一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< 日常 main 失態 >>
神楽坂散策

1月唯一の連休定休日、初日に2日分の家事と

夕食の仕込を済ませて水曜は神楽坂方面へ

目的はこちら

Institut français du Japon(旧 日仏学院)

I先生もかつて横浜校で教鞭をとられてました

ここが主催する総合仏語講座に興味があって

HPだけでは分からなかった事などを

いろいろ聞いてみようと直接訪問した次第

受付の女性が丁寧に説明してくださり

講座で使うテキストなども見せて頂き

大変参考になりました

ただ…定休日にちょうどレベルに合った講座が

中々無さそうなんですよね

こういう際、土日が休めないといろいろ不都合です

とりあえず冬学期は既に開校してしまってるので

3月にリリースされる春学期のスケジュールを見て

うまく合った講座があれば、事前に学力診断の上

フランス人講師との面談を経て決定ということで

パンフその他を頂いてきました

学校の入り口向かいには、以前飯田橋の本店に

お邪魔したことがある仏語書籍専門店の

欧明社さんの支店Rive Gauche

ちょっと立ち寄ってフランス製のノートや参考書

Le Modeなどを購入しました

学校を出た通りは、敬愛する永井荷風が

著書「日和下駄」文中で、ここから御濠に沿って

連なる老松が水面に映る様を眺め

東京中にかくの如き絶景あるかと驚かざるを得まい

と絶賛した「逢坂」の急な登り

外堀通りの喧騒が嘘のような、閑静な街並みを歩き

大久保通りを経て神楽坂に着くとお昼時

何度かトライするも店前の行列に断念した

神チャーハンの「龍朋」、なんと外待ち無し!

迷わず飛び込んで相席のテーブルに着きオーダー

見れば客のほとんどがチャーハンを食べてます(笑

う〜ん、茶色は正義

チャーハンは大好きな「しっとり系」

しっとりですが、決してベチャっとはせずに

絶妙に水分の抜けた正しいしっとり系

シンプルな普通のチャーハンなれど実に旨い

そして特筆すべきは添えられたスープ

所謂醤油ダレではなく、これがまた絶品なんですよ

ラーメンも絶対旨い事は想像に難くないですが

多分次来ても、やっぱりチャーハンだろうなとw

大満足でお店を出ると、神楽坂を下って行き

以前に訪れた際、I先生にお土産に買っていって

大変気に入って頂いた、文具の相馬屋さん謹製の

オリジナル原稿用紙を購入し、坂の終わりでは

家人に「絶対買ってきて!」と頼まれていた

紀の善さんで豆カンやあんみつも無事入手

少し時間があったのと、腹ごなしを兼ねて

市ヶ谷までぶらぶら歩いて都営線直通で帰宅

 

都心にでるのは本当に久しぶり、と言うよりも

お休みをお休みらしく過ごすのも実に久々

ほんの数時間でしたが、定休日を満喫いたしました

何か目的=口実を作ってたまにはこうして

出かけるのも悪くないなあと

 



2020.01.18 Saturday 10:38
OFF comments(0)
comment




/PAGES