一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
赤身専門焼肉 牛進@千歳烏山

家人が会社の飲み会だった週末金曜日

夏休みに入っても講習だなんだと頑張ってるJrに

夕飯どうする?と聞くと、焼肉食べたい!と言うので

以前からちょっと気になっていた牛進さんへ初訪

我が家で焼肉@烏山と言うと、基本的には大昌園ですが

週末は予約必至の繁盛店に、それほど大きくない店内

子供と2人で4人用テーブルを占有するのはお店に

申し訳ないというのもあったんですが

その大昌園のすぐ裏手、ビルの2階にあるこちらのお店

やはり4人用にセパレートされた小上がり式の席

2人ですがと確認すると快く奥のテーブルに案内されました

最近はやりの赤身専門と謳うこちらのお店

イチボだのトモ三角だのトウガラシだのと

聞き慣れない部位のメニューが並びますが

お馴染みのハラミやロースとともに、とりあえず

トモ三角を頼んでみたらこれが旨い!

 

ハラミやロースはもちろん、追加で頼んだ他の部位も

ちょっと普段我が家が食べている焼肉とは別物(苦笑)

赤身と言っても、適度なサシも入った上質のお肉は

しつこくなく、またタレとともにセットされた

わさびや粒胡椒で頂くとまたこれが絶品なんですね

メガハイボールもどんどん進みますわ

 

Jrも美味しいね〜を連発でがんがん行きます

つまみで頼んだ自家製コンビーフやチャンジャガッコも

これがまたボールを加速させます

各々のポーションと言うか一皿のお肉の量は少なめで

お値段も決して安くはありませんが

(Jrと2人で、いつもの大昌園家族3人分を軽くオーバーw)

Jrも大満足、今度は家人も連れてきてやらねばと

 

個人的には焼肉って、煙がっつんがっつんのロースターに

タン・ロース・カルビ!ってので充分なんですが

さすがに最近は昔ほどの量を食べられませんし

お上品に塩とわさびで良質の赤身のイイトコ少しずつなんて

こういうスタイルもいいなあって思いました

っても、翌日早速T社長にこちらのお店のことを

値段も含めていろいろ報告したところ一言

「そりゃマスター、食いすぎだよ・・・」

って言われてしまいました

 



2018.07.30 Monday 13:56
烏山 comments(0)
55年間ありがとうございました

上祖師谷で長きにわたり地域の子供達の健康を

守り続けてくださった井手小児科医院の井手先生が

先だってお亡くなりになりました

月曜に山ちゃんからその訃報を聞き、本当にショックでした

 

Jrはもちろんのこと、ボクや弟も子供の頃に

大変お世話になった井手先生

最新鋭の医療機器とコンピュータに囲まれた

今時分のクリニックとはおよそ対極の、と言うよりは

待合から診療室の調度品、ベッドや体重計

壁にかけられた離乳食のサンプルに至るまで

ボクはお世話になった50年前の当時から

時がとまったかのような医院でしたが

先生の「どうしたかな」と言う物静かな語り口も

子供の体の負担を考え、極力弱めで少量の薬を調合する方針も

その代わり、容態が変わったら深夜でも休日でも遠慮なく

電話しておいでと仰ってくださるその優しさも

外観同様にまったく昔と変わらぬままでした

実際、高熱が出たときは夜中でも早朝でも

診療室を暖めて出迎えてくださり診て頂いたという

経験をもつ親御さんも沢山いらっしゃいました

また、弟は小学校に入学したばかりの頃に

ある大病を患い、半年以上入院した経験がありますが

病状に気付いてすぐに大学病院で診てもらうよう

紹介状を書いて下さったのも先生でしたし

山ちゃんも子供の頃に風邪で診てもらった際

連れてきた親父さんの「自分も熱が引かない」の一言から

破傷風を見抜いて直ぐに病院の手配をして下さったお陰で

一命を取りとめた経験もあるんだそうです

また、子供の嫌う注射も実に上手で

Jrの気を旨くそらしながら、あっという間に終わらせる

そのテクニックには感服したと言う話を以前家人にしたら

曰く、Jrがもっと小さい頃には、奥様がおもちゃを持って登場

先生の傍らで関心をそらし、すかさず先生が注射すると言う

ご夫婦の微笑ましくも見事な連携プレーの

エピソードを話してくれました

晩年はご自身も大病を患われて、何度か休診されてましたが

再開されてJrを連れて行き、ご様子をお尋ねすると

「いやぁ、ボクが歳だからもう死んじゃったと思われてるのか

 患者さん減っちゃってね(笑)、皆に言っておいてよー」

なんてぼやかれていた井手先生

90歳を超えてなお、医院での診療はもちろんのこと

地域や学校の医療相談などにも積極的に関わっておられました

山ちゃんから聞いて昨日すぐに、会社を早退した家人やJrと

弔問にお邪魔させて頂いたんですが、お身内の方のお話では

お亡くなりになる数日前まで診療に立たれていたとお聞きして

本当に胸が詰まる思いがしました

 

先生、長い間親子共々お世話になりました

本当に、本当にありがとうございました

 



2018.05.23 Wednesday 09:27
烏山 comments(0)
昔ながらのお好み焼き

家人が外出で不在だった祝日の昨晩は、久しぶりにJrと2人で外食

と言ってもこちらはシゴトでしたので、閉店後に烏山でサックリと

広島焼きは大好きだけど、いわゆるオーソドックスなお好み焼きは

外で食べたことが無いというので、久しぶりに駅前の「かづさ」へ

西口改札から南側へ出る通りの入り口にあるレンガビル2階のこちら

多くの店が入れ替わっている中で、古くから残っているのは

ここ、かづささんと「二合半」それに表通りに面したかばん屋くらい?

入り口で靴を脱ぐ小上がりに焼き台付きのテーブルと座布団

昔はお好み焼き屋さんと言えばこんな造作が定番でしたねえ

 

こちらもかづささんは、と言うよりこのスタイルのお好み焼きは

もう何十年ぶりでしょうか、久しぶりで手際の悪い事この上なし(笑)

 

鉄板があるせいか暑くてビールがすすんでしまいますね

ただもうこの歳になると、自分で焼くのは忙しないし

落ち着いて呑めないし(苦笑)、人に焼いてもらうのがいいなと

けど、お好み焼きやもんじゃ、やきそば以外にも

結構酒の肴も充実していて、お隣のテーブルにいらっしゃった

常連と思しき4人組も火入れしない鉄板の上に肴並べて

ずっと呑んでましたし、酒場感覚で来るにもいいですね

今度は家人=焼き担当も一緒に3人でいってみようかなと

 

 

 

 



2017.11.24 Friday 10:48
烏山 comments(0)
ハバチャルさんでカレー

台風が去って連休定休日に雨が降らないという

珍しい、というか希少なパターンのお休みでしたが

月末月初な上に、親父がちょっと体調を崩していて

通院に付き合ったり、食事その他いろいろとあり

結局今週も何にも出来ず、どこにも行けず

晩酌と日本シリーズだけが楽しみという悲しいお休みでした

お昼時にたまたま役所や買物で駅近くにいたので

スーパーLIFEの向かいに出来た新しいビルの2階にある

ハバチャルさんへランチにお邪魔してみました

往来にある立看板から、カレー屋さんと認識はしてましたが

なんとなくオシャレな作りから、欧風でカフェっぽいと

勝手に想像していましたが、本格的なスパイス系で

夜はお酒も呑めるようですね

店内は4人掛けと2人掛けのテーブルにカウンターという

こじんまりとしてシンプルな造作ですが

オシャレで上手に作っているなあと感じる内装

基本のチキンと迷った末に、「辛口」とあった期間限定の

秋鮭と舞茸のカレーに決めました

付け合せも手抜きの無い凝ったものでカレーによく合います

ぷりっぷりの鮭もいい感じ

最初口にした際はそれほど辛くないかなと思ったんですが

後からじわっと来ますね

国産のインディカ米がさらっとしたカレーにぴったり

中々日中烏山でお昼を食べる機会は無い上に

夜は9時半がLOなので、呑んだ後に〆で寄ることはできませんがw

今度はチキンカレーもぜひ食べてみたいなと思ってます

 

 

 



2017.11.02 Thursday 12:21
烏山 comments(0)
烏山スーパーマーケット事情

千歳烏山駅周辺には、駅をはさんで南北に2軒づつのスーパーがあります

北側には西友とオオゼキ、南側はシミズヤとライフ

西友とシミズヤは古参組で、ライフとオオゼキは新興勢力、と言っても

ライフ、オオゼキとも開店してからもうそれなりの年数が経ちますが

来店されるお客様のお手元を見るに、やはり南側の方は

ライフやシミズヤのレジ袋を提げてる方が圧倒的に多い印象ですし

実際我が家も北側のスーパーにはほとんど行く機会がありません

何しろ悪名高い「開かずの踏み切り」が行く手を阻むものですから(苦笑)

実際のところ、どのスーパーがNo1なのかは不明ですが

店内の規模や広さ、駐車場&広々した駐輪場完備と言うインフラ面や

PB商品の品揃え、価格面などを考えるとやはり

ライフに軍配が挙がるのではないかなあとは思いますが

オオゼキもわりと根強い固定ファンが多いんですよね

我が家の場合、肉や魚などの生鮮や豆腐などは柳屋さんや堀田さん

それに藤巻さんにお世話になっていて、スーパーでは買わないので

日配品や酒などが中心となるとほとんどがライフってことになります

一方南側の、特に年配の方や比較的ゆとりのある世帯には

シミズヤが圧倒的な支持を集めています

先週母が退院してから、実家分の買物を頼まれてシミズヤに行く

機会が増えたんですが、面倒なので自宅分も合わせて買物をしたら

レジで大体これくらいの金額かな、という予想の1.5倍以上でした(笑)

ただ、日頃から母が言ってましたが、確かに他のスーパーと比べて

品質は高いと改めて実感したのも事実

特に野菜などはボクでも手に取っただけでわかりますし

先週買ったブロッコリーなどは、茎の部分まで実に美味しかったです

それとこれは昔から感心するんですが、シミズヤさんて

おっ!と思わせるような品物が結構あるんですよね

単に高級品ということではなく、調味料にしても漬物にしても

例えば成城石井などとはまた、一味違った品揃えで面白い

しばらくは実家の買物代行のこともあって

シミズヤに足を運ぶ機会が増えそうなんですが

買い物が楽しい反面、調子に乗ると財布のほうがキケンな予感

 

そう言えば余談ではありますがそのシミズヤさん

昔はスーパーは1階部分のみで、外から直接上がるエスカレーターで

二階部分には薬局だったかな?とその奥に「アラスカ」という
洋食屋さんというか、レストランがあったんですが

ご記憶の方はいらっしゃいますでしょうか

洋食好きの祖母によく連れて行ってもらったんですが

ここのカニコロッケが大好きだったんですよ

永井荷風先生が贔屓にした浅草のキッチンアリゾナの

カニコロッケが、かなりこのアラスカに近かったんですが

懐古補正を割り引いても、いまだ自分の中ではNo1

俵型ではなく、耳たぶのような?と言うか

そら豆を大きくしたような形をしてるのが好きなんです

って、スーパーの話がすっかり脱線してしまいましたね

明日の定休日もそんなわけでシミズヤさんへ行ってきます

ああ、ただホッピーとキンミヤは置いてないんですよね

残念ながら・・・

 

 



2017.05.22 Monday 14:51
烏山 comments(0)
今宵もチャーギョー@某所

この日は家人が美容院で遅くなるためJrと2人で夕飯

火・水で燃え尽きてしまい(笑)、とても家で作る気にはなれず

店が終わったらそのまま駅の方にでも食いにいくつもりも

閉店時にちょっとゴタゴタがあって一度家に戻らなければ

ならなくなり、すっかり面倒になったので

家から徒歩数分、時折お邪魔している某街中華のお店へ

っていや、うっすら屋号出ちゃってるけど(笑)

 

とりあえずウーロンハイをやりながら、壁のメニューを吟味

ってもまあ、結局チャーハン&ギョーザなんですけどね

普通のチャーハンかカニで迷ってただけなんですが

それにしても、カニチャーハン680円て・・・

ちなみにJrのチャシュ麺(ホントにこう書いてあるw)も同じく680円

いやもう、公文からもう一度やり直すレヴェル

 

久しぶりに行ったところ、いつもフロアを担当してる息子さん?が

今宵は鍋をふるってまして、それはまあいいんですが

脇でオヤジさんが「そっちが先だろ!」「違うっ!」などろ熱血指導

 

オレのチャーハン実験台?(汗)

 

ちょっと不安がよぎりましたが、一口食べてみたら安心

いつものしっとり&ちょいケミカリーな好みのチャーハンでしたよ

正直言うと、ギョーザはもう少しカリっと焼いて欲しかったけど

完食してJrが食べ終わるのを待っていると

作り終わってカウンター脇にいる息子のところにオヤジさんが近づき

ボソっとつぶやいた一言をオレは聞き逃しませんでしたよ

「見ろ、きれいに全部食べてくれてるじゃないか」

 

 

やっぱり実験台かよ

 

 

 

お会計の際には「旨かったよ、ごっそさん」と言っておきました(笑)



2017.05.19 Friday 14:11
烏山 comments(0)
神ポテサラ@エッセン

GW中1日だけのお休みとなる定休日の昨日

午前中に階下の親父の洗濯物を片付けてから

夕方5時には上がってきて呑み始める親父の肴にと

祖師谷大蔵まで散歩がてら歩いて、久しぶりのエッセンさんへ

いわゆるドイツ系?自家製ハムソーのお店として

祖師谷大蔵では長く愛されているエッセンさん

我が家でも、場所柄頻繁には行けないものの

特に夏場、砧のプールに行きだすとその頻度も上がる

もう数十年来お世話になっているお店の1つです

ハムもソーセージも皆美味しいんですが

必ず購入するのがチキンローフのコンソメ味

それと何と言ってもオススメが、美食家のT社長も絶賛する

自家製のポテサラなんですよね

スーパーや総菜屋さんと比べるとちょっとお高めではありますが

もっさりしてなくて、独特の粘度とコクが絶品

我が家で作るポテサラも、ここを目指して試行錯誤してますが

どうしてもこの味は出せないんですよねえ

この日ももちろんラージサイズをGETしました

 

レバーペーストやベーコン、それに焼き豚もとっても美味しいですし

いわゆるデパ地下などに入っているようなお店に比べれば

価格も遥かに良心的で、いわゆる地域密着の飾らないお店です

烏山エリアからはちょっと行きにくい祖師谷大蔵の南側ですが

自転車や散歩がてらぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょうか

これからの季節、ビールのお供にもピッタリですよ

 

 

 

 



2017.05.03 Wednesday 10:49
烏山 comments(0)
肉の柳屋さん

ここ2日間はいきなり初夏のような陽気になりました

この先の長い長い夏を思うと、早くもブルーになりますよ

 

先日のBlogでふれたように、烏山は三永マーケットに入っていた

肉の柳屋さんが4月、同じ烏山の北側にリニュアルOPENしました

場所は旧道交番の交差点を甲州街道方面に進み

ちょうどクランクするあたりでちょっと左に入ったところです

こちらの常連でもあるミキさんが先日行かれたそうで

「ちょ〜オシャレなお店になったんですよ!」と興奮してましたがw

この定休日に行って見ましたら確かに!

新しい「柳」のロゴもお目見えし、白と黒を基調にした

シンプル&シックな外観は、ちょっとお肉屋さんとはわからない感じ

店内もタイルと木目を施したすっきりとした仕上がりです

新しいお店ではイケメンの息子さんが中心に、なんてことが

移転前貼紙にも書かれていましたが、もちろん親父さんも健在

「移転後も皆さんお越しになって頂いて本当にありがたいです」と

笑顔でおっしゃってました

移転後の初訪だからってわけではありませんが

普段が豚バラとか鶏しか買わない我が家、この日は奮発して和牛(笑)

何度もふれているように、他の私鉄沿線同様すっかりチェーン店に

侵食されている烏山の商店街ではありますが

こうした個人店が元気に頑張っているのは本当にウレシイです

駅からは少し離れてしまったので、以前の駅前店舗のときのように

家人が仕事の帰りがけに買い物するのはちょっと時間的に難しいですが

ボクのほうは定休日の買物ですし、近くのJA直売所にも毎週行きますから

さほど問題はないかな〜と

 

 

 

 

 



2017.04.20 Thursday 08:49
烏山 comments(0)
呑めるお蕎麦屋さん

いや、個人的には本来お蕎麦屋さん=呑む処だと思ってますが

意外と、特に烏山では最近そういった機会がありませんでした

六番街の長寿庵さんは営業時間も長く、夜の遅い時間は

確かにほとんど呑んでるお客さんが多いですし

何度か休日の昼飯がてらったことはありましたが

昨夜親父&我が家で外食ということになり

最近の親父のお気に入りってことで、久しぶりに訪問の宗柳さん

実は昼に何度か来たことはあったんですが

これほどまでに呑ませる店だとは思いませんでした

何しろ酒盗だの岩もずくだの鴨つくねだのコハダの酢〆だの

酒呑みが歓喜するようなメニューがずら〜っと

日本酒も千福や、菊姫、黒龍などなど10数銘柄

お猪口や徳利、器も実に味わい深いものを揃えていらっしゃいます

もちろん肝腎なお蕎麦も手打ち&好みのタイプでとっても美味しい

 

こちらはいろいろなメニューから小皿で3種選べるという

呑兵衛泣かせの肴セット

銀杏に酒盗、それから蕗の味噌焼きは蕎麦の味がのっています

これだけで2合は軽い(笑)

 

うちの店の常連さんからも、烏山でお蕎麦なら宗柳さんという話は

よく伺っていたんですが、中々夜にお邪魔する機会がありませんでした

けど考えてみればJrは元々蕎麦や天ぷらが大好きなんですよね

昨夜も〆に天ざるを嬉々として平らげていましたし

個人的にも呑んだ後の〆に蕎麦ってのは大歓迎

Jrも一緒だと、ついつい中華や洋食を考えてしまいがちでしたが

これからは烏山での定番の一軒になりそうです

 

 



2017.04.14 Friday 11:09
烏山 comments(0)
三永ショッピングセンターが終幕

烏山駅の西口北側は6番街の入り口にある

三永ショッピングセンターが3月末をもって閉店となりました

建物のオーナーの八百屋さんと、魚屋の魚卵さん

いつもお世話になっている肉の柳屋さん

それと入り口脇の化粧品屋さんが最後まで営業されてましたが

かつてはそれ以外にも乾物屋さんやお菓子屋さん

それに編み物をする母がよく通った手芸用品の店などなど

それはそれは賑わったマーケットだったんですよねえ

建物は相当に老朽化していましたし、何より立地はバツグン

おそらくは建替えでマンションか大きなビルにでも

なるんでしょうかね、まあ、仕方の無いことではあります

ちなみに柳屋さんは交番通りの奥に移転して

今後も営業されるとのことでなにより

 

ボクが子供の頃はもちろん、それ以前から

ずっと烏山住民の台所を支えてきた三永マーケット

三永の「えい」の字は栄えるではなく永遠の永でしたが

時代の流れには逆らえないということでしょうか

コンクリートのたたきに薄暗い照明がなんともいえない

昭和の風情を残した商業施設だっただけに残念です

そういえば、南側を代表するお肉屋さんの堀田さんが

現在の場所に移転する前のカモシダビル?も

現在の「お菓子のまちおか」のところは堀田さんで

携帯ショップのところはパン屋さん、それに魚屋さんや

一時は藤巻豆腐店の支店などなどが同居する

いわゆるマーケットだったんですよね

こちらも現在はすっかりチェーン店に侵食されてしまいました

この10年位ですっかり大手資本系まみれになってしまって

どんどんと魅力の無くなってく千歳烏山の商店街

そんな中で異彩を放っていた三永さんの終幕、ただただ残念です

 

 

 



2017.04.06 Thursday 13:51
烏山 comments(0)
1/6PAGES >>