一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< 八軒通りが賑やかに main 第1フェーズ >>
LOUDNESS

現在ベルリンから帰国中の水谷さんが昨日

スタジオを整理していたら出てきたんだけど

聴くかな?とお持ちになったのがこちら

 

LOUDNESSのCD5枚、ただし市販のCDではなく

関係者向けのプロモーション用貸与品で

一枚一枚に宛名「○○様」と入ってます

CDのコンテンツ自体もデモ集やアルバム未収録の

LIVE音源など、恐らくファンなら垂涎モノ

ただ、ボク自身はLOUDNESSって

ほとんど聴いたことがないんですよね

レイジーのデビューが1977年、その後LOUDNESSが

81年ですから、中学でギターを買って高校では

BANDをやっていた頃と完全にリンクするんですが

ロック、特にヘヴィメタはほんの一時期聴いただけで

渡辺香津美に傾倒してしまったこともあり

フュージョン、JAZZ系が好きだったもので

と言っても、もちろんそんなものまったく

弾けませんでしたが

ただ、当時音楽雑誌「Player」恒例の

ミュージシャンランキング、ギタリスト部門では

高崎晃さんが大抵1位だったのはよく覚えてます

水谷さんはレイジー時代のアルバム「宇宙船地球号」の

作曲やアレンジを手がけたり、高崎さんはじめ

メンバーとは懇意な間柄ですが

お店や呑み屋で昔のお話を伺っていると

高崎さんのギターについては絶賛されてます

つか、LOUDNESSって今もバリバリに現役なんですね

海外、特に欧州などでは根強い人気もあるそうです

 

昨日少し店で聴いてみましたが

久しぶりにこういう音楽、ちょっと新鮮でした

MAN WITH A MISSIONに狂っていて

いまだにLIVEやフェスにも行っている家人に

昨夜見せたところ、世代的にはギリ知ってる程度で

あまり聴いた事はないそうです

もしファンの方がいらっしゃったらお貸ししますので

ぜひお声かけ下さい

 

つか・・・このCD裏面見たら

転貸・譲渡禁止、要返却ってありますけど・・・(汗

 

 

 



2019.11.17 Sunday 10:47
世間の話題 comments(0)
comment




/PAGES