一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< It's 「翔」 Time! main 東京FMに水谷さん出演 >>
五十の手習い

1ヵ月半ほど前からフランス語の勉強を始めました

昨年から続いた諸事がようやく落ち着いたこともあって

前々から何か始めたいなと漠然とした思いはあって

テニスを再開、スクールにでも通ってみようかとか

子供の頃習っていたピアノをもう一度やってみようかとか

いろいろ考えてはいたんですが、落ち着いたと言っても

現状の休日の慌ただしさを考えて二の足を踏んでました

そんな中、常連で弁護士のK先生が来店され

弁理士の方の海外の会合での講演に立候補し

個人レッスンで英語を勉強し直していると伺いました

イソ弁10人近くを抱える事務所の所長にして

毎月月初にはスケジュール帖が真っ赤に染まるほどの

多忙を極める中でよく・・・と感服すると同時に

本当に仕事の出来る方は「忙しい」をけっして

excuseにはしないんだよなと大いに自省

まずは店ですぐにでも出来ることから始めるかと

で、何故フランス語なのかと言うと

これも、大常連のI先生の存在が大きかったんです

大学院時代の1960年代に、「コンクール ド フランセ」と言う

仏政府主催の学生を対象にした語学力と論文のコンクールで

全国1位になられソルボンヌ大学に留学

その後もずっと国際会議や教壇などで通訳・教師としてご活躍

仏語と英語はもちろん、仏文学や哲学も造詣の深いI先生

恐れ多くも手ほどき頂ける僥倖に恵まれた次第です

一応・・・大学の第2外国語は仏語だったんですが

もちろんキレイサッパリ忘却の彼方

もう本当に1から、Voici une fleurからスタートです

 

なにしろ記憶力も低下の一途、前日やった事も忘れるは

何度も同じ言葉を辞書で調べ直すはでテキストは真っ黒w

 

けど、一から新しい事を学ぶって実に新鮮で面白い

店のシゴトは開店前の6時から10時が忙しいものの

開けてしまえば、特に平日は結構時間をとれるので

毎日店で老眼鏡かけて机に向かってます

何しろほぼ毎日来店頂いているI先生

「今日は何か質問はありますか?」と聞かれたりするので

絶対にサボれません(笑)

男性女性名詞はあるは、動詞は人称で全て変化

それもほとんど原型をとどめないような変化をするはで

まだまだおよそ赤子レベルを脱却できそうにないですが

こつこつとやって行きたいと思ってます

年内に、辞書を片手にLe Mondeの記事が読めるように

なりたいなあと、大それた目標を立ててますが

果たしてどうなることやら・・・

 

 



2018.04.12 Thursday 10:33
OFF comments(0)
comment




/PAGES