一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< まだまだ日常は遠く main アスパラ >>

先日、まあちょっとしたお祝い事と言うか

こんなご時勢ですから、ごくささやかに

自宅で1本、久しぶりに泡を

たまに泡って言うと、我が家の場合大抵は

安いスパークリングですが

この日は一応Champagneってことで

ベタですがVeuve Clicquot

仏語を勉強していると、ついついエチケットが

気になってしまいますが、このVeuve Clicquot

veuveは形容詞で「連れ合いに先立たれた」の意

男性形はveufでその女性形ですから

「寡婦のクリコさん」という意味になります

で、気になってぐぐったら、創業者の息子さんが

亡くなられた際に、その奥さんが事業を引き継ぎ

社名のClicquot→Veuve Clicqoutとなったとか

まあ、そんなことはさておくとして

夜になってもまだ少し蒸していたこの晩は

キリっとドライな泡が格別でした

最近どうも、ワインを呑むと翌日に残るんで

もっぱらキンミヤが主体でしたが

これからの時期はやっぱり泡もいいですねー

ただこれ、開栓すると呑み切らなければってのが難

(いや、別に一晩位は大丈夫でしょうけど)

昔なら家人と2人なら1本くらいは余裕でしたが

前述のように、どうもワイン系に弱くなった近頃

翌朝のことを考えるとついセーブしてしまいます

 

まあそもそもChampagneはそうそう無理ですが

これから夏場の週末、キリっと冷えた泡も

たまにはいいなあと思いました

 

 

 



2020.06.07 Sunday 10:17
OFF comments(0)
comment




/PAGES