一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< 子供の遊び場 main Jrと水泳 >>
迷走?暴走?京王線高架問題雑感
先日閉店後にRashikuさんへ納品に向かう際に
西口駅前にある京王観光が閉店(東口へ移転)したことに気付きました
既に今年の2月だったかな、東口駅前のエクセルシオールと夢庵の
閉店同様、いずれも例の駅高架計画に伴う措置だと思われます
これだけを見ると、いよいよ高架に向けて工事開始?と
感じる方も多いかもしれませんが、何のことはありません
エクセル&夢庵は京王の持ち物件で賃貸の更新をしなかっただけ
京王観光はもちろん京王のグループ会社ですから
要は京王としては、計画がオンスケで進んでることを
必死にアピールしたいんでしょうね

この問題、以前に何度かエントリでもふれているんですが
個人的には京王が何故ひたすらに「高架」に固執しているのか
何故「地下化」ではいけないのか、さっぱりわかりません
高架に伴う南側沿線の用地買収にかかる莫大なコストの問題や
日照、景観、騒音の弊害など、デメリットはいくらでも浮かびますし
高架下なんて小田急の先例を見れば分かるとおり
せいぜい駐輪場とかトランクルームとか、薄暗くて誰も利用しない
公園とか、活用方法は限定的なのに加えて
踏切は無くなっても、基本的に南北の行き来に関しては
それなりに制限されるのに対して、地下にしてしまえば
地上は完全バリアフリーで土地の有効活用もできて経済効果も高く
先述の日照・景観・騒音の問題は全てクリアになるだけでなく
地震などの災害に対しても高架よりは安全性も高いと思うんですが
つか、そもそも始めは高架のプランだったと言われる国領〜調布が
あんなにすんなりと地下化できたわけですからねえ
実際に国領や調布に行って見ると、実に地上はすっきりしてますし
今後は地上の活用にあたり、いろいろな再開発のプランもあるようです

そもそも新宿で「地下」から出発している京王線ですから
現在わざわざ高架まで引っ張り上げている笹塚にしても
井之頭線とのからみで上げている明大前にしても
環八のせいで無理やり高架にした八幡山にしても
老朽化や耐震性のことも考えれば、一挙に地下化してしまえば
問題は解決するんではないのかと思うんですが、どうなんでしょう
もちろんボクはこの問題に関してはズブのシロウトですが
昨日もご来店頂いた常連さんをはじめ、何人かのお客様で
事情に詳しい方や反対運動をされている方のお話を何度か伺うにつけ
高架にする「正当性」がまったく感じられません

いずれにしてもこの問題、どのように決着するにしても
もう少し時間がかかるのかもしれませんね
ただ、いくら線路や踏切が無くなって南北の行き来が活発化しても
肝心な商店街が、駅前の一等地に携帯屋と不動産屋だらけの今の状況では
とても集客は望めない気もしますが(苦笑)
そのうちお隣の仙川に特急の停車駅に格上げされて
烏山は急行すら停めてもらえなくなるんじゃないかと危惧してます



 


2015.06.27 Saturday 10:46
烏山 comments(0)
comment




/PAGES