一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< 新ユニ main 牛筋煮込み >>
GODIVAと恵方巻

日経新聞に掲載された、「日本は義理チョコをやめよう」という

中々に刺激的なコピーで話題になったGODIVAの一面広告

netでは、1年で最も稼ぎ時のチョコレート会社が!?という驚きから

GODIVAなんて高級チョコはそもそも本命対象だから

義理チョコなんてむしろ排除した方が都合がいいんだろと言った

醒めた意見など様々ですが、男女問わず「よく言ってくれた!」と

概ね好意的な反響が寄せられているように感じられました

まあ、これだけ高級ブランドが百花繚乱する業界にあって

GODIVAが依然本命対象的なポジション維持してるのか?

と言う疑問はともかくとして、とりわけ注目されたのは

掲載媒体が「日経」だったと言う点のようですね

主な購読層である企業の男性社員、とりわけ幹部や役員クラスに

対して訴求、すなわち彼らから女性に対して「辞めようね」と

言ってあげてくださいというのが目的のようです

まあ個人的にも、携帯やSNSも無かった中高生の頃はともかく(笑

会社員になってからの部署・営業所などでのバレンタインは

正直、1ヵ月後のお返し考えるとめんどくせー行事と思ってました

推計史上1,300億円と言われるバレンタイン商戦ですが

今年は減少予測も出ているようですし、その内容も近年は

友チョコや自分になど様々に変化しているそうで

GODIVA広告が果たして一石を投じるのか、ちょっと興味があります

 

まあ、そもそも日本のバレンタインは言わば

「マスコミごり押し」イベントの元祖みたいなもんですが

そのマスコミごり押しと言えば、昨日の恵方巻き@節分

毎年4日のコンビニショーケースで大量に売れ残った

太巻きの画像などが話題になりますが(苦笑)

昨夜閉店後に買い物があって烏山のライフに出向いたところ

お弁当やお寿司のコーナーが山積みの太巻きに占拠されてました

って、休日で20時の時点でこれじゃ、ほぼ売れ残るだろと

太巻きだけに消費期限考えるとこれ、大量廃棄でしょうかねえ

もったいないなあと(買わないけど)

「MASS」メディアの主軸たる新聞やTVがもはやオワコンに

なりつつある現代、マスコミのごり押しそのものがもう

通用しなくなってくるってことなのかなと思う一方で

ハロウィンなんてモノが今や前述のバレンタインに

肩を並べる市場規模にまで成長しているというナゾ

やっぱり恵方巻きじゃ、ハロウィンに比べて明らかに

インスタ蝿、もとい「映え」しないのが一番の要因でしょうか

 

 

 

 

 

 



2018.02.04 Sunday 11:13
世間の話題 comments(0)
comment




/PAGES