一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< International Guidelines For Problem Solving main 昭和の池袋 >>
GW狂騒曲

今朝のNetニュースを拾い読みしていたら

対照的な2つの記事が目にとまりました

ともに話題の中心は10連休と言われる5月のGW

1つは「価格高騰 ハワイ往復50万円」との見出しで

旅行業界の盛況を伝えています

H.I.Sでは前年比3倍の予約状況で、特に人気の

ハワイは既に殆どの予約が埋まりキャンセル待ち

航空券も往復50万円超えだそうです

もう一方は「10連休 揺れる保育所」と言う記事

GWのせいで逆に「10連勤」となりかねない

医療や介護、サービス業従事者のニーズに

保育所や統括する自治体が対応に追われています

子供を預ける側はもちろん、園のほうも

スタッフの確保や人件費の問題もある上に

働き方改革の絡みで園スタッフの休みも確保すべき

という中で難しい調整が続いているとの事

 

あるマスコミの調査では6割以上が「迷惑」との

回答もあるという今回の唐突な10連休

1年で一番価格が高騰する時期に

100万、200万かけても海外に行ける人や

10連休しても月収が減らない人はともかく

前述の通り、医療やサービス業従事者のように

逆に休みが無く過大な負担を強いられる方々や

非正規雇用で収入が激減してしまう層などに

とっては確かに迷惑以外の何物でもありません

Jrと同い年の友達のママさんも

「10日間連続で学校も会社も休みで家族全員が

  3食食べるなんてもう考えただけでゾっとする」

と嘆いておられました(笑)

山ちゃんをはじめ、常連で店をやってる連中も

この話題になると溜息しか出ないのは

どちらかというと、GW期間中が皆遠出する事で

ヒマになってしまうだけでなくむしろ

その後の「反動」が大きい事を懸念するようです

要はGWで大きな支出をするため

必然的にその後に財布の紐を締める人が多いと

うちの店は、毎年GW中は可もなく不可もなく

また、日頃ご来店頂くお客様にとっても

嗜好品と言うより日配品に近い位置づけのためか

さほどプラスもマイナスの影響も無いほうですが

それでもやはり、連休後は多少反動を感じます

ましてや飲食業のように機会喪失となる業種は

影響が大きいんだと思います

結局、経済効果なんて観光業や旅行業中心に

非常に限定的なんではないかと

国も無責任に10連休!なんて決めるだけ決めて

前述の休日保育拡充の問題のように

施設や保護者任せにするのではなく

少しはこういった「被害者」の方々の事も

考慮して欲しいものです

 

 

 

 

 



2019.02.14 Thursday 09:46
世間の話題 comments(0)
comment




/PAGES