一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
輸入文具

別に親父の万年筆コレクションに触発されたと言う

訳ではないですし、価格的にも1/100ですが(笑)

 

 

先日丸善に行った帰りに新宿で途中下車

西新宿にある輸入文具のお店であれこれ買ってしまいました

シャーペンにマーカー、消しゴムにノートなどなど

と言っても、ただ衝動買いしたわけではなくって

ちゃんと用途と言うか、目的があってのことなんですが

その話はまたの機会においておくとして

やっぱり文具って楽しいですね、Jrの気持ちもわかります

まあ、ボクの場合「輸入文具」オンリーですが

ええ、全ジャンルにおいて舶来好きは相変わらずなので

こちらはそれ以前から使っているドイツはLAMY社のシャーペン

そう言えばLAMYは万年筆も持ってます

そちらは松陰神社前に以前あったDESK LABOと言う

小さな輸入文具店で手に入れました

残念ながら今はもうお店は無くなってしまったんですよね

以前に何度かご紹介した表参道のMomaのショップなど

輸入文具や雑貨を扱ってる店は大好きなんですが

吉祥寺のお店(店名失念)にしても前述のDESK LABOにしても

お気に入りの店が次々閉店してしまって悲しいです

そうそう、書いていて思い出しましたが

本郷にはSCOSさんという、やはり輸入文具の専門店があって

ずっと行ってみようと思ってたんですよ

と言うか随分前に一度行ったんですがお休みだったというorz

近くには大好きなサバランの近江屋本郷店もあるし

散策には楽しいエリアなので、近々行ってみようかなと

 

 



2018.02.24 Saturday 12:39
OFF comments(0)
親父のコレクション

週末に、弟一家も招いて親父の誕生日祝いをしました

前の週の定休日に丸の内の丸善に出かけて

「万年筆箱」をプレゼントしたのは少し前のエントリでも

ふれた次第ですが、とっても気に入ってくれたようです

最近自分も筆記具(主にシャーペンですがw)にハマってて

万年筆にも興味津々のJrが、箱に並べるのを手伝う!と

楽しみにしてたんですが、火曜日に一緒に階下へ降りると

すでにもう親父、自分で箱に収めてました

 

 

ただ・・・2段で20本収納できる箱をプレゼントしたんですが

現時点で既に収めきれずに、最下段のインクやカートリッジ用の

引き出しにもまだ10本近い万年筆がorz

 

個人的には万年筆を使う機会ってほとんどありませんが

こうしてみるとやっぱり良いもんだなあと改めて思います

特にイタリア製の物などは、実に美しい色合いで

眺めているだけでもいいんですよね

青山に「書斎館」という万年筆の専門店がありまして

先日親父の教え子で散歩や食事の相手をして下さるなど

すっかりお世話になっているNさんが

ここに連れて行ってくださったんですね

もう親父、ショーケースに釘付けで動けなかったとか(笑)

この調子だと来年の誕生日にはもうひと箱プレゼントしないと

いけないことになりそうな気がします

まあ、場所とるものではないのが幸いですが

 

 

 



2018.02.22 Thursday 11:57
OFF comments(0)
おのぼりさん

昨日、もうホントに何十年ぶりか?って位久しぶりに

東京駅(丸の内)に出かけました

いやもう、北口を出た途端、まったく未知の光景

キョロキョロと辺りを見回したり

圧倒されるような新しいビル群を見上げたりと

まるで異国を訪れたような気分でした

 

こんな場違いなところに来たのは、今週90歳を迎える父の

誕生日プレゼントを買うのが目的で、訪れたのは丸善の本店

 

丸善と言うと、子供の頃よく父に付き合わされましたが

普通の本屋だと思って行ったら、難しい専門書や洋書ばかりで

クソ面白くないところという印象しかありませんでした

今回の目当ては決まっていて、丸善オリジナルの万年筆箱

上部がガラスケースになっていて2段目の引き出しと合わせて

20本の万年筆を収納でき、最下部の引き出しにはインクびんや

カートリッジなどの小物も入れられるようになってます

万年筆のコレクターであるわりに、無造作に書斎の引き出しに

しまっていた父にピッタリのプレゼントではないかと

 

せっかく普段めったに訪れることの無いエリアですが

あまりのアウェー感と時間の問題もあってさっさと帰宅

午後はいつものように家事と料理で1日が終わってしまいました

この日の献立は久しぶりの木須肉(ムースーロー)

それと、翌日分におなじみの牛肉トマト煮込み

 

オフィス街や小洒落た商業施設、飲食店にはとても

寄る気にはなれませんでしたが、少し足を伸ばして

三州屋あたりで鳥豆腐と燗酒ってのもアリだったなあと

何しろまた数年はこっちに来る事も無いでしょうから

 

 

 



2018.02.14 Wednesday 11:28
OFF comments(0)
牛筋煮込み

やや寒さの緩んだこの定休日

久しぶりに牛筋をやろうと前日のうちに予約を入れて

運動不足解消のため、自宅からてくてく経堂まで歩くことに

途中、芦花公園では蠟梅が咲きはじめてました

 

農大通り商店街を下り、宮の坂方面に左折して小澤商店へ

しばらくぶりで、少しは値段が上がったかなと

覚悟してたんですが、100gあたり80円と相変わらず破格w

ちなみにこちら、小売店ではなく業務用卸の会社

ボクは毎回、事前に電話で取り置きをお願いしてますが

牛筋だから分けてもらえるのか、1.5kgというロットだからなのか

最初にやきとん㐂八のヒデさんの紹介で行ったからなのか

そのあたりは不明、ただ毎回領収証を用意して頂いてるので

近所の居酒屋の店主とでも思われてるのかもしれません(笑)

帰りはバスでと思ってたんですが、久しぶりに増味屋で

一杯やって帰ろうと、すずらん通り経由で環八方面へ

往復歩いてすっかり渇いた喉にしみわたります

どうみても1人前のチャーハンが付くラーメンセットで腹も満たし

近所のパワーラークスで残りの買物も済ませ

牛筋と合わせて4kgは超えたずっしり重いバッグを背負って帰宅

時間もギリギリになってしまったのですぐさま準備に取り掛かります

 

一度茹でこぼして臭みや余分な脂をおとしてから

前日に作っておいた出汁に、青ネギとしょうがを入れて

1回目の加圧、その間に大根をフライパンで炒めておきます

醤油とみりん、砂糖を加えて2回目の加圧

後は仕上げに味噌を少し入れ、じっくり煮込んでいきます

今回は赤味噌を使ってみたり、砂糖を思い切って減らしたりと

ちょっと親父好みの味付けにしてみましたが、これが吉

砂糖については元々控えめ且つ、我が家はてんさい糖なので

甘さは抑えていたつもりだったんですが、今回位でいいなあと

でもって今回も、東京5大煮込みの中でも牛筋煮込みでは

個人的No1の北千住は「大はし」さんに倣って豆腐を入れて煮込み

さらには煮玉子や白滝も加えて完成〜

 

どうしても、最低半日仕事になってしまう牛筋煮込みですが

それでもやっぱり食べたくなるんです、無性に

残った煮込みで2日目の牛筋カレーも楽しみですし

本当はもっと大量に作って冷凍しておく手もあるんですが

我が家の圧力鍋ではこの量が限界なんですよね

自家製煮込みもそれはそれでいいんだけど

大はし、宇ち多、大阪屋に岸田屋、山利喜・・・

たまには外呑みで絶品のプロが作る煮込みも堪能したいなあと

 



2018.02.08 Thursday 11:10
OFF comments(0)
新ユニ

一昨日の晩、自宅に戻ったらソフトバンクの大きなロゴ入り封筒が

それもJr宛で届いてまして、なんだこれ?と思って開封したところ

昨年末にHawksファンクラブジュニア会員の更新手続きを行った際に

特典でもらえることになっていた、80周年記念限定ユニフォームでした

 

HAWKSには珍しいシンプルなユニ、中々カッコイイです

ちょっとLions、あるいはマリナーズっぽいですね

そっか、南海Hawksから通算すると創設80周年になるんですねえ

これで我が家のHawksユニは4着目になりました

16年、17年の鷹の祭典ユニとビジターユニ

って、肝腎なホーユニフォームが無いじゃんかと(笑)

 

ちなみに真ん中の17年鷹の祭典ユニはボク用のLサイズ

後はSサイズなので家人も着ることができます

ってことで、今シーズンのゲーム観戦では家族3人揃って

ユニフォーム着て応援できますね

例年の西武球場に加え、今シーズンは交流戦で神宮でも

ちょうどボクの定休日にゲームがあるので

ぜひとも観に行こうと思ってます

ホントはヤフオクドームにも一度行ってみたいんですけどねえ

博多かあ・・・夏休みあたりで考えてみようかなあ



2018.02.02 Friday 12:16
OFF comments(0)
豚肉のシャルキュティエール

前回のエントリで紹介したフランス家庭料理本から

早速一品作ってみました

ソルボンヌ留学含めて在仏歴の長い常連のIさんが

大学で英文学を教えておられるお嬢さまと同伴で

お店にいらっしゃった際に、この本を手に取られて

しばしフランスの家庭料理についてお話を伺ってました

ちょうどこの「豚肉のシャルキュティエール」が美味しそうで

ただ料理の要になるコルニションをこの辺りの店で

売ってますかね〜なんて話をしていたら

その後にお嬢さんが「シミズヤさんに有りました!」と

瓶詰めのコルニションをわざわざ買ってきて下さったんです

そんなわけで、こりゃ早々に作るしかあるまいと(笑)

肩ロースは柳屋さんで、我儘言って7〜8mm位の厚さに

カットしてもらったもの、焼き色を付けて一度取り出します

余分な脂をペーパーでとってタマネギのみじん切りを炒め

親父の冷蔵庫からくすねた白ワインを1cup投入

鍋についた肉と野菜の旨みを木べらでこそぎながら煮詰めます

 

お肉を戻し、トマトソース、小口切りのコルニションを入れて煮込み

塩、胡椒で味を調え、仕上げにフレンチマスタードとバターを少し

付け合せはマッシュポテトにしてみました

 

豚肉とタマネギ、コルニション(小さいキュウリのピクルス)だけの

シンプルな料理ですが、適度な酸味にコクもあって旨いです

柔らかく煮込まれた豚肉の甘みとコルニションの酸味&食感が吉

実はいつも作るトマト煮込みのクセで、ちょっとケチャップや

ソースを加えたんですが、Jr的にはBESTで美味しいと言ってくれた

ものの、大人、特に親父には少し甘めの味付けになったようで

この次はもう少し酸を効かせてみようかなと思ってます

前回のエントリでも言ったように、フレンチなんて敷居が高いと

敬遠してましたが、この本のような家庭料理ならなんとかいけそう

今度は違うレシピにも挑戦してみようかなと

 

この日は夕方5時の親父の夕飯に合わせて

シャルキュティエールを作り、食べてもらってる間に

翌日の夕飯用に八宝菜も作ったので

リビングにそっちの良い匂いが充満してしまい

なんだかすっかり八宝菜モードになってしまいましたw

 

ちなみにこの八宝菜、翌日に家人のアイデアで

ヤキソバ麺をフライパンで焼いてあんかけヤキソバに

これがまた旨いんですよね

 

 

 

 

 

 



2018.02.01 Thursday 12:31
OFF comments(0)
東京の雪

どうせまた騒ぐだけ騒いで東京お約束の「降る降る詐欺」と

高を括ってたんですよ

 

ガチだった

 

それでも降り出しの頃はここまで積もると思ってませんでしたが

午後になって辺りがみるみる銀世界になってびっくり

さすがに今回は各方面でアラームがあがっていたせいか

お仕事の皆さんも早々に退社を促されたようで

夕方4時頃には足早に帰路を急ぐ姿が随分みられました

この日は月曜日ってことで、そう言えば山ちゃんやってんのかなと

前日が定休日だしこの雪で、山ちゃんの性格から言って

臨休決め込んで家で呑んだくれてんじゃねとメールしたら秒速で

「元気に営業中です!待ってま〜す!!」

 

仕方なく(笑)閉店後、ますます激しさを増す雪の中を

どーせ開店休業状態で暇してメールしてんだとなと行って見ると

満席でワロタ

 

ちょ、おまいらww

こんな雪の、しかもまだ月曜日…1日くらい我慢しろwww

いや、こっちはまあ明日休みだからいいんですけどね

さすがにOVER70のおじーちゃんたちは来ておらず

60代もヨコさんのみ、まあこのヒトは現役バリの鳶の親方だし

どーせこの日は自宅に帰らず事務所泊まりでしょうけど

店の入り口越し、ドブ板通りに置き去りになっている

大量のチャリがほとんど樹氷状態になっていくのを見ながら

口々に「やべーよこれ」「帰れんのかな〜」なんて言いながら

誰も席を立たず呑み続けているという

それでも10時過ぎには雪もほぼやんだので店を出て

ついうっかりいつもの感覚で区民センター広場を横切ろうとしたら

ノートレースで脛くらいまでのプチラッセル状態

そんな中近所のカレー屋のスタッフと思しき2人のインド人が

ヒャッハー状態で写真を撮りまくってました

自宅近くの公園もこんな感じ

 

そんなわけで一夜明けた定休日はルーティンに雪かきも加わり

超激忙しいお休みとなってしまいました

何しろ玄関・ガレージの方は北側で陽があたらないため

ほっとくと万年雪になっちゃうんですよね

夕飯は久しぶりのぶり大根を作ってほっくりと温まりました

 

相変わらず雪には脆弱な東京、晩のニュースでもそのカオスっぷりが

さかんに報道されていましたが、夕方来店された東北出身のお客様が

東京の人は雪で大騒ぎするわりに、まったく備えをしないのねと

曰く、こんな日に普通の靴で歩いてたりノーマルタイヤで走ってたり

逆に考えられないと笑っておられました

東京の大雪は2年ぶりだそうですが、今度は日本海側が最強寒波だとか

って、今シーズンもう何回「最強」言ってんだという話はともかく

今年は東京もあと1、2回は降りそうですねえ

 

 



2018.01.24 Wednesday 11:19
OFF comments(0)
冬の定番ルート

定休日の夕飯は久しぶりにおでんと決めていたのですが

火曜日は生憎、世田谷名物のボロ市の開催日ってことで

界隈はもちろん世田谷線も人でごった返すだろうなと

そんなわけで水曜日に献立をシフト

まずは上町で下車し、いつもの鹿港(ルーガン)で

肉まんを買ってから2駅をぶらぶらと歩き松陰神社前へ

今にも降りだしそうな雲行きも手伝ってか

前日までの喧騒がうそのような街並みを歩き

小川屋さんでおでんダネをGET

お昼ごはんは久しぶりに上町でサイゴンのカレーでもと

思ってたんですが、まだ時間が早かったせいか開店前

松陰神社前の商店街にも小洒落たカフェや洋食屋さんなど

あるにはあるんですが、結局下高井戸まで戻ってこちらへ

 

ええ、お約束の二郎インスパイア「ラーメン大」です

山ちゃんに「マスターよくその歳で食えますよね」って言われますが

野菜たっぷりでヘルシーじゃんかと

さすがに最近はスープ完飲は控えてますが、久しぶりで旨かったです

まあ、ホントは二郎に行きたいんですけどね

 

帰宅して大急ぎでおでんと、翌日用にJrの好物「牛肉のトマト煮」を作り

5時に始まる親父の晩酌に付き合って正月以来ちょっと控えていた日本酒

下高井戸〜上町〜松陰神社前はお味噌や魚、肉まんにおでんダネと

食材調達のゴールデンライン

本当は家から歩く、もしくはせめてラーメン摂取後は歩くべきなんですが

味噌にしても肉まん(8〜10個)にしても、おでんダネにしても

これが結構重くってかさばるのが難点なんですよね

やっぱりこのルートの買い物時はザックが必須だなと

 

 



2018.01.18 Thursday 15:27
OFF comments(0)
火曜日が待ち遠しい

と言っても別に定休日打からという訳ではないんです

ええ、まだ年明け3日しか働いてませんしね

待ち遠しいのは「資源ゴミ」の回収日なんですよ

例年お正月は大量のビン・カンが溜まってしまうんですが

今回は特にヒドイ・・・なにしろ年末の最終回収日が26日で

まるまる2週間分!しかもお正月をはさんでですからねえ

もちろん通常のgarbage boxに入りきるはずもなく

Jrの部屋が臨時集積場と化していますw

なにせこれで31日〜1日分orz

ちなみに、画像のワインの空き瓶は親父と家人が呑んだ分です

ボクはこのお正月、日本酒三昧でした

和系の肴が多いってことや、旨い日本酒を揃えたこともありますし

例年冬場の間、特に正月は日本酒モードですが、一番の理由はこちら

昨年の誕生日と言うか、何故かもらったのはX'masでしたが(笑)

ずっと欲しかった錫製のぐい呑みを家人よりプレゼントされまして

これがまた、質感といい重さといい、実に手に馴染むんですよ

もう酒がすすんですすんでしょうがないw

まだ少し残っている正月用の「鍋島」以外にも

一升瓶が3本、四合瓶が2本ストックしてありますんで

本来なら正月が終わるといつものキンミヤ&ホッピーに戻るんですが

今年は冬場、鍋シーズン中はずっとこれで日本酒が楽しめそうです

 



2018.01.08 Monday 11:36
OFF comments(0)
年末年始振り返り

この年末年始も、判で押した様な相も変わらない例年通りお休みでした

30日はSALEを無事終えて、ここ数年お誘い頂いているT社長に

2軒ほどご相伴に与り、1年の疲れを癒す美酒に酔いしれ

大晦日は午前中にお店の掃除、午後はJrを連れて成城へ

増田屋さんで年越し蕎麦、宮崎屋さんで正月用のお酒を調達

正月用のお酒はこれまで福井の「白岳仙」が定番だったんですが

昨年からは佐賀の「鍋島」、ギリギリ最後の1本を無事ゲットできました

夕方は烏山に買物に出かけ、シミズヤさん2階の特設コーナーに

やまうに豆腐を見つけたので、余分に2個買ってヨコさんの事務所へ

ちょうどO先生の鍋パーティに出かけるところだったようで

かわりにニシンのいずしを頂き、その足で山ちゃんにも寄ってみると

大掃除真っ最中で、頼んでおいた前日のグランプリ(競輪)の話など

そこに同じ事考えてか、シューヘイさんも顔を出し

期せずして呑み友たちに年末の挨拶もできました

晩はすき焼き、吉田類の年またぎ酒場放浪記を観つつ年越し

明けて新年はこれも毎年の恒例、K先生ご一家と祖師谷公園で待ち合わせ

Jrのキャッチボールの相手をしていただき、その後は成城〜祖師谷を

ぐるっと歩いて帰宅、明るいうちに風呂に入って後はひたすら呑み

 

2日はこれも恒例、増穂湯さんの初湯会へ

8時の口開けは常連さんでごった返すので、9時過ぎにJrを連れて湯へ

高い天井から射しこむ陽、立ち込める湯気の中

のんびりと心地よい湯につかり、もちろん仕上げは缶ビール

 

まあそんな感じで6日間ほぼ全日、のんびりと1年の疲れを癒す

文字通り「休日」をすごした次第です

休み中の酒量を考えるとぞっとしますが、まあその分毎日歩いたし

大丈夫、気にしない気にしない(震え声)



2018.01.07 Sunday 11:28
OFF comments(0)
1/109PAGES >>