一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< GW期間中の営業ご案内 main やっぱりココが一番@近江屋洋菓子店 >>
名優引退

昨日Netのニュースで、田村正和さん引退の報を目にしました

今年2月に放映された「眠狂四郎The Final」で限界を痛感したそうで

大っぴらに言うのは趣味じゃないからと、とりたてて宣言もなく

そのあたり、いかにも田村さんらしい幕引きのような気がしました

ご引退のきっかけとなった、柴田連三郎原作の「眠狂四郎」

歴オタで時代劇番組が大好きだった小学生時代、観ていました

今でもはっきり覚えているんですが、当時たまたま出かけた

千歳高校(現芦花高校)の文化祭で、模擬店で何故か売っていた

眠狂四郎(田村正和さん)のモノクロのブロマイドを買って

大事に机に飾っていたんですよね(笑)

円月殺法、カッコ良かったなあ

観光地に行くたび買い集めていた木刀でよくマネをしてました

田村正和さんと言えば、周知の通り父親は稀代の名優坂東妻三郎さん

世間ではよく長男の高広さん・弟の亮さんと合わせ「田村三兄弟」と

言われますが、実は四兄弟で正和さんは三男

次男の方は俳優ではなく企業家で、実はその息子、すなわち

正和さんの甥っ子にあたるのが、中学時代に弟の同級生でした

当時、弟やその甥っ子らと自転車のツーリング仲間で

正和さん、亮さんのご自宅と並ぶ彼の家にも何度か遊びに行き

正和さんにもお会いしたことがあります

また大学時代に、当時はまだ成城の石井一族が経営していた

成城石井で配達のバイトをしていて、正和さんのご自宅には

何度か配達で伺ったことがありますが、初訪の際に

勝手口が分からずに門前で躊躇していたところ

奥様がわざわざお出になって玄関に通してくださり

「ご苦労様です」と麦茶までご用意いただき感激した覚えがあります

後にも先にも、バイト中にお茶を頂いたのは

この正和さんの御宅だけでした(笑)

 

御歳74歳とのことですが、ニュースのお写真を拝見する限り

往年の二枚目ぶりも健在、まだまだ円熟味を増したその演技を

観たかったと残念な気持ちです

 

そもそも今回ご自身が限界を感じたと仰る眠狂四郎は

当時20代後半だった頃の作品ですから

以前にブログでもふれた「鬼平Final」と同様、いやそれ以上に

これってフジTVの企画自体に問題と言うか

無理があっただけなんじゃないかなあと・・・

 

 



2018.04.28 Saturday 09:42
世間の話題 comments(0)
comment




/PAGES