一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
ダービーウィーク

いよいよ明後日に迫った「東京優駿」ことダービー

結局3連勝の後はNHKマイルで惨敗

ヴィクトリアマイルは1・2着&ハナ差4着で惜敗

そして先週のオークスもはずし3連敗・・・

それでもまだ、天皇賞164倍的中のおかげで

まだ結構なプラスではあるんですが

当初の目標だったダービー前に10万!は未達成

大幅に下方修正して今週のダービーと

次週の安田記念までに、ってことにしました

(きっとその時点で宝塚までって再下方修正の予感)

さて、そんなダービーですが

今年は無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアが

2冠に向けて圧倒的な1番人気でしょう

基本的にはサートゥルともう1頭固定で

ヒモに穴っぽいところを5〜6頭の3連複でと

昨日枠順も発表になりましたので

後は追いきりとオッズを見つつ最終決定

当日、山ちゃんたちは府中まで行くそうです

ダービーをナマで、と言うと思い出すのが1990年

アイネスフウジンの逃切りで決まったこのレース

騎乗したジョッキー中野栄治を称える

ナカノコールの大合唱の中に自分もいました

もちろん馬券も本戦で的中させたからこそですが

何しろこの時、東京競馬場の入場者数は

なんと19万6,000人!現在も残る史上最多記録です

ちなみにこのダービーがきっかけとなって

メジャーなG1レースで前売り制が導入になりました

大きなコンサートやスポーツの試合と比較しても

19.6万てすごいなあと改めて思います

しかもそれ、ファンと言うよりギャンブラー

言ってみれば全員「博徒」ですからね(笑

 

そんな、約30年前を思い出しつつ

やっぱりダービーと有馬は獲りたいなあと

今日は営業中にもかかわらず、PC画面の馬柱表を

午前中からず〜っと眺めてます(仕事しろ)

 

 

 



2019.05.24 Friday 13:02
世間の話題 comments(0)
相変わらず当たりすぎるセブンくじ

連休定休日明けの昨日に続き、本日も5時から出動

連日の2ケタバッジ数の仕込を終えて

ギリギリ開店前に近くのセブンにお昼他の買物へ

すると、また会計の後に例のクジ箱がすっと置かれ

確か700円@1枚だったかな?3枚おとり下さいと

店員に促され、時間もないので無造作に

3枚一度に掴んで、ろくすっぽ確かめもせず

カウンターに置くと、あたりの商品お持ちしますねと

ああ、やっぱりなんかまた当たったのか〜

まあ、いいんだけど時間無いんだよな〜と

待っていると

3枚とも当たっててワロタ

 

これ、以前にも一度ふれたことがあると思いますが

コンビニのこのクジ、特にセブンに関しては

ほぼ必ずと言って良いくらい何か当たるんですよね

箱の中当たりしか入ってないんじゃね?と

まあ、正直缶コーヒーは要らないけど(苦笑)

今朝も朝食抜きで仕事してたので

朝バナナはありがたく早速頂きました

確かこのコンビニクジ、以前に何度か

2種類の箱が用意されていて、片方がアルコール系で

どちらか選べたときがあったんですよね

何度か朝っぱらからビールが当たって

思わず店で呑んじまおうかと思った覚えがあります

どうせならまたアレ復活してくれないかなあと

つか、あんまりこんなビミョーなとこで

中途半端に運を使いたくないんですよね

今週はオークス、来週はダービーだし・・・

 

 

 

 



2019.05.17 Friday 10:37
世間の話題 comments(0)
大津事故雑感

池袋の事故から1ヶ月にもならないうちに

また幼い命が奪われる痛ましいこのたびの事故

昨日は保育園側の会見にあたって園長を詰問する

マスコミの姿勢が大きな批判を浴びましたが

この事がきっかけとなって広がった

「#保育士さんありがとう」を美談として

もてはやす一方、その元凶である自分達の所業は

一切ふれないという相変わらずのスタンス

まあ、そんなマスコミの定常運行はさておき

昨夜目にとまったnetのコラムによると

先進国における日本の自動車事故による死者数は

他国と比べてもそれほど多くはないものの

その内訳を見ると、運転者や同乗者の死者数は

英仏独と比べて約半分と少ないのに対して

自動車事故の犠牲となる歩行者の死者数は

先進国の2〜3倍という異常値なんだそうです

なるほど先進技術を駆使して、自動車の安全性は

飛躍的に向上しましたが、一方で歩行者への配慮は

一向に進んでいないという現実があるわけです

以前に何度か、烏山駅の高架化問題や

自転車レーンの話題でもふれたことがありますが

この国の道路行政や交通法規は常に

自動車を主語に物事が決められます傾向があります

この烏山周辺に目を向けても、八軒通りの拡張然り

駅の高架化然り、踏切渋滞緩和や利便性など全てそう

国の基幹産業である自動車業界に配慮する政府も

大事なスポンサー様の顔色を伺うマスコミも

一向に声をあげませんが、例えばもっと思い切って

小学校や保育園などのある通りや住宅街など

自動車の通行を大幅に制限するべきだと思います

近年はカーナビの普及もあり、抜け道と称して

生活道路にどんどん車が入って来ますし

実際、塚戸小の前の道も環八への抜け道として

さすがに朝の登校時は1時間ほど通行止めですが

下校時はその規制もなく、Jrが入学当時に

何度か迎えに行った際、ヒヤっとする場面に

幾度と無く出くわしました

それから、今回の事故でも指摘されていましたが

交差点への衝突防止用金属柱、ガードレールの設置

歩道の整備なども、新しい道路など作るよりも

優先して進めてもらいたいものです

ちなみに当店のある四つ角も、信号が無いわりに

交通量が多く、脇道の方から停止線で止まらずに

するすると鼻先を突き出す車のせいで事故も多く

数年前に一度、車の衝突事故であわや1台は

店先に突っ込むか!?ということがありました

幸いここは四方の角に金属柱が設置されていて

事なきを得ましたが、太い金属の柱が

完全に折れ曲がっているのを見てぞっとしました

 

自分自身も含め、車を運転する以上常に

加害者になる可能性はあるという自覚を持つ事も

もちろん大切ですが、環境問題にも関連する上に

オリンピックも近づいていることですし

ヨーロッパ並みにとまでは言いませんが

道路・自動車の問題もそろそろ抜本的に

見直す時期ではないかと思います

 

 

 



2019.05.10 Friday 09:16
世間の話題 comments(0)
統一地方選

統一地方選の投票日でもある日曜日

ようやく街に静けさが戻ってきた気がします

何しろこの1週間、往来はもちろんのこと

時には店の中にさえも、まあ五月蝿かったこと

毎回選挙の度に、とりわけ地方選(区議選)では

思うんですが、いい加減この旧態依然とした

選挙カーでただひたすらに名前を連呼するって

やり方はもうどうにかならないものかと

議員さん、選挙に落ちたらただの人ってのは

わかりますし、知名度の低い、あるいは

地盤やコネの無い候補者などは

名前を覚えてもらうのが最優先ってのも

わからなくはないですが

特に区議選の場合、地元烏山出身の〜とか

どこどこの小中学校を出て〜とか

アピールそこかよっ、ってツッコミたくなります

そもそも世田谷区議の定数は50名だそうですが

今時区政にそんなに人数必要なんでしょうかね

 

今朝はなんとか開店前に早めに仕込を終えて

粕谷の区民センターへ行き、投票を済ませて

出てきたところ、タブレットを持った青年に

いきなり声をかけられて?と思ったら

NHKの出口調査員の方でした

初めてこの出口調査ってのに協力しました

性別と年齢層と選択した上で、支持政党や

区政に期待すること、これまでの区政や都政の評価

など9項目だったかな、選択式で答えるもの

お天気の良い朝の陽射しにタブレットの画面が

老眼で見づらくて苦労しました(笑

 

さて、街は静けさを取り戻しましたが

店の方は、どうか静かな日曜にはなりませんように

 



2019.04.21 Sunday 10:46
世間の話題 comments(0)
開幕

桜が見頃を迎えたと思ったら昨日あたりから

所謂「花冷え」と言うのでしょうか・・さむっ

昨夜あたりは会社のお花見を予定されていた

ところも多かったんでしょうけれど

とても夜桜なんて気分にはなれませんでしたね

 

そんな昨晩ですが、桜はおいといて

何と言っても待ちに待ったプロ野球開幕ですよ

我がHAWKS、6回までは千賀の好投で4−0

その後、山川に同点満塁を食らったものの

サヨナラ!まずは開幕戦を勝利で飾りました

何よりも、ドラ1の甲斐野が2イニングを

カンペキに抑えてプロ初勝利

幸先の良いスタートで何よりでした

でもってお馬さんのほうも、今晩は注目の

最強牝馬アーモンドアイのドバイターフ

明日は豪華メンバーが揃うG1大阪杯と

いろいろ忙しい週末です

ああ、もちろんシゴトのほうも(笑

一応、月末&年度末ですからね

 

我が家の桜はちょっと遅くて5〜6分咲き

寒の戻りもあって、もしかしたらJrの

入学式までもってくれるかもしれません

 



2019.03.30 Saturday 10:32
世間の話題 comments(0)
子供部屋おじさん

近頃Net界隈で話題になっているこのワード

社会人になってもずーっと実家暮らしを続け

子供時分のモノが置きままの部屋で

身の回りの世話を親にしてもらって

暮らしている男性の事を指しているとの事

まあ、それを言ったら女性はいいのか?って

ツッコミはさて置いて、これについては

肯定派・否定派入り乱れ喧々諤々

ちょっとした論争が巻き起こっております

肯定派の言い分としては、都内(通勤圏)に

実家があるのに、なんでわざわざ家を出て

ダブルコストをかける必要があるのかと

実家住まいのほうが貯金も出来るし

家にちゃんとお金を入れていれば

文句を言われる筋合いは無いと

都内に実家の無い田舎モノの僻みだ!とか

むしろこんなの、空き部屋を埋めたい

不動産業界のステマだ!みたいな意見も(笑

一方否定派としては、いい歳をして独立せず

食事や洗濯など、身の回りの世話を親に

してもらっているのは気持ち悪いとか

特に結婚対象としては真っ先にオミットする

なんて厳しい意見も散見されました

 

個人的な意見としては「やや肯定派」ですかね

自分自身、社会人になって結婚する28歳までは

親元で暮らしていましたので、当然自分の部屋は

いわゆる子供部屋でした

もっとも、すぐにモノを捨ててしまう性分なので

学生時代のものはほとんど残してませんでしたが

独り暮らしにちょっと憧れはありましたが

当時実家に入れていたお金と、独り暮らしにかかる

費用の差額を考えると、その選択は無かったかなあと

 

おそらく今Netで言われているのは「おじさん」という

言葉から推察するに、40代以上を指しているのかなと

ただそうなると、今度は親の介護と言った問題も出て

逆に家を出たくても出れないというケースもあるかと

結局はこれ、結婚しない若者が増えているって事

その先には少子化って話と繋がっていくんですよね

 

ただ、振り返ってみると、たまたま自分は縁あって

28で家人と結婚し、一応は独立したものの

もし独身でいたら55歳の今、断言できますが

確実に「子供部屋おじさん」だと思いますよ(笑

もっとも、もし今親と暮らしているとしたら

絶対独り暮らしのほうが楽だと思いますけど…

 



2019.03.11 Monday 09:23
世間の話題 comments(0)
昭和の池袋

「昭和の」と言う枕詞に釣られて観てしまった

昨晩のアド街@TV東京は中々に面白かったです

と言っても実は、池袋自体は社会人になるまで

京王線在住の身としては、ほぼ無縁の街でした

就職して最初の配属先が池袋営業所だったので

思い出と言っても、本当に「昭和」の終わり

ほんの数年だけのものではありますが

特に東口は営業所があっただけでなく

自身の営業テリでもあったので

それなりにいろいろと思い入れがあります

20位登場のメルヘンカフェ ミルキーウェイ

1階のスパジオ共々まだご健在なんですね〜

いや、もちろん客として行ったことは無いですが

ここはクライアントだったんですよね

このお店、原宿の竹下通りにも支店があって

スーツで営業に行くのが恥ずかしかったなと

12位の映画の街ってことで紹介された文芸坐も

クライアントでしたね、懐かしい

10位の大勝軒も、サンシャインの裏手で

バラック小屋のような店だった当時

もちろんまだ山岸御大がご健在の頃

時々営業中に並んだものでした

9位のビックカメラ、こちらもクライアント

本店の最上階にあった事務所に日参しました

「不思議な不思議な池袋、東が西武で西東武〜」

ビックカメラのこのテーマソング

今でも耳にこびりついて離れません(苦笑)

そして何と言ってもハイライトは11位

大衆酒場と言うテーマで予想通り東口の

美久仁小路にある「ずぼら」が登場

なんと、息子の博さんがインタビューで

当時の思い出などを話されていました

池袋営業所の「社食」と言われたずぼら

営業テリだったボクなどは、昼も夜もココ

当時はまだ1階だけの狭い店内、満席の時は

店の脇に置いてある洗濯機をテーブルにして

立ち呑みしてましたっけ

 

そんな懐かしくも健在な店々がある一方で

西口駅前の公園を始め、オリンピックに向けて

大規模な再開発も着々と進められているようです

池袋に限らず、懐かしい店も風情のある路地も

また一段と姿を消していくんでしょうね

ついこの前まで、えっ?昭和生まれじゃないんだ?

なんて驚いてた平成世代も、もはや30歳

ますますと、昭和は遠くなりにけり、です

 

 



2019.02.17 Sunday 10:43
世間の話題 comments(0)
GW狂騒曲

今朝のNetニュースを拾い読みしていたら

対照的な2つの記事が目にとまりました

ともに話題の中心は10連休と言われる5月のGW

1つは「価格高騰 ハワイ往復50万円」との見出しで

旅行業界の盛況を伝えています

H.I.Sでは前年比3倍の予約状況で、特に人気の

ハワイは既に殆どの予約が埋まりキャンセル待ち

航空券も往復50万円超えだそうです

もう一方は「10連休 揺れる保育所」と言う記事

GWのせいで逆に「10連勤」となりかねない

医療や介護、サービス業従事者のニーズに

保育所や統括する自治体が対応に追われています

子供を預ける側はもちろん、園のほうも

スタッフの確保や人件費の問題もある上に

働き方改革の絡みで園スタッフの休みも確保すべき

という中で難しい調整が続いているとの事

 

あるマスコミの調査では6割以上が「迷惑」との

回答もあるという今回の唐突な10連休

1年で一番価格が高騰する時期に

100万、200万かけても海外に行ける人や

10連休しても月収が減らない人はともかく

前述の通り、医療やサービス業従事者のように

逆に休みが無く過大な負担を強いられる方々や

非正規雇用で収入が激減してしまう層などに

とっては確かに迷惑以外の何物でもありません

Jrと同い年の友達のママさんも

「10日間連続で学校も会社も休みで家族全員が

  3食食べるなんてもう考えただけでゾっとする」

と嘆いておられました(笑)

山ちゃんをはじめ、常連で店をやってる連中も

この話題になると溜息しか出ないのは

どちらかというと、GW期間中が皆遠出する事で

ヒマになってしまうだけでなくむしろ

その後の「反動」が大きい事を懸念するようです

要はGWで大きな支出をするため

必然的にその後に財布の紐を締める人が多いと

うちの店は、毎年GW中は可もなく不可もなく

また、日頃ご来店頂くお客様にとっても

嗜好品と言うより日配品に近い位置づけのためか

さほどプラスもマイナスの影響も無いほうですが

それでもやはり、連休後は多少反動を感じます

ましてや飲食業のように機会喪失となる業種は

影響が大きいんだと思います

結局、経済効果なんて観光業や旅行業中心に

非常に限定的なんではないかと

国も無責任に10連休!なんて決めるだけ決めて

前述の休日保育拡充の問題のように

施設や保護者任せにするのではなく

少しはこういった「被害者」の方々の事も

考慮して欲しいものです

 

 

 

 

 



2019.02.14 Thursday 09:46
世間の話題 comments(0)
International Guidelines For Problem Solving

先日Netで目にしたこのイラスト

実は、5年くらい前でしたか

海外のサイトで話題になったものなので

ご記憶の方もいらっしゃるかもしれません

PROBLEM SOLVINGすなわち問題解決の方法を

世界各国、国別に表したものなんですが、実に秀逸

 

 

 

まず、なるほどと思わせるものを挙げますと

ドイツは他国よりもSolution=解決までが短い

すなわちスピーディ且つ厳格に問題解決に取組む

アメリカも、飛行機で表現されているように

スピード+コストを惜しまずに解決に向かうという

意味のようで、中々好意的に表現されてます

まあ、現在のドイツはメルケルさんの求心力低下で

中々こうは行かないようではありますが

他ではスイス、国民投票が大好きなお国柄らしく

解決ではなくAnswerとなってるあたりも注目

ベルギーは周知のように多民族・多言語国家で

特に南部と北部が事あるごとに対立しますので

解決したとおもったらまた蒸し返されて問題発生と

フランスもなるほどって感じですよね

すぐにデモが起きてその結果problemが

さらに悪化するという、まさに現マクロン政権下の

gilets jaunes問題がそれを象徴しています

同様に国情を現しているのがギリシャでしょうか

問題が発生したらClosedっておい!

ちょうどこの当時でしたか、深刻な経済危機に

陥りつつも、国民の1/4が公務員のためなのか

まるで当事者意識を感じられなかったですねえ

でもってわが国日本、問題発生するとすぐに

有識者会議などと称してわらわらと人を集め

あーだこーだ議論して結局何も解決しないと(苦笑)

表を見るとProblem→Problemになってるあたり

悲しいかな、よく日本の現状を物語っています

で、笑えるのがロシア、問題発生したらその元凶を

逮捕して解決!いやこれ、必ずしも逮捕されるのが

本当に張本人とは限りませんし、むしろ

スケープゴートって場合のほうが多いんじゃねと

つか、イラストでは手錠になってますけど

逮捕されてそのままデリート…う〜ん、おそロシア

そして中国、問題そのものを無かった事にする(笑)

そう言えばかつて高速鉄道の大事故の際に

事故車両そのものを地中に埋めるなんて事が…

そして個人的に好きなのがアイルランド

問題発生→ビール飲んじゃえ!(おそらくギネス)

1杯・・2杯・・3杯・・あれ?

なんか問題が霞んでよく見えねぇ

フィンランドも同様で、ウオッカ呑んで

呑んで呑んで呑んで・・・フェイドアウト

ジャマイカも笑えますね

問題発生→マリファナ?吸って→No Problem Men

は?問題ないぜメーン(笑)

 

ちなみにこの秀逸なイラストの作者は

フランス人デザイナーのJérôme Vadonさん

(ご自身のFBに原版が記載されてます)

やっぱりフランス人てこういうの上手、と言うか

センスありますよね(皮肉が効きすぎとも言いますが)



2019.02.10 Sunday 07:59
世間の話題 comments(2)
新聞崩壊

先日netのコラムで読んだこの話題について雑感

毎年1月に日本新聞協会が発表するデータによると

2018年は前年より223万部減少(14年連続の減少)

下落幅も過去最高で、ついに4000万部を割り込み

ピーク時の1997年より3/4に落ち込んだそうです

で、以下このコラムの内容を簡単に要約すると

新聞社の収益構造は購読料と広告収入5:5で

購読料は販売店網維持コストへ→広告収入が命綱

部数減で広収単価下落している上に

ネットによる効率の良いターゲティング広告等の

台頭により、ますます広収が減少し経営を圧迫

新聞のネット、デジタル化がすすむとこちらも

購読料は変わらなくても、広告収入は減少し

欧米同様に、日本の新聞社も経営が成り立たなく

なってしまうという内容でした

まあ新聞がオワコンって話しはもうずっと

言われていることではありますが

コラムの後半で著者が言うには

コスト削減は必至だが新聞社のコストは

大半が人件費のため、そこのメスを入れると

優秀なジャーナリストが育たない

それは日本において真っ当なジャーナリズムが

姿を消してしまうことを意味する

紙の新聞を読めとは言わないが

日本のジャーナリズムを守るため

国民が真剣に考える時期ではないだろうか

だそうです

 

は?って思ったのはボクだけではないようで

このコラムには既に多くの批判が寄せられて

いるようですが、当然だと思います

まず第1に、それ新聞社に限らずこれまで

時代の流れや特に近年のIT化の影響で

多くの業種、業界、企業が危機に直面し

それを乗り越え、あるいは淘汰されてきた訳で

まず自らの自浄努力、抜本的構造改革ありきでしょと

なぜ「国民が」考えなければいけないのかと

だいたい消費税の軽減税率対象に

唐突に新聞が対象になってること自体が

まったく納得いきませんし、これって

業界を国民の負担でささえろって話ですよね

それからもう一つ、真っ当なジャーナリズムって

言いますが、始めから結論ありきで世論誘導

さらには偏向報道が横行する今の新聞に対して

国民が負担に納得できるのでしょうか

 

もちろん、権力者の横暴に目を光らせる

ジャーナリズムの存在の必要性は認めますが

下落を続けたこの20年間に果たして

購読料や広告収入の落ち込みを嘆く以外に

どれだけの改革を模索してきたのかと

疑問を感じざるを得ないです

 

ちなみに新聞社と言えば同時にテレビの方も

先行きは非常に厳しいのではないかと

最近の若者は、固定電話や新聞に続き

本当にもうテレビを持たなくなったと聞きます

いや、さすがにテレビは、なんて言ってると

こちらもそう遠くない将来、ドラスティックな

変革を迫られるような気がしてなりません

 

 

 



2019.01.26 Saturday 12:37
世間の話題 comments(0)
<< 2/68PAGES >>