一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< 私の外国語学習法@ちくま学芸文庫 main 英語民間試験導入延期 >>
元始、女性は太陽であった

この一両日、お二人の偉大な女性が亡くなりました

お一人は、国際政治学者で、国連難民高等弁務官など

歴任された緒方貞子さん

ブログの表題は平塚雷鳥女史の名言ですが

緒方さんは雷鳥と供に新婦人協会を立ち上げた

市川房江さんの強力な推挙により

国連日本代表団の一員に加わり、その後数々の

功績を残されたことは既報の通りです

そしてもうお一方は女優の八千草薫さん

八千草薫さんと言えば、個人的には恐らく

「岸辺のアルバム」が印象に残っています

それまではどちらかと言うと、自分の世代的に

良き母親というイメージだっただけに

ちょっとショックだったなと(笑

実は、もう25年くらい前でしょうか

一度お会い?お見かけした事があります

休日に家人と砧公園を散策し、脚を延ばして

そのまま瀬田の高級住宅街を歩いていて

たまたま隠れ家的なパン屋さんを見つけて

買物をして出てきたところ、往来にすーっと

ベンツが止まり、車内から八千草さんが

降りてこられ、常連と思しき感じで

パン屋さんへ、と言うかこちらに向かって

歩いてこられたんですね

お店はちょっと高台にあり、結構な段数の

階段を上がるんですが、下からゆっくりと

登ってくる彼女に気が付いて

うわっ!八千草薫さんだ!っと思わず

ガン見してしまったところ、こちらの

視線に気がついてニコっと笑って

会釈してくださいました

いやもう、天にも上るとはこのこと(笑

と言うよりも、金縛りにあったように

しばしその場に立ちすくんでしまいましたよ

俳優さんなど著名人をお見かけしたり

あるいはお話をさせて頂いたりする機会は

その前後にも幾度もありましたが

あれほどのインパクトは未だありません

今でもあの日乗られていた車や

彼女の服の色も全て覚えていますからねw

おいくつになられても、少女のような笑顔が

印象的な女優さんでした

 

ご活躍の場は違えど、昭和を代表する

お二人の偉大の女性のご冥福をお祈り致します

 

 

 

 

 

 

 



2019.10.30 Wednesday 12:48
世間の話題 comments(0)
comment




/PAGES