一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< レシピサイト main 減と衰と増 >>
中華にトライ

一昨日のエントリの続きのようになってしまいますが

ここのところ、定休日に献立に和系の煮物を作る機会が激減

その理由のひとつは、午前中に家事や買物などを済ませて

午後ずっと病院にいるので、そもそもじっくり作る時間が無い事と

いわゆるこういった、醤油・味醂・酒・砂糖の煮物って

親父が好きじゃないんですよね・・・まったく

そんなわけで、病院から帰ってきてからさっと作れるものと言うと

どうしても炒め物系が多くなってきます

以前に山ちゃんで呑んでいた際に、いとう庭のマスターと山ちゃんに

プロの料理人が休日家族に作る献立ってお題目で聞いたところ

2人とも口を揃えて、圧倒的に中華が多いと答えてたんですが

その理由は手っ取り早いということでした

もちろんこれ、中華料理が和洋食に比べて簡単という意味ではなく

中華、特に炒め物は手早く短時間で出来るってことなんですが

和食とフレンチと畑は違えど、2人ともそりゃプロですからね

スキルとベースがあるから言えることではあるんでしょうけど

逆にドシロウトとしては、時間勝負で手際の良さが求められる

炒め物はついつい敬遠してましたが、最近はそんなこと言ってられず

少しづつ手を出し始めている次第です

昨日の献立は「木須肉(ムースーロー)」キクラゲと卵と豚肉の炒め物

乾燥キクラゲを30分ほどぬるま湯でもどし、塩胡椒を少し入れた溶き卵で

半熟の入り卵を作って一度取り出し、紹興酒と醤油で下味を付けた豚肉を

炒めて火が通ったらキクラゲと絹さや、それに卵を戻してから

醤油・紹興酒・オイスターソース・砂糖・胡椒で味を調えます

ちなみに砂糖は要らなかったかな、オイスターソースの甘みで充分

でもって生姜を入れ忘れたことに気付きました・・・不覚

炒める段階では家人が帰宅したので、助けを借りたんですけど

味のほうは中々に上出来じゃないかと

 

 

サイドメニューは、まったくメインに合わないと不評だった

お馴染み山ちゃんインスパイア系のロニマカダーサラ

いや、これは朝スーパーや店が開く時間前に自宅ストックの材料で

唯一作れるものだったんで、まあ許せと

 

炒め物のおかげで、時間に少しゆとりができたため

この日も5時に親父の食事を作り始めて一段落したところで

サクっと風呂に入り、至福タイムも無事に確保

本日は久しぶりにDUVELを買ったので、オリジナルのグラスで

 

初めて作った木須肉、家人からもそれなりの評価をもらいました

ただ、「これ・・・ネギが入ったらもっと断然美味しいのに」と

言われてしまいましたが、ええ、もちろん今後も絶対に使いませんよ

ネギなんて存在意味の分からんモノ、使うわけないじゃないっすかww

 

 

 

 

 



2017.06.28 Wednesday 11:56
OFF comments(0)
comment




/PAGES