一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< 青菜(せいさい)@山形 main 来週のお天気は >>
委託焙煎
NPOのお仕事をされているお近くのお客様から
定期的に委託されて東チモールを焙煎しておりますが
今回も10kgの委託を受けて、今朝その半分の5kgを焙煎しました
お客様からも伺っていた通り、これまでで一番のコンディション
焼き上がりを先ほど試飲してみましたが
久しぶりにチモールらしい良質の爽やかな酸を味わいました
堀口珈琲からも今年のチモールは豊作でクオリティも素晴らしいと
報告を受けておりましたので、2年ぶりに当店でも扱ってみようかなと
ショーケースのキャパ的にはどれかを代わりにはずすことになるのが
ちょっと悩ましいのですが、場合によっては別途入れ物を用意して
少量焙煎しつつラインアップを増やす事も検討しています

少量焙煎と言えば、先だって堀口の上原店にお邪魔して
ローストを見学、勉強させていただいたとき
現ロースト担当のYクンの「1kgがやっぱりローストの基本」という言葉が
印象に残っているとともに、もやもやがスッキリした気持ちです
上原店も当店と同様に5kg釜を使っているんですが
釜屋さんはよく、5kg釜だったら3kg〜4kgがいわゆる「適量」と言います
まあ、釜の容量に見合った焙煎がやり易いという意味もありますが
個人的にもなんとなく、それ位を常に焙煎する(くらい豆が売れる)ように
ならなきゃなあという思いもあったんです
今回改めて、いろいろとローストの試行錯誤をしていて
その反復練習の意味でも、敢えて2〜3kgローストするところを
1〜1.5kgに分けてやったりもしているんですが
やっぱり基本の1kgをしっかり頭と身体に叩き込んだ上での
2kg、3kgなんだと言う思いを強くしました
まあ・・・もちろん毎日4kg単位位で全種焙煎するくらい
商売繁盛してくれたら、それはそれでウレシイんですけどねww




2013.02.14 Thursday 10:51
お店 comments(2)
comment
燻製に使われるオ−ク材チップの焙煎委託はして頂けますか?

横浜 君野
きみの ひでおみ 2016/12/17 10:27 AM
君野様

大変申し訳ありませんが、当方は珈琲豆専用の焙煎機で
生豆の焙煎のみ委託を承っております
お役に立てず申し訳ありません

cafoo 2016/12/19 12:13 PM




/PAGES