一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< プール三昧 main 夏の定番メニュー >>
50年前の夏は

連日異常な猛暑が続きますね

先日ネットの話題で

「オレ達の時代はクーラーなんて無かったんだから」

と言うお決まりの台詞で甘えてると言われた

受験生だったかな?が、そのご高説をたれた輩(60歳)が

受験生だった42年前の天気を調べたら案の定

今より全然気温が低かったって話がありましたが

へえ〜っと思って試しにちょうど50年前

1968年の東京の7月の気温を調べてみましたところ

30度超は9日間、それもほとんど30度〜32度くらい

(月間最高気温は32.3度)でした

ちなみに今年の東京の7月は21日現在で

30度を「超えなかった日」が3日間だけです(苦笑)

平均気温も32.6度(50年前は28度で4.6度も違う!)

確かに、50年前と言えばまだ自分は5歳でしたが

当時は家庭はもちろん、電車にもクーラーなど無い時代

でも、これだけ気温が上昇してしまった現代

学校にもクーラーは必需品ですし、日中の運動は

もはや危険なレベルってことがよくわかります

データを見ていてもう一つ感じたのが

昔は日中暑くても、朝夕には気温がぐっと下がってます

ここも大きな違いですよね、そう言えば夜になると

網戸でも涼しい風が入って来ていたし、寝苦しいなんて

こともあまりなかったような記憶があります

だいたい「夕涼み」なんて美しい言葉も

今じゃほとんど死語ですしね

7月もまだ10日近くありますが、予報を見る限り

前述の平均値、上がることはあっても、まあ下がらんでしょう

いったいいつまでこんなのが続くのやら・・・

 

おまけ

その50年前の花王さんのシャンプーの広告が衝撃的でした

「夏の髪は汗や脂で汚れやすく不潔ですから

  五日に一度は洗いましょう!」

 

 

五日に一度て・・・



2018.07.22 Sunday 14:42
世間の話題 comments(0)
comment




/PAGES