一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< 開幕まで1週間 main 桜散策2018 >>
今度は八ヶ岳で事故

また冬山遭難事故の報が入って来ました

それもホームの八ヶ岳だけに、なんとも言えない気持ちです

事故のあった阿弥陀岳を含めて、主峰の赤岳、天狗岳など

12月〜3月、いわゆる冬山シーズンも毎年やっていましたが

特にボクの場合は平日の単独行だけに

改めて、冬山のリスクを痛感した次第です

もっとも、今回の事後現場となった阿弥陀岳南陵は

夏場でも岩登りの経験者でないと厳しい

言わばバリエーションルートで、ヤマケイのガイドにも

ルート紹介はされていないような道です

事故に遭ったパーティが下山ルートに予定していた

御小屋尾根も含めてこのルート、実は以前夏場にやろうと

ヤマレコや地図などで、あれこれ調べて計画したいたんですが

最後の無名峰から山頂まで、P1からP4、特に恐らく今回

滑落の現場となったのではないかと思われる草薙の取り付き

周辺はこのルートの核心部、最大の難所なんですよね

報道によれば、山岳会所属で経験も豊富なメンバーとのこと

まあ、もちろんこの時期の南陵をやるくらいですから

入念な計画、装備、もちろん夏場の踏破経験もあったのかと

思いますが、一つだけ解せないのがこれも報道にあったように

このような難所で、何故7人が1本のザイルでつながっていたのか

ちょっと考えられないんですが、そのあたりは続報で詳細が

明らかになれば、何か事情があったのかもしれません

先だっての三頭山のエントリでもふれましたように

この時期、下界はもうすっかり春モード

自分も3月の山行の際は毎回、理屈では分かっていても

パッキングをしていると、ここまでの冬装備必要かなあという

油断と邪心が頭をよぎります

もっとも、丸々1シーズン山自体遠ざかっているので

冬山なんて当分お預けですが・・・

 

 



2018.03.26 Monday 14:40
山歩き comments(0)
comment




/PAGES