 comments(0)
自粛も限界?

3連休&好天&開花とあってか

さすがにこの週末は閉じこもってるのも限界と

お出かけされている方も多いようです

環八も甲州も連日大渋滞と聞きました

ただやはり、遠出はやはり控えているようで

昨日仙川の島忠に買物に出かけたお客様曰く

仙川からのバス通り、駒大グラウンド周辺まで

ずっと車の列が出来ていたとか

出かけられた方のお話を伺っていても

お彼岸の墓参りとか、ちょっと買物とか

それこそ早咲きの小彼岸桜が満開の蘆花公園や

まだ少し早い祖師谷公園などなど

もっぱら近場での行楽がほとんどのようです

お店もそんな流れを受けてか

先週、今週と週末は超激忙しく

連休中は営業開始後もずっと釜を回してます

自宅にいる時間が長いから、あるいは

在宅で消費量が増えると言うお客様も

結構いらっしゃいました

 

この暖かさで一気に開花した桜

一昨日の朝と昨日の朝でベランダから観察すると

一日でこんな感じ

そして今朝はもうかなり咲きはじめました

今週にはもう満開ですね

 

 



2020.03.22 Sunday 09:54
世間の話題 comments(0)
オリンピックの行く末は

ギリシャで聖火に採火された12日

トランプ大統領がオリンピックについて言及

新聞にもこのようなリードが踊りました

Olympics should be cancelled

     amid coronavirus outbreak

 

既に先月下旬に、非公式ながらIOCの委員が

延期の可能性に言及し、5月タイムリミットを

示唆していた上に、ここにきてアメリカでも

NBAやマスターズの延期を発表

WHOも、中国からお許しを得たのか(笑

ようやくパンデミックを宣言しました

一連の発言や決定の背後にはおそらく

CDCのレポートによる影響が大きい事

その内容が相当に深刻、悲観的である事は

想像に難くなく、まあ実際のところ

アメリカはもとより、欧州でも次々に

非常事態宣言がなされ、この先もしも

医療・衛生インフラの脆弱なアフリカや

これから冬を迎える南半球でも拡大すれば

オリンピックどころじゃないかもしれません

 

一連のトランプ大統領の発言の中で

大統領の友人であるシンゾー・アベに

この事を(延期を)薦めるかという問いに対して

No, no. They’re very smart.

They’re going to make their own.

と返していますが、これ、クギをさしたと言うか

取り様によっては脅しに近いですよね(苦笑

あいつらだってバカじゃないんだから

まあ、分かってるんだろ、な? 

みたいな

 

世界最大の商業イベントでもあるオリンピック

開催決定に関しての権限はIOCと

その最大のスポンサーであるアメリカが

実質的にはほぼ握っているわけで・・・

 

中国当局は6月中に終息という見立てを出した

そうですが、実質12月に感染が広がりはじめ

先進国では考えられないような強硬措置で

封じ込めを図っても半年となると

およそ夏までに全世界で終息を迎えるとは

とても思えないなあと

 

 

 



2020.03.15 Sunday 11:33
世間の話題 comments(0)
一斉休校問題雑感

数日前、Newsweek日本版に寄せられた

経済学者の小幡績さんのコラムを読みました

Yahooニュースにも転載されていたので

目に留められた方も多いかもしれません

「一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ」

中々挑発的なタイトルですが、読んでみて

成程確かにと考えさせられる内容でした

 

そもそも高齢者に比べてはるかに感染リスクの

低い学校をターゲットにすること自体が

優先順位を間違っているとは個人的にも

感じてましたし、学校が集団感染のトリガーに

なるから危険なので休校にと言うなら

保育園や幼稚園、託児所のほうがはるかに

濃厚接触のリスクは高いのに、そちらはむしろ

全力で開けて働く親に影響ないようにしますって

時点でもうまったく矛盾しているわけですが

それはさておき、筆者にとって最大の驚きは

政府の決定に対する世間やマスコミの反発内容

学校が休校になると働きに行けない!親が困る!

「人々の反応は、官邸の酷さの上を行った」と

筆者はかなり辛辣に批判しています

曰く、この決定の最大にして唯一の問題は

子供の教育機会が失われる事に尽きると

卒業や進学、単位取得に支障がないようにとか

あるいは卒業式ができなくてかわいそうとか

そんな情緒的な話しではなく、勉強=授業

教育の機会を、大人の都合で子供から奪う事に

誰も言及しない、関心をもっていないのは

日本においては教育がまったく重要ではないと

思われていることの証左だと

入試や教育格差の議論においても

その公平性ばかりがフォーカスされて

肝腎な教育の中身や絶対水準の議論が

疎かにされていることからも分かるとおりで

「日本ほど世界で教育に関心のない国はない」

「だから日本は終わった」と筆者は結んでいます

 

学校教育の問題については、内田樹さんや

ノーベル賞受賞された方などから

しばしば警鐘を鳴らされていることですし

個人的にも、例えば英語教育などは

無能な官僚や狡猾な企業人のせいで

劣化の一途を辿っていると痛感してますが

今回の政策をこうした視線で見ると

改めてこの問題の根深さを考えさせられました

 

まあ、教育機会を奪われた当事者であるJrは

そんなこと1ミリも気にせずに

日々すごしているわけですが・・・

ただ、区民センターの卓球場やプールなど

この2週間はこうした施設も全てCLOSEで

さすがにちょっと時間と体力もてあまし気味

本当はそれこそ、国が奪った教育の機会を

この2週間、親が与えてやらなければ

いけないのかもしれませんね

反発必至だろうな

 

 



2020.03.08 Sunday 10:25
世間の話題 comments(0)
楽天送料問題雑感

楽天がモール出店者に対し、3,980円以上の購入で

送料の無料化(出店者負担)を強要していた一件

独禁法違反の疑いで捜査していた公取が

東京地裁に異例の緊急停止命令を申し立てました

 

楽天に出店してるわけでもなければ

楽天で買物をすることも皆無ですが

一応net通販も行っている立場から言えば

方針を改めて欲しいという出店者側の言い分は

至極もっともだと思います

2年位前になりますか、一連のヤマトの問題以降

宅急便運賃は大幅に値上げになり

ヤマトだけでなく、ゆうパックはじめ各社が

これに追従したため、ネット通販に占める

送料コストはかなり利益を圧迫しています

通販の場合、包材コストも馬鹿にならず

通常の宅配便を使った場合、送付先やサイズ

にもよりますが、包材費を含めるとおそらく

800円〜1,000円、商品の大きさによっては

それ以上のコストがかかりますから

もし楽天が強要している3,980円以上で

事業者負担となれば、売上げの2割以上を

送料コストが占めるという非常に厳しい状況

 

当たり前の話ですが、消費税と同様に

送料も別に事業者がとっているわけではなく

本来は購入者が宅配便業者に支払うものを

立て替えているようなものですから

商品代金とは切り離して考えるべきで

そもそも、本来と言うか昔であれば

交通費と時間をかけてお店に行って購入する

商品を、自宅で寝そべりながらスマホを

ポチってするだけで、自宅まで届けてくれる

わけですから、そんな便利な状況の中で

(しかも多くの場合実店舗より価格も安く)

その上サービスコスト=送料をタダにって

あまりにも無体な話しなんですよね

ニュースで楽天の三木谷がドヤ顔して

「もはや時代はフリーシッピング」などと

ほざいてましたが、それならどーぞご自分の

会社で負担してくださいねと

 

公取の立ち入り、緊急停止命令まで行っても

なお争う姿勢を崩さないそうですが

これで出店者の撤退が増加する可能性もあり

モール自体の魅力も失われることになり

一方netでは、消費者側からも批判の声が多く

Amazonの背中はますます遠くなるんじゃ

ないでしょうか

 

 

 

 



2020.03.02 Monday 09:54
世間の話題 comments(0)
臨時休校問題雑感

号外まで出る騒ぎだったんですね

恥ずかしながら帰宅するまで知らず

既に友達同士のラインでこの話題に

もちきりになっていたJrから聞かれて

知った次第です

まあJrにしてみれば、ちょうど今日で

期末試験が終わるので、春休み前倒し

程度にしか考えておらず

呑気に、というかむしろはしゃいでますが

現場の先生方にはお気の毒としか・・・

こういう場合、まず事案の洗い出しから

担当部署、解決策のラフ、納期、残課題と

いわゆるタスク表を作って行くんでしょうが

それでなくとも年度末でいろいろある時期

期末試験前の学校もあるようですし

評価やカリキュラム消化など
どーするんでしょうかねえ

専門家も言うように、この措置の是非を

評価するのは、既に始まっている

各種イベントやコンサートなどの中止も

含めて難しい問題だとは思います

正論と言えば正論だし、反論は難しい

一方でやらなきゃやらないで批判される

特にこの問題すら政権批判のネタ

政争の具に使う輩も多いですからね

ただ今回の強硬措置に至った一番の要因は

やっぱりオリンピックなんだろなと

それでなくとも諸外国から日本の対応に

ついては批判も多い中ですから

ここでインパクトのある対外アピールって

ことなんだろうなあと邪推してしまいます

 

そういえば、今年はインフルの感染者数は

激減しているそうで、その理由が

この一連のコロナ騒ぎで手洗いなど

予防措置を徹底したことが原因だとか

まあ怪我の功名と言うのでしょうか

 

 

 



2020.02.28 Friday 09:41
世間の話題 comments(0)
狂騒は続く

昨日の朝、焙煎を終えて昼食を買いに出た帰り

店のある八軒通り沿いのドラッグストアが

9時すぎにもうOPENしていたので

食器用洗剤を切らしていることを思い出し

立ち寄ったところ、レジに6〜7人の列

朝っぱらから混んでるなーと

で、ふと見ると前後のお客さん全員が

マスクを買い求めてるんですね

どうやら1人1個限定で販売しているらしく

後から来る客も次から次へと手にしてます

そう言えば、常連さんで花粉症のお客様が

マスクが手に入らないと嘆いてましたが

いまだこんな状況なんだなあと

って話を昨晩家人にしたら

「なんで買ってきてくれなかったの!」って

怒られましたorz

いや、医者や専門家は予防には効果ないって

言ってるじゃん…つか、花粉症の人に

その分は譲れよと

 

東京マラソンの一般参加中止を皮切りに

軒並みイベントも中止や延期になってますが

それこそ、人が集まるイベントが危険なら

満員通勤電車の方がはるかにリスキーだし

そもそも昨年大流行して感染者1,000万超の

インフルで何かイベント中止になったのかと

武漢という「特殊」な環境を分けて考えれば

他の中国国内はもとより、世界的にも

致死率や感染率含め、依然インフルのほうが

遥かに危険だという専門家の声も

最近の過熱報道ですっかりかき消されて

しまっているような気がします

 

そういえば、ロンドンの市長選だかの候補者が

東京オリンピックの代替に名乗りを挙げたとか

いや、オリンピックに関しては

どーぞどーぞ持ってってと思いますが

その前にダイプリ、あんたの国の船籍だろと

 

 

 

 

 



2020.02.22 Saturday 09:46
世間の話題 comments(0)
WHO 緊急事態宣言 雑感

遅まきながらようやく(おそらくは渋々)

WHOが今回の中国発新型コロナウィルスについて

30日、緊急事態宣言を出しました

ここに至るまで、宣言を見送ってきたWHO

と言うより事務局長のテドロス氏については

予てより、中国に「忖度」しているとの批判が

絶えなかった訳ですが、それも当然で

テドロス氏はエチオピアの元外相・保険相

何しろエチオピアと言えば、一帯一路構想の

モデル国と言われるほど、中国マネーに

どっぷりの「傀儡国家」ですからねー

今回緊急事態宣言は出したものの

中国への渡航や貿易を制限する勧告は無し

それどころか、もしこうした措置を加盟国が

とる場合は「リスクと費用対効果の分析」を

行った上で判断すべきとクギさしたとのこと

これって中国に配慮しているどころか

穿った見方をすればある種の脅迫ですよね

一方で中国の感染封じ込めについては

「並外れた措置を取った」とヨイショも忘れません

いやもう、ここまで来ると逆に清々しいわ(笑

既に諸外国が武漢在住の自国民救出のため

チャーター機を派遣していることについても

牽制するような発言をしたこの事務局長

そりゃ外国人が一斉に中国から脱出する様を

自国民にはあまり見せたくないですよね

自ら陣頭指揮する宣言してる習近平さんとしては

自身のマネジメント能力と国家の信用問題ですから

 

日本のマスコミはどうせこのあたりの

コンテクストについてきっちり突っ込むとは

とても期待できないので、iphoneに入れてある

N.Y.Timesの記事を見ると早速こんな一文が

 

The declaration

“is not a vote of no-confidence in China,”

said Tedros Adhanom Ghebreyesus,

the W.H.O.’s director-general.

“On the contrary, the W.H.O. continues to

have confidence in China’s capacity

to control the outbreak.”

 

今回の宣言は別に中国を信じてないって事で

採決したんじゃないからねっ!

むしろWHOは中国がコロナウィルスの集団発生を

制圧することができるってずっと信頼してるよっ!

 

公式のコメントで「On the contrary」

(むしろ、それどころか、逆に)

をわざわざ使ってヨイショするあたりがもうね

 

 

信頼してんのはオマエだけだっつの

 

 

 



2020.02.01 Saturday 14:17
世間の話題 comments(0)
pandemic

中国発の新型コロナウイルス

今朝は欧州(仏)や豪でも感染が確認されました

中国にしては今回はそれなりに情報を公開しており

湖北省の事実上封鎖など、相応の対策もとられて

いるようですが、これおそらくはSNSによる

初期情報の拡散で、隠蔽しきれなかったという

事情もあるんだろうなあと

もっとも、それだけに中国当局側の発表、特に

感染者数や死者の数などはとても鵜呑みには

できない気もします・・・

なんでも、SARS研究の第一人者の香港大教授が

武漢の衛生状態の劣悪さと防疫意識の低さに

驚愕し、今回の感染規模は慎重に見積もって

SARSの10倍と言い残してばっくれたそうですよ

折しも春節という最悪のタイミング

台湾が中国からの渡航を禁止したり

(まあこれは多分に政治的な意味合いもありますが)

フィリピンがボラカイ島などへ観光で訪れた

500人近くの中国人を強制送還したりする中で

訪問先予想No1の日本の水際対策には

甚だ不安を覚えざるを得ません

中国からの航空便乗客対象に自己申告を促す

健康カード(笑)配布とか…アンケート調査かよと

役所のアリバイ作り感まるだしの愚策

観光収益と感染リスクの板ばさみとなる

地方自治体は悩ましい部分もあるでしょうが

そこを気にしてんのか、中国の顔色見てんのか

国の対応の鈍さには首を傾げざるを得ません

 

高齢の父がいる我が家としても非常に不安です

結局自衛手段として、とにかくしばらくは

人ゴミに出かけないことしかないのかなと

都心で働く家人は仕方ないとして

我々はなるべく烏山から出ないようにしようと

まあ、個人的にはそもそも都心に出る機会は

平時でもめったにありませんけど

 

 



2020.01.25 Saturday 11:38
世間の話題 comments(0)
対岸の火事ではない

イラクを舞台に小競り合いを続けていた

イランと米国の言わば「報復合戦」の中で

新年早々、ソレイマニ司令官殺害と言う衝撃的

一報が世界を震撼させました

予定調和的なイランの米軍基地爆撃で

小康状態に入ったと思われたさなかに

イランによる民間機誤爆と、またもや何やら

キナ臭さが漂って来ましたよね

もちろん、直ちにこれが第5次中東戦争だの

第3次世界大戦勃発だのといった話に

結びつくわけではないということは明白

この10年余りで中東をとりまく地政学的情勢は

一変、何よりも米国がシェールガス・オイルで

世界最大の産油国となり自給率も100%超

中東への石油依存度も10%くらいでしょうか

そもそも、商売人であるトランプにしてみれば

甚大なカネと人的被害を伴う戦争など

最も忌み嫌うものですし、情報大国にして

冷静沈着なイランが、本気で米国と戦争して

勝てる見込みなど無いことは百も承知

ただ、エネルギー自給率が10%にも満たず

4割近くを中東に依存する日本にとっては

ホルムズ海峡封鎖などといった事態になれば

これ実に深刻な問題なんですよね

自身も当時10歳で記憶にあるかつての石油危機

原油価格が2倍以上になり、物価が2年で1.5倍と

日本の高度成長の幕引きともなった

エネルギー多消費型経済終焉の時代でした

何よりも、原発がほとんど稼動していない上に

天然ガスも中東依存、さらには石炭火力は

CO2排出とパリ協定の問題があり

先だって小泉大臣がフクロになったばかりと

言わば八方塞にもなりかねない状況のわが国

こと原発に関しては、選挙と支持率を気にしてか

安倍政権も問題を先送りするばかりですが

長期的戦略が求められるエネルギー問題

特に環境問題が絡んできた昨今では

再生可能エネルギーばかりがフォーカスされ

グレタのような素人の子供がiconとして

もてはやされたりしていますが

そもそも再エネで供給できるのは

エネルギー全体の1/4にすぎない「電力」だけで

抜本的なCO2排出問題を解決できないことを

再認識して、今回の「中東危機」を契機に

今こそ改めて長期的なエネルギーの多様化と

安全保障戦略を議論すべき時ではないかと

 



2020.01.12 Sunday 10:55
世間の話題 comments(0)
1/71PAGES >>