一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
<< クラブフェチ main スツール >>
コーヒーミルの話その2
ミルのお話その2、今回は電動ミルと手挽きミルについて
お客様とミルの話をする際に「電動と手挽きはどっちがいいか?」
という質問を受けることが時々あります
一般的には
,曚榾萋コーヒーを飲む
(特に朝など)時間的ゆとりはあまりない
という方には迷わず電動をオススメします
逆に手挽きは
〇間的・精神的ゆとりがあって、手で豆を挽くプロセス自体を楽しみたい
▲魁璽辧爾禄桔などのゆっくりと時間のあるときにだけ楽しむ
手挽きミルのフォルムが好き、ディスプレイとして楽しむなど
 機能性を重視しない
小さなお子さんが挽きたがる、ちょっとしたリハビリ運動がわり
などのケースでオススメしたりします
(まぁはちょっと本道とははずれますが、ちなみに私子供の頃は
鰹節削り担当で、このシゴトが大ッキライでした・・)
まず、基本として「手挽きは結構時間と手間がかかる」という事実を
認識してもらうことが大事(毎日の事となればなおさら)
ミルは持ってるけど面倒だから挽いて、とおっしゃるお客様は
たいてい手挽きをお持ちだったりするのも事実
「大変だけど本当は手挽きのほうが美味しいんでしょう?」といった
声もよく聞きますが、そういうものでもありません
手挽きだからゆっくりで摩擦熱が生じにくいというのは間違いですし
ご家庭でしたらグライディングとカッティングの違い云々よりは
まずミルを使って挽きたてを楽しむ!ということを最優先されたほうが
良いと思います
すなわち、各々の長所・短所とコーヒーを飲む頻度などを考えて
お選びいただくことが大事です。あっ、後はお手入れもお忘れなく
新品のハブラシや100円ショップで売ってる硬めのハケなどで
時々微粉を取り除いてあげてくださいねー




2006.09.09 Saturday 13:26
コーヒー器具関連 comments(0)
comment




/PAGES