一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
昭和の池袋

「昭和の」と言う枕詞に釣られて観てしまった

昨晩のアド街@TV東京は中々に面白かったです

と言っても実は、池袋自体は社会人になるまで

京王線在住の身としては、ほぼ無縁の街でした

就職して最初の配属先が池袋営業所だったので

思い出と言っても、本当に「昭和」の終わり

ほんの数年だけのものではありますが

特に東口は営業所があっただけでなく

自身の営業テリでもあったので

それなりにいろいろと思い入れがあります

20位登場のメルヘンカフェ ミルキーウェイ

1階のスパジオ共々まだご健在なんですね〜

いや、もちろん客として行ったことは無いですが

ここはクライアントだったんですよね

このお店、原宿の竹下通りにも支店があって

スーツで営業に行くのが恥ずかしかったなと

12位の映画の街ってことで紹介された文芸坐も

クライアントでしたね、懐かしい

10位の大勝軒も、サンシャインの裏手で

バラック小屋のような店だった当時

もちろんまだ山岸御大がご健在の頃

時々営業中に並んだものでした

9位のビックカメラ、こちらもクライアント

本店の最上階にあった事務所に日参しました

「不思議な不思議な池袋、東が西武で西東武〜」

ビックカメラのこのテーマソング

今でも耳にこびりついて離れません(苦笑)

そして何と言ってもハイライトは11位

大衆酒場と言うテーマで予想通り東口の

美久仁小路にある「ずぼら」が登場

なんと、息子の博さんがインタビューで

当時の思い出などを話されていました

池袋営業所の「社食」と言われたずぼら

営業テリだったボクなどは、昼も夜もココ

当時はまだ1階だけの狭い店内、満席の時は

店の脇に置いてある洗濯機をテーブルにして

立ち呑みしてましたっけ

 

そんな懐かしくも健在な店々がある一方で

西口駅前の公園を始め、オリンピックに向けて

大規模な再開発も着々と進められているようです

池袋に限らず、懐かしい店も風情のある路地も

また一段と姿を消していくんでしょうね

ついこの前まで、えっ?昭和生まれじゃないんだ?

なんて驚いてた平成世代も、もはや30歳

ますますと、昭和は遠くなりにけり、です

 

 



2019.02.17 Sunday 10:43
世間の話題 comments(0)
GW狂騒曲

今朝のNetニュースを拾い読みしていたら

対照的な2つの記事が目にとまりました

ともに話題の中心は10連休と言われる5月のGW

1つは「価格高騰 ハワイ往復50万円」との見出しで

旅行業界の盛況を伝えています

H.I.Sでは前年比3倍の予約状況で、特に人気の

ハワイは既に殆どの予約が埋まりキャンセル待ち

航空券も往復50万円超えだそうです

もう一方は「10連休 揺れる保育所」と言う記事

GWのせいで逆に「10連勤」となりかねない

医療や介護、サービス業従事者のニーズに

保育所や統括する自治体が対応に追われています

子供を預ける側はもちろん、園のほうも

スタッフの確保や人件費の問題もある上に

働き方改革の絡みで園スタッフの休みも確保すべき

という中で難しい調整が続いているとの事

 

あるマスコミの調査では6割以上が「迷惑」との

回答もあるという今回の唐突な10連休

1年で一番価格が高騰する時期に

100万、200万かけても海外に行ける人や

10連休しても月収が減らない人はともかく

前述の通り、医療やサービス業従事者のように

逆に休みが無く過大な負担を強いられる方々や

非正規雇用で収入が激減してしまう層などに

とっては確かに迷惑以外の何物でもありません

Jrと同い年の友達のママさんも

「10日間連続で学校も会社も休みで家族全員が

  3食食べるなんてもう考えただけでゾっとする」

と嘆いておられました(笑)

山ちゃんをはじめ、常連で店をやってる連中も

この話題になると溜息しか出ないのは

どちらかというと、GW期間中が皆遠出する事で

ヒマになってしまうだけでなくむしろ

その後の「反動」が大きい事を懸念するようです

要はGWで大きな支出をするため

必然的にその後に財布の紐を締める人が多いと

うちの店は、毎年GW中は可もなく不可もなく

また、日頃ご来店頂くお客様にとっても

嗜好品と言うより日配品に近い位置づけのためか

さほどプラスもマイナスの影響も無いほうですが

それでもやはり、連休後は多少反動を感じます

ましてや飲食業のように機会喪失となる業種は

影響が大きいんだと思います

結局、経済効果なんて観光業や旅行業中心に

非常に限定的なんではないかと

国も無責任に10連休!なんて決めるだけ決めて

前述の休日保育拡充の問題のように

施設や保護者任せにするのではなく

少しはこういった「被害者」の方々の事も

考慮して欲しいものです

 

 

 

 

 



2019.02.14 Thursday 09:46
世間の話題 comments(0)
International Guidelines For Problem Solving

先日Netで目にしたこのイラスト

実は、5年くらい前でしたか

海外のサイトで話題になったものなので

ご記憶の方もいらっしゃるかもしれません

PROBLEM SOLVINGすなわち問題解決の方法を

世界各国、国別に表したものなんですが、実に秀逸

 

 

 

まず、なるほどと思わせるものを挙げますと

ドイツは他国よりもSolution=解決までが短い

すなわちスピーディ且つ厳格に問題解決に取組む

アメリカも、飛行機で表現されているように

スピード+コストを惜しまずに解決に向かうという

意味のようで、中々好意的に表現されてます

まあ、現在のドイツはメルケルさんの求心力低下で

中々こうは行かないようではありますが

他ではスイス、国民投票が大好きなお国柄らしく

解決ではなくAnswerとなってるあたりも注目

ベルギーは周知のように多民族・多言語国家で

特に南部と北部が事あるごとに対立しますので

解決したとおもったらまた蒸し返されて問題発生と

フランスもなるほどって感じですよね

すぐにデモが起きてその結果problemが

さらに悪化するという、まさに現マクロン政権下の

gilets jaunes問題がそれを象徴しています

同様に国情を現しているのがギリシャでしょうか

問題が発生したらClosedっておい!

ちょうどこの当時でしたか、深刻な経済危機に

陥りつつも、国民の1/4が公務員のためなのか

まるで当事者意識を感じられなかったですねえ

でもってわが国日本、問題発生するとすぐに

有識者会議などと称してわらわらと人を集め

あーだこーだ議論して結局何も解決しないと(苦笑)

表を見るとProblem→Problemになってるあたり

悲しいかな、よく日本の現状を物語っています

で、笑えるのがロシア、問題発生したらその元凶を

逮捕して解決!いやこれ、必ずしも逮捕されるのが

本当に張本人とは限りませんし、むしろ

スケープゴートって場合のほうが多いんじゃねと

つか、イラストでは手錠になってますけど

逮捕されてそのままデリート…う〜ん、おそロシア

そして中国、問題そのものを無かった事にする(笑)

そう言えばかつて高速鉄道の大事故の際に

事故車両そのものを地中に埋めるなんて事が…

そして個人的に好きなのがアイルランド

問題発生→ビール飲んじゃえ!(おそらくギネス)

1杯・・2杯・・3杯・・あれ?

なんか問題が霞んでよく見えねぇ

フィンランドも同様で、ウオッカ呑んで

呑んで呑んで呑んで・・・フェイドアウト

ジャマイカも笑えますね

問題発生→マリファナ?吸って→No Problem Men

は?問題ないぜメーン(笑)

 

ちなみにこの秀逸なイラストの作者は

フランス人デザイナーのJérôme Vadonさん

(ご自身のFBに原版が記載されてます)

やっぱりフランス人てこういうの上手、と言うか

センスありますよね(皮肉が効きすぎとも言いますが)



2019.02.10 Sunday 07:59
世間の話題 comments(0)
新聞崩壊

先日netのコラムで読んだこの話題について雑感

毎年1月に日本新聞協会が発表するデータによると

2018年は前年より223万部減少(14年連続の減少)

下落幅も過去最高で、ついに4000万部を割り込み

ピーク時の1997年より3/4に落ち込んだそうです

で、以下このコラムの内容を簡単に要約すると

新聞社の収益構造は購読料と広告収入5:5で

購読料は販売店網維持コストへ→広告収入が命綱

部数減で広収単価下落している上に

ネットによる効率の良いターゲティング広告等の

台頭により、ますます広収が減少し経営を圧迫

新聞のネット、デジタル化がすすむとこちらも

購読料は変わらなくても、広告収入は減少し

欧米同様に、日本の新聞社も経営が成り立たなく

なってしまうという内容でした

まあ新聞がオワコンって話しはもうずっと

言われていることではありますが

コラムの後半で著者が言うには

コスト削減は必至だが新聞社のコストは

大半が人件費のため、そこのメスを入れると

優秀なジャーナリストが育たない

それは日本において真っ当なジャーナリズムが

姿を消してしまうことを意味する

紙の新聞を読めとは言わないが

日本のジャーナリズムを守るため

国民が真剣に考える時期ではないだろうか

だそうです

 

は?って思ったのはボクだけではないようで

このコラムには既に多くの批判が寄せられて

いるようですが、当然だと思います

まず第1に、それ新聞社に限らずこれまで

時代の流れや特に近年のIT化の影響で

多くの業種、業界、企業が危機に直面し

それを乗り越え、あるいは淘汰されてきた訳で

まず自らの自浄努力、抜本的構造改革ありきでしょと

なぜ「国民が」考えなければいけないのかと

だいたい消費税の軽減税率対象に

唐突に新聞が対象になってること自体が

まったく納得いきませんし、これって

業界を国民の負担でささえろって話ですよね

それからもう一つ、真っ当なジャーナリズムって

言いますが、始めから結論ありきで世論誘導

さらには偏向報道が横行する今の新聞に対して

国民が負担に納得できるのでしょうか

 

もちろん、権力者の横暴に目を光らせる

ジャーナリズムの存在の必要性は認めますが

下落を続けたこの20年間に果たして

購読料や広告収入の落ち込みを嘆く以外に

どれだけの改革を模索してきたのかと

疑問を感じざるを得ないです

 

ちなみに新聞社と言えば同時にテレビの方も

先行きは非常に厳しいのではないかと

最近の若者は、固定電話や新聞に続き

本当にもうテレビを持たなくなったと聞きます

いや、さすがにテレビは、なんて言ってると

こちらもそう遠くない将来、ドラスティックな

変革を迫られるような気がしてなりません

 

 

 



2019.01.26 Saturday 12:37
世間の話題 comments(0)
「串かつ田中」決算雑感

先日、日経ビジネスのWEB記事

「決算で見えた串かつ田中全面禁煙戦略の成否」

を読みました

以前TV(カンブリア宮殿だったかな?)でも

フォーカスされていたこちら

郊外型の出店で、徹底した全面禁煙をウリに

ファミリー層を囲い込む方向へ戦略転換

その成否を問う決算報告ということもあって

居酒屋業界全体でも注目されていたそうです

3期連続の増収増益で既存店売上げ対前年2.6%増と

まあ、まずまずの業績ということのようです

アルコール類を沢山呑む会社員・男性客が減り

その分家族連れが増え、客単価は下落したものの

客数の増加によりその分をカバーしたとの事

近年、サイゼリアやバーミヤンなどファミレスが

「呑み」に注力している一方で、従来の居酒屋が

「ファミリー居酒屋化」すると言うクロスオーバー状態

バーミヤンなんて黒霧島のボトルキープとか

出来ますからね(笑)ホッピーもあるし

 

禁煙化自体はもはや時代の流れでもあり

オリンピックを控えた東京都の条例も含めて

特段この全面禁煙自体が目新しいとは思いませんが

ファミリー層を狙うというのは、確かにここの社長が

語ったように勇気の要る決断だったかもしれません

実はこの串かつ田中、千歳烏山にも数年前?出店

けど個人的にはこのチェーン、地元店含め未訪です

山ちゃんの常連客で行った何人かの感想や

まさにこのマスコミで報道されている方針を見て

何となく子供連れの多い店って印象で

およそ行く気にはなれないんですよね

子連れの多い店で呑むのも、酒を出す店に

子供を連れて行くのも好きではないもので

まあ、チェーンの居酒屋って串かつ田中に限らず

今はもう家族連れ当たり前なのかもしれませんが

客層の住み分け自体はむしろ大いに大歓迎です

どちらかというと懸念されるのは

この禁煙化や消費増税、若者の酒離れに

店主・経営者の高齢化など様々な要因が

引き金となって、昔からこつこつと

良心的に営業している大衆酒場がどんどんと

衰退していくことでしょうか

かく言うボクも、ここ数年赤羽や立石はおろか

荻窪方面などの近場すら、すっかり足が遠のき

もっぱら週2の山ちゃん以外は家呑み

現状を憂う資格もありませんね、これでは

 

 



2019.01.19 Saturday 14:51
世間の話題 comments(0)
平成最後の有馬

今年もいよいよあと10日となったこの週末

世間ではX'mas3連休ってことのようですが

この年の瀬押し迫った中、とても休めないと言う

方も大勢いらっしゃるようで、呑み友のIちゃんも

この3連休は全部出社っすよーと泣いてました

個人的にはもちろん普段どおりの営業日ですが

同時にこの週末はX'masではなく有馬記念!

今年はちょっと昔を思い出して真剣に(笑)

週初めに週間競馬ブックを15年ぶりくらいに購入

過去10年の傾向〜登録馬の実績をじっくり検討

昨夜、山ちゃんに行って競馬仲間の松っちゃんに

全てを託して来ました

さすがにサラリーマン時代のように

賞与は無いので、○○万とかは突っ込めませんが

それでも今回はそれなりに

昨年来、ボクが買ったレースは全て荒れてるんで

やりとりを見ていた山ちゃんが

「あ〜マスター買うならレイデオロは飛ぶわ」

などと戯言をほざいてましたが(笑)

大丈夫、有馬に限って言えば単勝2倍前後の

1番人気馬は過去20年で連帯率7割超だから

 

ちなみに腰痛のほうは、コルセットのおかげか

少し回復してきたみたいです

Blogをご覧になったり、店頭で情けない格好に

気付かれたお客様よりご心配頂きましたが

なんとか年末SALEまでには復調できるかなと

まあ、一度痛めてしまっているだけに

ちょっとしたことでまたやってしまいそうで

ちょっと怖いですが・・・

 



2018.12.22 Saturday 11:50
世間の話題 comments(0)
洋菓子店の衰退

先日目にしたNetのニュースによれば

いわゆる個人経営の「街の洋菓子店」が次々と

廃業に追い込まれているんだそうです

記事では洋菓子の街で知られた神戸を例に挙げて

その衰退の様子をレポしていました

要因としては、少子化やコンビニスイーツの台頭

そして意外なライバルとしてパンが挙げられていました

なんでも価格が手頃で、もらっても困らないし

手軽、かつお洒落な店も増えている上に

ダイエット指向により、甘いものを敬遠する傾向にも

対応し易いことなどがその理由なんだそうです

なるほど全て、確かにと納得する要因ばかりですが

特にコンビニスイーツについては

記事でも指摘するように、低価格のわりに

そのクオリティが非常に高くなっており

洋菓子店の需要を奪っているとありますが

この「手軽さ」が大きな要因と感じます

昔は洋菓子、ケーキなんてのはホントにもう

ハレの日、特別な日しかお目にかかれないものでした

それだけ洋菓子への憧れ、高揚感がありましたが

コンビニ商品に慣れてしまった今ではそんな

特別感が薄れてしまっていますよね

それと、記事にはありませんでしたが

実は近年の温暖化や異常気象の影響も

少なからずあるような気がするんですよね

暑い時期が長いと、持ち歩きに神経を使う洋菓子は

ついつい敬遠されるんじゃないかと思いますし

 

個人的には元々それほど洋菓子に執着は無く

年に数回くらいしか食べる機会がありません

そもそも洋菓子って食べるタイミングが無いんですよ

あまり間食する習慣や時間も無い上に

夜は食前から食後までだらだらと呑んでるので

最近はさすがに昔に比べ食べる&呑む量も減って

なんと言うか、プライオリティの問題で

洋菓子よりはやっぱり美味しい食事や酒で

腹を満たしたいということになってしまいます(笑

それと我が家、Jrが子供のわりに洋菓子は

特に最近はまったく食べないんですよね

アイスは大好きですが、ケーキやプリンなどは

まったく興味を示しません

もうすぐX'masですが、ケーキは要らない〜と

 

そう言えば、洋菓子はともかく、齢とともに何故か

和菓子やあんこモノは時折無性に食べたくなります

子供の頃はまったく興味なかった、と言うかむしろ

嫌いだったはずなんですけどね、不思議なものです

 

 

 

 

 



2018.12.17 Monday 13:51
世間の話題 comments(3)
SB通信障害雑感

先日発生したソフトバンクの大規模な通信障害

HAWKSファンだからという訳ではないんですがw

我が家は全員影響を被った次第です

普段お店にいるときは、基本的に携帯など

電話がかかってこない限りは触りもしないんですが

この日たまたま家人に聞きたいことがあって

14時ごろショートメールをしたところ送れない

あれ?と思って画面を見ると「圏外」とか「3G」に

てっきり自分のスマホが不具合起こしたと思い

PCで検索して出てきた対処法を見て

再起動したり機内モードに切り替えてみたりと

あれこれやっても改善されず

おいおい年の瀬押し迫って忙しい時に故障かよ〜と

ガックリきていたら、ふと検索画面の中に

この日の日付で「ソフトバンク大規模通信障害」と

ニュース記事があり、ホッと安心しました

原因さえ自分のスマホで無いとわかれば

別に店にはPCも電話もあるし、普段元々スマホは

置きっぱなしでほとんど使っていないので

個人的には何も影響は無かったんですが

晩のニュースで、改めて現在のスマホ依存と

その影響の大きさを実感した次第です

最近は待ち合わせなども、昔のように「何処に何時」と

きちんと決めずに、「着いたら連絡して」みたいな

ケースが多かったり、コンサートや飛行機など

チケット絡みのトラブルなどなど

中でも感慨深かったのが、今の若い方々の中には

公衆電話の使い方が分からないというお話

受話器を先にとらずにお金を入れて

繋がらない!お金が戻ってきてしまう!なんて

冗談みたいなことが起きていたんだそうです

そもそも今公衆電話ってほとんど見かけませんが

いざと言うときにやっぱり日頃から

生活圏内の公衆電話の場所の確認とか

財布に1枚テレカ入れとくとか、備えをしておく

必要があるんだなあと実感しました

 

それにしてもソフトバンクさん

ただでさえHAWKSは今年久しぶりにガッツリと

札束はたいてFA組を獲りにいく!と意気込んだ挙句

浅村はおろか西にまでふられたりと

踏んだり蹴ったりだったのに、本丸の方までトラブル

上場を控えてなんともお粗末なお話ですねえ

 

 

 

 



2018.12.09 Sunday 09:09
世間の話題 comments(0)
BOHEMIAN RHAPSODY

上映中の映画「ボヘミアン ラプソディ」が現在

異例の右肩上がりで興行収入を伸ばしているとのこと

なんでも封切週より2週目に興行成績が上昇することは

滅多に無いのだそうです

以前、Jrと別の映画に行った際に予告編を観て

その時は、実際のクイーンの映像を中心とした

所謂ドキュメンタリー映画だと思ってまして

それでも、ちょっと観に行きたいなあと思ってました

その後、水谷さんより、仲間の音楽関係者の間でも

すごく評判が良いとのお話を聞き

観ようと思いつつ、中々時間が取れず行きそびれて

とうとう12月に入ってしまいました

クイーンは世代的にはドンピシャのリアルタイム

ただ正直言うと、その頃はツェッペリンとか

ジェフベック、パープルなんかを聴いていてので

最初の印象はそれほどでもなく

どちらかと言うと、これってロックじゃなくね?

なんてナマイキ言ってたような気がします

ただ、自分もギターをやっていてこともあり

ブライアン・メイはカッコいいなあと思ってて

当時確かGrecoから8万円くらいで販売されていた

ブライアンメイモデルのギターが欲しくて

よく渋谷の石橋楽器で眺めていたのは覚えています

 

てっきり50歳以上がターゲットの映画だと思ってたら

と言うか製作サイドもそんな思惑があったようですが

蓋を開けてみたら、リアルを知らない若い世代が

随分と大勢観に行っている事も、この異例のヒットの

要因となっているようです

近場の映画館について調べてみたら上映終了時期は

未定となっていたので、この大ヒット状況だったら

年明けまで引っ張ってくれるかなあと期待

何しろ年内はとても時間がとれそうにないので

 

 



2018.12.02 Sunday 11:17
世間の話題 comments(2)
万博開催地決定雑感

正直に言いますと、そもそもこの万博開催地に

大阪が立候補していたことすら、つい先日まで

知りませんでしたし、だからって訳ではなく

およそ国内で招致機運が高まっていたとは

感じられませんでした

55年ぶりの大阪開催とのことですが

前回の開催時は小学校の2年生でした

70年と言えば当時はまだ、海外はおろか

国内旅行もそれほど気軽には行けなかった時代

それでもクラスに何人か、その僥倖に恵まれ

初めての新幹線で万博に行った子達が

得意満面で話すその体験記に

夢中になって耳を傾けたものでした

ただ、戦後からの脱却の集大成として迎えた

高度成長期の終焉とも言える70年の万博に比べて

今回の開催決定を受けても

まったく高揚感を感じることが出来ないのは

我々2度目を体験する世代だけでは無いと思います

相変わらず政財界からは6兆とも言われる

眉唾な「経済効果」に期待を寄せる声が聞こえますが

同じく2度目の体験となるオリンピック同様

果たして今、日本で行う必然性があるのかと

特に万博は、かつて70年の大阪、というより日本が

そうだったように、これから自分達の手で

この国を発展させていくという気概に満ちた

勢いのある国を選ぶべきだったような気がします

今回立候補していたアゼルバイジャンのバクーは

第2のドバイと言われる急成長を遂げた都市

前回の開催地アスタナは、習政権が推し進める

一帯一路構想の要路にして、世界中の投資家の

注目を集める都市でした

 

もちろん、低迷衰退する我が国の現状をふまえてこそ

その起爆剤にと言う意見もあるのでしょうか

前述のような発展途上にある新興国と違い

果たして万博やオリンピックが日本にとって

本当にカンフル剤になるとはとても思えませんし

そもそも「経済効果」だけにしか

その関心が見えてこないこと自体がもう

万博の本来の主旨、意義から

既に逸脱している気がしますが・・・

 

 

 



2018.11.24 Saturday 11:47
世間の話題 comments(0)
1/67PAGES >>