一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< オンスケ main 有馬記念Weeeeeeek >>
忘年会スルー

流行語大賞はもう終了しましたが

ここのところnetやTVでよく耳にするbuzzword

最も忘年会、と言うより会社の飲み会そのものを

厭う風潮はもう随分と前からの事

「呑みにケーション」なんて昭和テイストな

アナクロニズムも退廃して久しい気もします

実際、飲食店関係者の話として忘年会の

件数自体も減少しているとのことですし

店のお客様や、山ちゃんの常連さんと話しても

営業系で取引先と、ってところを除けば

少なくなっているんだなあと実感します

そう言えば家人の会社でも部署の忘年会は

無いと言ってましたし、そもそも今はもう

管理職世代が、若い頃からそうした飲み会を

面倒と感じていた人達というのもあるかなと

まあ、会社の福利厚生で1回くらいならまだしも

自腹で複数ってのは嫌でしょうね

お酒自体呑まない人も増えているようですし

個人的にも、呑むことは好きですが

勤め人時代から、会社の呑みってのは

どちらかというとあまり好きではなかったです

何が嫌って、会社や仕事の話ばっかりで

せっかくの酒が不味くなるんですよね

そういう意味では、学生時代の友人達と

久しぶりに集まるような忘年会は嫌いじゃ

ありませんが、ただこの仕事を始めてからは

12月は忙しく、閉店後に地元に居ながら

わざわざ都心に出向くってのは

体力的にも時間的にもシンドイ上に

大体が金曜日とかに設定されるので

土日が早朝から仕事の身としては尚更ムリ

人ゴミに出て風邪でもひいたら

それこそシャレにならないという用心もあり

もうかれこれ10年近くは「忘年会スルー」状態で

最近じゃお誘い自体もなくなりました(苦笑

30日の仕事納め後に、地元の呑み友などと

ささやかにってのが唯一の忘年会でしょうか

今年も有馬、そして30日のグランプリ獲って

最後は祝杯をあげたいものです

 

 



2019.12.14 Saturday 10:54
世間の話題 comments(0)
comment




/PAGES