一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
肉の柳屋さん

ここ2日間はいきなり初夏のような陽気になりました

この先の長い長い夏を思うと、早くもブルーになりますよ

 

先日のBlogでふれたように、烏山は三永マーケットに入っていた

肉の柳屋さんが4月、同じ烏山の北側にリニュアルOPENしました

場所は旧道交番の交差点を甲州街道方面に進み

ちょうどクランクするあたりでちょっと左に入ったところです

こちらの常連でもあるミキさんが先日行かれたそうで

「ちょ〜オシャレなお店になったんですよ!」と興奮してましたがw

この定休日に行って見ましたら確かに!

新しい「柳」のロゴもお目見えし、白と黒を基調にした

シンプル&シックな外観は、ちょっとお肉屋さんとはわからない感じ

店内もタイルと木目を施したすっきりとした仕上がりです

新しいお店ではイケメンの息子さんが中心に、なんてことが

移転前貼紙にも書かれていましたが、もちろん親父さんも健在

「移転後も皆さんお越しになって頂いて本当にありがたいです」と

笑顔でおっしゃってました

移転後の初訪だからってわけではありませんが

普段が豚バラとか鶏しか買わない我が家、この日は奮発して和牛(笑)

何度もふれているように、他の私鉄沿線同様すっかりチェーン店に

侵食されている烏山の商店街ではありますが

こうした個人店が元気に頑張っているのは本当にウレシイです

駅からは少し離れてしまったので、以前の駅前店舗のときのように

家人が仕事の帰りがけに買い物するのはちょっと時間的に難しいですが

ボクのほうは定休日の買物ですし、近くのJA直売所にも毎週行きますから

さほど問題はないかな〜と

 

 

 

 

 



2017.04.20 Thursday 08:49
烏山 comments(0)
呑めるお蕎麦屋さん

いや、個人的には本来お蕎麦屋さん=呑む処だと思ってますが

意外と、特に烏山では最近そういった機会がありませんでした

六番街の長寿庵さんは営業時間も長く、夜の遅い時間は

確かにほとんど呑んでるお客さんが多いですし

何度か休日の昼飯がてらったことはありましたが

昨夜親父&我が家で外食ということになり

最近の親父のお気に入りってことで、久しぶりに訪問の宗柳さん

実は昼に何度か来たことはあったんですが

これほどまでに呑ませる店だとは思いませんでした

何しろ酒盗だの岩もずくだの鴨つくねだのコハダの酢〆だの

酒呑みが歓喜するようなメニューがずら〜っと

日本酒も千福や、菊姫、黒龍などなど10数銘柄

お猪口や徳利、器も実に味わい深いものを揃えていらっしゃいます

もちろん肝腎なお蕎麦も手打ち&好みのタイプでとっても美味しい

 

こちらはいろいろなメニューから小皿で3種選べるという

呑兵衛泣かせの肴セット

銀杏に酒盗、それから蕗の味噌焼きは蕎麦の味がのっています

これだけで2合は軽い(笑)

 

うちの店の常連さんからも、烏山でお蕎麦なら宗柳さんという話は

よく伺っていたんですが、中々夜にお邪魔する機会がありませんでした

けど考えてみればJrは元々蕎麦や天ぷらが大好きなんですよね

昨夜も〆に天ざるを嬉々として平らげていましたし

個人的にも呑んだ後の〆に蕎麦ってのは大歓迎

Jrも一緒だと、ついつい中華や洋食を考えてしまいがちでしたが

これからは烏山での定番の一軒になりそうです

 

 



2017.04.14 Friday 11:09
烏山 comments(0)
三永ショッピングセンターが終幕

烏山駅の西口北側は6番街の入り口にある

三永ショッピングセンターが3月末をもって閉店となりました

建物のオーナーの八百屋さんと、魚屋の魚卵さん

いつもお世話になっている肉の柳屋さん

それと入り口脇の化粧品屋さんが最後まで営業されてましたが

かつてはそれ以外にも乾物屋さんやお菓子屋さん

それに編み物をする母がよく通った手芸用品の店などなど

それはそれは賑わったマーケットだったんですよねえ

建物は相当に老朽化していましたし、何より立地はバツグン

おそらくは建替えでマンションか大きなビルにでも

なるんでしょうかね、まあ、仕方の無いことではあります

ちなみに柳屋さんは交番通りの奥に移転して

今後も営業されるとのことでなにより

 

ボクが子供の頃はもちろん、それ以前から

ずっと烏山住民の台所を支えてきた三永マーケット

三永の「えい」の字は栄えるではなく永遠の永でしたが

時代の流れには逆らえないということでしょうか

コンクリートのたたきに薄暗い照明がなんともいえない

昭和の風情を残した商業施設だっただけに残念です

そういえば、南側を代表するお肉屋さんの堀田さんが

現在の場所に移転する前のカモシダビル?も

現在の「お菓子のまちおか」のところは堀田さんで

携帯ショップのところはパン屋さん、それに魚屋さんや

一時は藤巻豆腐店の支店などなどが同居する

いわゆるマーケットだったんですよね

こちらも現在はすっかりチェーン店に侵食されてしまいました

この10年位ですっかり大手資本系まみれになってしまって

どんどんと魅力の無くなってく千歳烏山の商店街

そんな中で異彩を放っていた三永さんの終幕、ただただ残念です

 

 

 



2017.04.06 Thursday 13:51
烏山 comments(0)
X'mas イルミネーション

12月も早や1/3が終了、いよいよ年の瀬ムードも漂う今日この頃

昨晩は家人&Jrが2年生の時のクラス&学童友達のママさんら数組で

プチ忘年会と言う事で、納品で駅前のCafe RASHIKUに伺った後

ちょっと山ちゃんに顔を出そうかなと駅の北側へ出ると

区民センター広場前にお馴染みのX'masイルミネーション

 

 

都心はもう12月に入ったらX'masモード一色なんでしょうねえ・・・

リーマンの頃、特に渋谷営業所時代などは

表参道はもちろんのこと、恵比寿のガーデンプレイスタワーに

いくつか顧客がありましたが、何しろ時期的に期末の追い込みで

目標追っかけるのに必死だったので、あまりイルミネーションを

楽しんだりする余裕はありませんでした

本社時代も、忘年会帰りのタクシーで虎ノ門方面から帰宅する際に

車窓からよく欅坂のイルミネーションを眺めた気がしますが

こちらも泥酔状態であまり記憶が定かでは無かったような(苦笑)

ここ数年、12月に入るとこちらは年末までずっと慌しく

と言って別に閉店後の残業がそれほどあるわけではないんですが

何しろ朝が超激早くなる上に、この時期絶対に風邪など引いて

店を休むわけにはいかないので、極力大事をとって早寝するため

都心にはもう一切出ないようにしていますし忘年会も無縁

せいぜいこの、チトカラのイルミネーションを眺めるくらいです

後は我が家のツリーくらい、って今年はまだ出してないけど(汗)

X'masの前にJrの誕生日があるせいか、ウチはいつも出足が遅れますw

まあ、X'masの頃は年末SALE準備や年末進行に伴う納品や発注で

それどころではないんですが・・・

 

 



2016.12.11 Sunday 12:34
烏山 comments(0)
ラディッシュ

常連のIさんから先日ラディッシュを一袋、お裾分け頂きました

旧道沿いのJA直売所で買ってこられたそうなんですが

野菜大好きのIさん、特にこのラディッシュはお気に入りで

見つけると5〜6袋買い占めて、一晩で二袋くらいは食べちゃうそうです

マヨネーズをたっぷりつけて食べるととまらないんだよねと

これだけでワイン1本空いちゃうんだとか(笑)

正直、こういう系統の野菜はあんまり好きな方ではなかったんですが

早速マヨネーズをつけて食べてみると、これが実に旨いんですね

もっと辛みがあるのかと想像していたんですが、むしろ甘い上に

シャキッとさわやかで、マヨの酸味がとっても合います

確かにこれは酒もすすむ、ってもこちらはワインではなく

先日高尾縦走の帰りに農家の直売で買った柚子で作ったサワーですが

 

その後早速、買いに行ったんですが一度目は売り切れ

で、昨日午前中11時頃に行ったところ、ちょうど入荷したばかりで

棚に並べていたところでGETすることができました

事前にIさんに、上祖師谷の高橋さんという生産者のものが美味しいと

伺っていたんですが、ちょうどその方のものがありました

ちなみにお値段は一袋130円で6個入り

スライスしてサラダにしても良いんだと思いますが

やっぱりそのまま、あるいは1/2にカットしてマヨどっぷりが好きです

ええ、もちろんスジガネ入りのマヨラーなもんで

それほど多く入荷はしていないようなので、休みの日は午前中の買物時に

Iさんに買い占められる前に手に入れねば(笑)

 

 



2016.11.30 Wednesday 13:03
烏山 comments(2)
烏山からまた良店が

先だっての月曜日、1週間の仕事を終えて山ちゃんに出向くと

カウンターのヨコさんがにやっと笑って隣の席の後姿の男性を

指差すので、席についてお顔を拝見すると

松葉通りで40数年お店を構えていた舟鮨のご主人でした

実はその少し前に舟鮨さん、お店を閉められたんですよね

店舗の契約に絡むゴタゴタがあって、やむなくの閉業だったことは

ヨコさんから伺っていたものの、残念ながら最後はお邪魔できず

一度夜に家人も連れて行きたかったんですけどねえ

75歳の舟さん、本当はもう少しやりやかったんだけどねと

後片付けが大変なんだけど、さすがに40年以上やってると

いろんなものが出てきてついつい手が止まっちゃうんだよと

苦笑しておられましたが・・・心中お察しいたします

まだ10年の当店ですが、いつかはそんな時が来るんだよなと

醤油差しやら小皿など、お店の備品のいくつかは

山ちゃんへ受け継がれたようですが、包丁だけは娘にやると舟さん

築地は正本の逸品で、1本ではなく1寸いくらという業物だそうです

そう言えば、もっちゃんもお肉屋さん時代に使っていた

様々な種類の肉用の包丁は、大事に持っていたなあと思い出しました

 

それにしても、舟鮨さんと言い、昨年店を閉められた新京さんと言い

そして一昨年のもっちゃんもそうですが、個人で営まれている

こうした良いお店が次々と烏山界隈から無くなっていくのは

本当に残念でなりませんし、一方で駅周辺はこれから先

高架にでもなった日には益々地価も上がってつまらないチェーンや

資本臭のする店だらけになっていくんだろうなあと

先日OPENしたクラフトビールのAnn'sさんに行かれたお客様からも

こういう個人の面白いお店がもっと増えるといいのにねと言う声が

聞かれましたが、本当にその通りだと思います

舟鮨さんも新京さんも、そしてもっちゃんも

奇しくも皆さん75歳での引退ということになったわけですが

確かにもう十分引退しても良いお歳ですし、もっちゃんのように

中学を出てから60年間、それも今のサラリーマンのように

1年の1/3はお休みなんていう時代と違って、盆と正月以外は

月に1〜2日も休めれば良い様な状況で働き詰めだったことを考えれば

お元気なうちにリタイヤされて、第2の人生を謳歌するべきとも思いますが

ヨコさんともよく話しているように、張り合いが無くなって一気に

老け込まないか心配なんですよね、もっちゃんを見ていると

 

75歳と言うと、自分は後20余年・・・先は長いです(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 



2016.07.09 Saturday 11:25
烏山 comments(0)
クラフトビール Ann's@千歳烏山

今週の月曜日、千歳烏山にクラフトビールのお店がOPENしました

場所は駅西口を南側に上がり、スーパーライフよりも1本西側の道

きときとさんやコモンさんの入っているビルです

国内外10TAPのクラフトビールが常時楽しめます

東京では最も著名なクラフトビールのお店である

両国のポパイさんが監修されたそうです

お店の方が丁寧に説明もしてくれますので

いろいろと呑み比べてみるのも楽しいですね

それともう1つ、こちらではなんとあのサルメリア69さんの

生ハムを食べることができるんですよ

69さんの大ファンでもあるオーナー、69のSさんに頼み込んで

2種類の生ハムを卸してもらい、SさんがチューンUPした

スライサーで切りたてのハムを提供しています

 

定休日に用事を済ませて、Jrが帰ってくるまで少し時間があったので

口開けの16時に1時間ほどお邪魔してきました

開放的な店内、開け放たれた入り口からの風が心地よいです

2杯目の黒ビールにはもちろん、69さんの生ハムもそえて

 

クラフトビールと言うと、どうしても高いイメージがありますし

実際、居酒屋のジョッキ生に比べれば高いですが

クラフトビールって、喉ごしでぐいぐい何杯も呑むというより

アルコール度数も高いですし、どちらかというとワインや

ウイスキーのような感覚で味わって楽しむという気がします

つか、実際何杯もグビグビやったら速攻で酔います(笑)

お料理も良心的な価格ですし、カジュアルに楽しめるお店

なにより平日は16時、日曜は15時から呑めるってのがいいです

1軒目、2軒目、〆の1杯など、いろいろな使い方ができますので

ぜひ足を運んでみてはいかがですか

6月中は基本的にお休みなしで営業しておられるようです

(様子を見ていずれ定休日を決めるとのことでした)

 

Craft Beer Cafe Ann's

世田谷区南烏山5-32-6 サンマルシェ

(03)6313-9688

16時〜24時(月〜土) 15時〜22時(日曜)

 

 

 



2016.06.18 Saturday 10:34
烏山 comments(0)
ちとから地図
12月に入って最初の週末は良いお天気でしたね〜
11月は週末も含めて雨が多く、ぱっとしない1ヶ月でしたが
昨日は土曜と言う事もあって全種、翌日分も見越して
多めに焙煎したにもかかわらず、夕方にはほぼ全て完売
なんだかSALE時のようで、うれしい反面
5時以降にお越し頂いたお客様にはご迷惑をおかけしました

そんなわけで今朝は昨日に続き、またもや全種フル焙煎
お天気も上々、豆もたっぷり用意しております

さて、昨日より店頭で「ちとから地図」を販売しております
昨年(一昨年?)仙川の地図を作成され、好評だったそうで
今年は千歳烏山版をと、夏前くらいに制作サイドの方から
オファーを頂き、当店も協賛させていただきました
折畳むと10×17cmくらいの、いわゆる山地図のようなサイズ
烏山周辺の地図と裏面には同じ地図に当店も含めて
個性的な烏山のお店が紹介されております
店主さんやスタッフさんの顔写真入りってことで
ワタクシもぎこちない笑顔で掲載されております(笑)

昨日1部お持ち頂いた際に、店頭販売の依頼をいただき
とりあえず10部ほど仕入れたところ、なんと昨日午後から
今朝にかけて、既に4部も売れております
最近烏山に引っ越された方はもちろんですが
古くからお住まいの方も、意外と知らないお店もあったりと
お手にとっていただいている次第です
店頭には見本用も一部置いてありますので
よろしければぜひご覧になってください
一部200円で、烏山の書店や色々なお店でも販売しております





 


2015.12.06 Sunday 11:37
烏山 comments(0)
お疲れ様でした
なんだかんだと、やっぱり今週がお休みの方が多いようですね
この木、金は普段週末にいらっしゃるお客様に多数お越し頂きました
都内は道路もすいているようですし、周辺のお店もお休み多し

そんな昨晩、家人が食事をして帰るということだったので
Jrが大好きな炒飯を食べに、すぐ近所のSさんへ行って来ました
個人的烏山街中華ダントツNo1のこちら
実はこの8月をもってお店を閉じられるんですよ・・・
確かここでご商売を始められて、もう40年以上にはなるはず
Jrの好きな炒飯はもちろん、何を食べても実にきちんと美味しいお店
当店の常連、T社長や水谷さん&糸さんはもちろんのこと
こちらのファンは沢山いらっしゃるんですよね
皆一様に今回の悲報を嘆かれ、連日足繁く通われているようです
いや、過去に拙ブログでも何度かご紹介してますし
今さら店名を伏せても、とは思うんですが
先日いつものようにコーヒー豆を買いに来られたおかみさんによると
閉店の知らせを聞いて連日あまりに多くのお客様が押し寄せるため
ご夫婦で切り盛りされているお店はてんてこ舞いで
店先に告知を出すのも止めて、もしかしたら月末前に閉めるかも
なんてお話だったもんですから、一応こちらでも店名はイニシャルで

もしかしたら昨日が最後になるかも、と思ったら
結局オーダーはいつもの炒飯と餃子wwそれにビール
でもってここで出していただく絶品の自家製お新香は
「ボク(Jr)も好きだったよね」と2人前頂いてしまいました


そういえば、以前おかみさんに糠床も頂いたんですよねえ・・・
この日はカウンターにエド山口さんとお連れの方がいらっしゃって
エドさん、またもう1回は来るから!なんておっしゃってました
その後も次々にお客様がいらっしゃってましたよ
8月中にもう1回くらいお邪魔できるといいんですが、どうかなあ
まあ、ボクらなんかよりはるかに長年のファンの方が大勢いますからね
けどホント、多くのウチの常連さんがおっしゃるように
「また烏山で旨い飯食いにいくところが無くなっちゃったよ」と
駅周辺はこの先高架にでもなれば、より一層地価も上がって
どーでもいいようなチェーン店だらけになるんでしょうし
こうした誠実で美味しい個人店がまた1軒消えてしまうのは本当に残念です

 


2015.08.15 Saturday 13:32
烏山 comments(2)
迷走?暴走?京王線高架問題雑感
先日閉店後にRashikuさんへ納品に向かう際に
西口駅前にある京王観光が閉店(東口へ移転)したことに気付きました
既に今年の2月だったかな、東口駅前のエクセルシオールと夢庵の
閉店同様、いずれも例の駅高架計画に伴う措置だと思われます
これだけを見ると、いよいよ高架に向けて工事開始?と
感じる方も多いかもしれませんが、何のことはありません
エクセル&夢庵は京王の持ち物件で賃貸の更新をしなかっただけ
京王観光はもちろん京王のグループ会社ですから
要は京王としては、計画がオンスケで進んでることを
必死にアピールしたいんでしょうね

この問題、以前に何度かエントリでもふれているんですが
個人的には京王が何故ひたすらに「高架」に固執しているのか
何故「地下化」ではいけないのか、さっぱりわかりません
高架に伴う南側沿線の用地買収にかかる莫大なコストの問題や
日照、景観、騒音の弊害など、デメリットはいくらでも浮かびますし
高架下なんて小田急の先例を見れば分かるとおり
せいぜい駐輪場とかトランクルームとか、薄暗くて誰も利用しない
公園とか、活用方法は限定的なのに加えて
踏切は無くなっても、基本的に南北の行き来に関しては
それなりに制限されるのに対して、地下にしてしまえば
地上は完全バリアフリーで土地の有効活用もできて経済効果も高く
先述の日照・景観・騒音の問題は全てクリアになるだけでなく
地震などの災害に対しても高架よりは安全性も高いと思うんですが
つか、そもそも始めは高架のプランだったと言われる国領〜調布が
あんなにすんなりと地下化できたわけですからねえ
実際に国領や調布に行って見ると、実に地上はすっきりしてますし
今後は地上の活用にあたり、いろいろな再開発のプランもあるようです

そもそも新宿で「地下」から出発している京王線ですから
現在わざわざ高架まで引っ張り上げている笹塚にしても
井之頭線とのからみで上げている明大前にしても
環八のせいで無理やり高架にした八幡山にしても
老朽化や耐震性のことも考えれば、一挙に地下化してしまえば
問題は解決するんではないのかと思うんですが、どうなんでしょう
もちろんボクはこの問題に関してはズブのシロウトですが
昨日もご来店頂いた常連さんをはじめ、何人かのお客様で
事情に詳しい方や反対運動をされている方のお話を何度か伺うにつけ
高架にする「正当性」がまったく感じられません

いずれにしてもこの問題、どのように決着するにしても
もう少し時間がかかるのかもしれませんね
ただ、いくら線路や踏切が無くなって南北の行き来が活発化しても
肝心な商店街が、駅前の一等地に携帯屋と不動産屋だらけの今の状況では
とても集客は望めない気もしますが(苦笑)
そのうちお隣の仙川に特急の停車駅に格上げされて
烏山は急行すら停めてもらえなくなるんじゃないかと危惧してます



 


2015.06.27 Saturday 10:46
烏山 comments(0)
1/5PAGES >>