一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< あぺたいとで両面ヤキソバ@上北沢 main そろそろ梅雨明け >>
技術と家庭科

先日の定休日、学校から帰ってくるなりJrから

Yシャツのボタンとれちゃったーと

それも1つ、2つじゃなく・・・

聞けば休み時間に友達とふざけていて

シャツを引っ張られた際にとれたと

って、オマエは小学生かっ!

家人にお願いしようと思ってたんですが

夕飯の仕度を終えて時間があったので

裁縫箱を引っ張り出してきて縫い始めたところ

Jrが「えー、そんなことできんの?」と

他人事のようにぬかすので

オマエも小学校の家庭科で習っただろと

そんな話しをしていて、初めて知ったんですが

今って中学生男子も家庭科の授業があるんですね

ボクらの頃、男子の家庭科授業は小学校のみ

中学に入ると男子は技術、女子は家庭科と分かれ

確か高校では引き続き女子には家庭科授業があり

その時間男子は体育だったような記憶があります

気になって調べたところ1979年に国連が

女性差別撤廃条約を採択し、日本も批准した事を

契機にこの「男女別履修」が問題になり始め

1993年に中学、翌94年に高校で

家庭科が男女必修になったんだそうです

もう25年以上前からそうなってたんですね

と言っても、ボクはもその頃30歳でしたけど…

まあ、小学校だけとは言え、一応裁縫とか

ミシン(足踏みでしたけど・笑)、調理実習では

ご飯と味噌汁、粉ふき芋にほうれん草のお浸しなど

作った記憶があります

実際こうした学習は、ある意味算数や理科より

よっぽど実生活には有益かもしれませんね

特に現代社会ではむしろ必須かもしれません

 

ちなみに久しぶりの針仕事

針穴に糸を入れるのにムチャクチャ苦労しました

老眼鏡かけてもこんなにシンドイとは・・・

 

 



2019.07.20 Saturday 11:06
世間の話題 comments(0)
comment




/PAGES