一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< 明日より夏休み main 夏休みテン泊山行@花の百名山 北ア双六岳 2 >>
夏休みテン泊山行@花の百名山 北ア双六岳 1

なんとか台風をやりすごした夏休みの17日〜18日

恒例のテン泊山行に、北アルプスは花の百名山、双六岳へ

本当は登山口に近い平湯で見つけた、仮眠所併設の日帰り温泉に

前泊する予定だったんですが、台風の状況次第と言う事もあって

キャンセル料ケチってギリギリまで様子を見てたら

予約が一杯になってしまいorz結局当日深夜に出発するはめに・・・

幸い夜中の1時に起床して出発する頃には大雨の峠は越えており

くっきりとした月明かりの中高速をひた走り

松本IC経由新穂高温泉登山口には6時到着

 

台風一過とはいったいなんなのか

 

ええ、台風一過で晴れやかな空を期待したのに、何故か雨です(涙)

心の準備と出発の準備に手惑い、登山口を出発したのは7時

テン場のある双六小屋までCT7時間以上の長丁場にもかかわらず

すっかりスタートが遅くなってしまいました

 

まずは林道を1時間でわさび平小屋、小休止して再出発

本降りにはならないものの、降ったりやんだりガスったり

 

チングルマの花穂が雨に濡れて美しいです

 

 

まあ、このお天気ですからね、そら雷鳥さんもお出まししますわ

 

ああああああ、なんも見えねえええええ

 

出発が遅れたため、場合によっては鏡平で小屋泊まりも覚悟しましたが

登りにはめっぽう強くなったJrがぐいぐい引っ張ってくれたのと

道中、Jrと同い年の孫がいるという秩父の山屋さんら何人か

同じ双六を目指す方々とほぼ同じペースで登れたのが心強く

お互い励ましあい、なんとかCT以内で登って行けました

 

鏡平を出発して2時間、ようやく前方に待望のテン場が!

 

まあ、見えてからが長いのは山のお約束ですが、なんとか16時前に到着

CT7時間プラス食事含む休憩や雨による着替えなどもあり

total9時間の長い長い道のりでした・・・

急いで小屋で受付を済ませテントを設営します

この頃には雨もあがり、うっすらと青空も見えて来たので小屋前のベンチへ

まずは、なにはともあれ生ビールで乾杯!お疲れ様!

旨えぇぇ!1杯1,000円@山価格のジョッキが秒殺で空きます(苦笑)

 

お馴染みの缶つまシリーズや無印カレーでいつもの山ごはん

 

三俣蓮華、鷲羽、水晶、野口五郎岳と続く稜線

 

テン場についてからもヘタすると雨の中の設営〜食事を覚悟しただけに

こうしてうっすらとは言え青空を見ることが出来て喜びもひとしおです

 

残念ながら再びわいてきたガスで、きれいな夕日は拝めませんでした

この日のテン場は30張りほどでしょうか

小屋も含めて、夏休みのこの時期にしては人は少なめでした

台風の影響もあったのかもしれませんね

 

雨中の行軍と深夜1時起きの疲れもあってか、Jrや家人はもちろん

ボクもこの日はテントに戻っての飲酒も無し

早々にシュラフにもぐりこみ、7時には眠ってしまいました

 

                      つづく

 

 

 

 

 

 

 

 



2016.08.20 Saturday 12:13
山歩き comments(0)
comment




/PAGES