一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
花金

Netのコラムにこんな調査結果が載っていました

「もっとも飲みに行きたくない曜日」

まあ、ご明察どおり1位はダントツで月曜日で

およそ70%の支持を集めました

で、なるほどなと思ったのが2位の金曜日で約15%

3位の火曜日以下は6〜3%でダンゴ状態なので

金曜日と答えた方がそれなりのシェアと

明確な根拠をもっていることがうかがわれます

いわゆるブルーマンデーの月曜に関しては

理由を探るまでもありませんが

通称「花金」英語でも「TGIF」なんて言われる金曜日は

逆に、週末前の最もテンションUPする日に

飲み会、特に会社の集まりなどで貴重な時間を

潰したくないということなんでしょうね

お酒を飲まない方が増えている影響もあるかも

しれませんが、酒好きの方にしても

せっかくの金曜に会社の飲み会は勘弁してってのも

すごくよく分かります

あるいは週末に早朝から出かけたいから

金曜日は早く帰って休みたいといった理由も

あるかもしれませんね

一方で山ちゃんに毎週月曜日呑みに行くと

こちらはいつも満席、山ちゃん自身も

ウチは月曜日が一番忙しいと言います

まあ、ボクやTさん、Iさんのように月曜日が休み

あるいは休前日って常連さんが多いことや

そもそも曜日関係なく毎日来るヨコさんなど

さらにはもう、毎日が日曜日って人も多いとかw

山ちゃんのお客特有の事情もあるかもしれませんが

ただ、山ちゃんはじめ烏山のような地場飲食は

木金が結構ヒマって声も昔からよく耳にします

週末前は会社系の飲みが多いから、オフィス街や

繁華街は賑わっても、烏山のような地場系はダメと

ただ、この調査結果を見ると、それだけが理由では

無くなってきつつあるのかもしれません

 

個人的には、曜日よりはなんと言っても飲む場所

なにせ地元で19時まで仕事しているので

それから都心に出るってのはもうどうにも億劫だし
時間的にも20時すぎから途中合流になってしまうと

言うのもあって、今ではほとんどそんな機会も無し

そもそも、やっぱりなんだかんだそうした飲み会は

金曜日が多く、こちらは週末が一段と朝早いってのも

ありますから余計に足が遠のきます

逆に地元だったら、22時まで飲んだって23時には

床に入れるので、まあ毎日だっていいんですけどね(笑

そこは一応健康面と経済面を考えて自重

せいぜい週2回位の山ちゃんと、後は家呑みで

ほんとは健康面を考えたら家呑みも少しは

自重した方がいいんですけどね、せめて週1くらいは

休肝日を作ったほうが・・・

 

 

 

 

 

 

 



2018.11.11 Sunday 11:19
世間の話題 comments(0)
祝 HAWKSシリーズ制覇

広島に戻ってどうかなと思いましたが

終わってみれば昨夜がシリーズで1番の完勝だったかと

シーズン中、HAWKSの試合はほとんど観てますが

バンデンハーク、昨日は今年1番のピッチングかも

ストレート、変化球ともにカンペキでした

 

まあ、正直言って2位からの日本一ってのは

依然としてスッキリはしませんし

特に優勝した西武さんには申し訳ないですが

パリーグの強さを見せつけたってことで

ライオンズ選手・ファンの皆さんに

少しは溜飲を下げて頂けたかと

 

それにしても、怪我人続出で戦力半減の中

しかも先発の駒数が足りていないにもかかわらず

敢えて完投能力のある武田と石川を

従来の中継ぎにとどまらない「第2先発」という

新機軸でシーズン後半からシリーズを見据えて

準備していた監督の戦略はお見事でした

そして何と言っても、MVPに輝いた甲斐

シリーズ通して盗塁阻止率100%は圧巻でしたが

これについては、元侍Jの捕手だった里崎が

「セリーグとパリーグのレベルの違い」を指摘

セリーグ1位の盗塁数で機動力野球を標榜する

広島カープですが、実はその1位の盗塁数って

パリーグではなんと5位なんですよね

パ1位の西武は広島の約1.5倍の盗塁数

それだけどの球団もガンガン走ってくる環境で

投手もクイックや牽制技術に磨きをかけている

甲斐キャノンの肩だけではないよってお話でした

まあ、「人気のセ・実力のパ」って昔から言いますが

事実これで日本シリーズはパリーグの6連覇

交流戦も毎年圧倒的にパが強いですし

セリーグも、そろそろ意固地になるのはやめて

DH制くらい導入してはどうかと

 

それにしても・・・シーズン終わってしまいました

日米野球やFA組の移籍話など、それなりに話題も

ありますが、来春の開幕が早くも待ち遠しいです

ああ、そうだ、HAWKSファンクラブの継続手続き

忘れないようにしなければ

 

 

 

 



2018.11.04 Sunday 10:49
世間の話題 comments(0)
ギータ最高!

劇的な結末でした@日本シリーズ第5戦

ドラマか映画のようなギータのサヨナラアーチ

お立ち台でインタビュアーに今の気分はと聞かれ

開口一番「疲れてます」と言ってましたが

これ、ホント正直な気持ちが吐露されたんだなと

 

なにしろ満身創痍のHAWKS

今年は開幕からサファテに岩嵜という抑えの

二枚看板を欠き、シーズン中も怪我人続出

そしてこのシリーズに入ってからも

中継ぎのキーマン石川、あげく昨夜はデスパイネ

まあこれだけ主力を欠いてよくここまで来ました

当然残った選手への負担、特に中継ぎ投手陣には

シーズン中からの疲労も相当に溜まっているはず

7戦、場合によっては8戦までもつれれば

圧倒的に分が悪いだけに、本拠地3連勝で王手を

かけたのは本当に大きかったと思います

ただでさえ明日からはまたアウェーの広島球場

敵地と言うだけでなく、なんと言っても

指名打者が使えないですからね

明日の先発はバンデンでしょうか?

いずれにしてもまた中継ぎフル動員は必至

当初は、最終戦までもつれて少しでも長く

シリーズを楽しみたいなんて気持ちもありましたが

1試合でころっと流れが変わる短期決戦

なんとかこのまま一気に明日決めて欲しいものです

 

 



2018.11.02 Friday 08:40
世間の話題 comments(0)
日本シリーズ開幕

待ちに待った日本シリーズがこの週末に開幕

緒戦は本当にいい試合でした

引き分けたものの、野球、特に守りの面白さを

久しぶりに実感できましたよ

両軍ともに中継ぎピッチャーが全員ほぼ完璧!

特にHAWKSはもう、武田以降はなんと言うか

引き継いだイニングを絶対にゼロで次につなげる

そんな気迫を感じましたし、甲斐キャノンも

その後の高谷の捕殺も素晴しかった

まあ…期待した昨夜の第2戦は完敗でしたが(涙

明日からは地元3連戦で巻き返し

優勝した西武、辻監督の涙を思い出して

ライオンズの分まで頑張って欲しいものです

 

それにしても、同時進行で期待して観ていた錦織クン

なんだかすっかりSilver Collectorの

ありがたくない称号を頂戴しそうな今シーズンです

いや、まあ怪我からの復帰を考えれば

文句なしの復活とも言えるんですけど

でも、ここまで来たらやっぱりTour Final出場

ぜひとも果たしてもらいたいですねえ

 

 

 



2018.10.29 Monday 10:10
世間の話題 comments(0)
吉祥寺栄枯盛衰

昨日ふと目にとまった東洋経済ONLINEの記事に

「モノが売れない!吉祥寺に起きている異変」

とあって、読んでみました

なんでも、この20年間で小売業の売上げが

半分近くまで下落、かつては東京都平均を

3,000万円も上回っていた1事業所あたりの

年間売上も、今では都の平均を大きく

下回っているんだそうです

さすがにそこまでの凋落ぶりは想像できなかった

ものの、今も時折休日に吉祥寺に行っていて
ある程度このデータ、頷けるところがあります

昔は吉祥寺って、小規模の個性的な店が

沢山あって、そんなお店を巡るのが楽しみでした

輸入雑貨、アメカジの古着、古本などなど

飲食系も古き良き喫茶店に老舗店

個人経営の美味しいお店も沢山ありました

けど近年、特に北口はサンロードなどメインの

通りはもとより、東急裏一帯や中道通りなども

そうしたお店が訪れるたびに姿を消し

代わって出来るのは、どこにでもありそうな

資本臭のするつまらない店ばかり

ハモニカ横丁などはその象徴とも言えますし

ペニーレーンも、John Henry's Studyや

SCRATCHなど、2階・3階にあるいくつかの

名店はかろうじて頑張っているものの

路面店などはしょっちゅう店が入れ替わってます

ボク自身も今では吉祥寺に行っても

本屋と山道具や位しか楽しみが無くなってしまい

段々と足が遠のきつつあります

 

記事でも指摘の通り、一番の要因は家賃の異常な高さ

ご存知のように吉祥寺の、特に北口の駅周辺は

ほとんどが4つのお寺の所有地で大半のビルは

借地料を払った上でテナントを誘致しているため

そもそもの賃料が高いのに加えて、近年はさらに

不動産ファンドの暗躍などもそれに拍車をかけてます

そう言えば、ボクもCafooをやる時点で

ちょっと吉祥寺は候補地にしていて

何度か物件を見に行ったことがありましたが

路面はおっそろしく高くて断念した記憶があります

と言うか、それ以前に90年代前半、求人誌の営業で

吉祥寺には3年ほどおりましたが、その当時から

店舗設備が古くなっても大規模改修に多額の費用を

かけて、尚且つ家賃を払ってまで続けられないと

経営を断念するクライアントを多数見て来ました

まあ、吉祥寺に限らず、魅力的だった街・商店街が

「再開発」という名の下にどんどん劣化するケースは

東京中で枚挙に暇がありません

もちろん、スマホの普及とネットショッピングの

影響も多大にあるんでしょうけれど

先日久しぶりに訪れた神楽坂しかり、吉祥寺しかり

個人的にはやっぱりこうした街歩きと

思わぬ掘り出し物に出会う楽しさは

やっぱり失いたくないなあと思います

特に吉祥寺は、地元から近いだけでなく

学生時代の4年間、リーマン時代の3年間をすごし

格別思い入れのある街だけに寂しさもひとしお

何とかこうした劣化の潮流には

歯止めをかけて欲しいものです

 

 

 

 

 

 



2018.10.26 Friday 10:16
世間の話題 comments(0)
ツバキ文具店

先週、久しぶりにベルリンから糸さんが

こちらでのお仕事絡みでお帰りになりました

しばらくチョンガー暮らしだった水谷さんも

お独りの間はそれこそ毎日ご来店頂いてましたが

糸さんが帰国された途端にパッタリ(笑)

そんな糸さんの昨年の作品でTVドラマ化もされた

「ツバキ文具店」、この夏文庫化されて

先日も経堂コルティの三省堂に立ち寄った際

大きなPOP付きで大量に平積みされてましたが

なんとフランスでも翻訳本が発売されたそうです

 

いわゆるペーパーバックですが、素敵な装丁です

タイトルはそのまんま、LA PAPETERIE TSUBAKI

へぇ〜と思ったのが本に付いている「帯」

そっけないペーパーバックが主流のフランスでも

日本のような帯があるんですね

で、面白かったのがこの帯に書かれている内容

8万部販売した「食堂かたつむり」著者による(作品)

とあるんですが、糸さんのデビュー作にして

映画化もされたこの「食堂かたつむり」

仏語版はこんなタイトルだったんですね

LE RESTAURANT DE L'AMOUR RETROUBE

直訳すると「失った愛を取り戻したレストラン」

まあ日本でも、欧米の作品、特に映画なんかは

原題と邦題がまったく違うことはよくありますが

ふと思ったのがこれ、お国柄の事情も?と

だって、前述のツバキ文具店みたいに直訳したら

LE RESTAURANT DE L'ESCARGOT

ですよね、多分

エスカルゴがポピュラーな食材のフランス人には

このタイトル、ただのエスカルゴ専門店みたいに

とられちゃうんじゃないかと(笑)

ホントのところはどうなんでしょうか

帰国中に糸さんにお会いしたらぜひ聞いてみよっと

 

 

 



2018.10.20 Saturday 11:56
世間の話題 comments(0)
酒税雑感

Netで「若者の酒離れ、本当の理由とは?」と言う記事を

拾い読みしていて、改めて酒税についてちょっと疑問が

記事自体は、よくある「若者のナントカ離れ」ってやつで

酒に限らず、車とかCDとか洋服とか

要は年金を始め、様々なツケを押し付けられた上に

非正規雇用の増加で所得の少ない状況の中で

モノが売れないのを若者のせいにする無責任な論調は

辟易とするわけですが、そんな本筋とは別のところで

ビールの酒税についてふれていた箇所があったんですが

日本の酒税が実に歪んでることを改めて実感しました

ちなみに現行では220円@ビール1リットルだそうです

でもって、何故かワインは80円とビールの1/3

つまり、所謂350ml缶のビールには77円の税金を

かけておいて、富裕層が飲む1本数万円のワインには

60円程度ってのは明らかにオカシイ気がします

まあ、昨年の酒税法改正で、後々この税率は少し変わり

ワインの税率は若干上がり、ビールは少し下がりますが

既に周知のように、ビールに関しては発泡酒や第3系が

上がるので、依然としてワインとの格差感は否めず

何しろ価格の約1/3が税金ですからね・・・

その上に消費税まで乗っかるわけですから

本文にもあったように、無くても困らない嗜好品だけに

そりゃ所得の少ない若者が控えるのは当たり前

酒に限らず、タバコ、ガソリン、などなど

要は取り易いところからとる安易なスタンスはまあ

古今東西続いているわけではありますが

だったら消費税上げてこういうイチャモン税は

もっと下げて欲しいものだと思ってしまいます

 

 



2018.09.23 Sunday 11:41
世間の話題 comments(0)
Naomi Defeats Serena for Title!

久しぶりに明るい話題が日本を駆け巡りました

やりましたね、Naomiちゃん

それにしても・・・Gland Slam制覇とは!

当店のお客様にもテニス愛好家の方は多く

昨日はファイナルの話題で持ちきりだったんですが

中でも、学生時代競技テニスで鳴らした方が

こんなことを仰ってました

曰く、彼女は今回絶対に優勝すべきだと

「優勝して欲しい」は分かるんですが「すべき」とは?と

伺ったところ、今年準優勝に終わってしまったら

この先はもう、4大タイトル戦の度に多くの日本人や

マスコミが「今度こそ」と優勝を期待する中で

大きな重圧を背負って戦うことになっていく

その点今年は、BNPで勝ってるとは言えまだ

チャレンジャーの比較的楽な立場で望めますからねと

それと、TOPに立つプレーヤーはこういうチャンスを

1発でモノにする、一気に頂点に駆け上がるんですよと

なるほどなあと思いました

確かに錦織クンも、まさに同じこの全米のfinalで

準優勝に終わって以降、一度も決勝に進めていません

 

彼女の場合何しろまだキャリアも浅く若い上に

何と言っても強力なサーヴという武器があり

伸びしろと言う意味でもこの先が本当に楽しみですね

個人的に女子テニス史上最強は

ナブラチロワ一択だと思ってますが

彼女がこの強力なサービスに加えて

ネットプレーを身に付けたら

ナブラチロワを凌ぐプレーヤーに!

なんてのも夢ではないかもしれませんね


それにしても…錦織クンにも決勝まで行って欲しかった

しっかしジョコには勝てませんねえ

もうこれ、天敵ってレベルじゃないでしょと

 



2018.09.09 Sunday 08:55
世間の話題 comments(0)
50年前の夏は

連日異常な猛暑が続きますね

先日ネットの話題で

「オレ達の時代はクーラーなんて無かったんだから」

と言うお決まりの台詞で甘えてると言われた

受験生だったかな?が、そのご高説をたれた輩(60歳)が

受験生だった42年前の天気を調べたら案の定

今より全然気温が低かったって話がありましたが

へえ〜っと思って試しにちょうど50年前

1968年の東京の7月の気温を調べてみましたところ

30度超は9日間、それもほとんど30度〜32度くらい

(月間最高気温は32.3度)でした

ちなみに今年の東京の7月は21日現在で

30度を「超えなかった日」が3日間だけです(苦笑)

平均気温も32.6度(50年前は28度で4.6度も違う!)

確かに、50年前と言えばまだ自分は5歳でしたが

当時は家庭はもちろん、電車にもクーラーなど無い時代

でも、これだけ気温が上昇してしまった現代

学校にもクーラーは必需品ですし、日中の運動は

もはや危険なレベルってことがよくわかります

データを見ていてもう一つ感じたのが

昔は日中暑くても、朝夕には気温がぐっと下がってます

ここも大きな違いですよね、そう言えば夜になると

網戸でも涼しい風が入って来ていたし、寝苦しいなんて

こともあまりなかったような記憶があります

だいたい「夕涼み」なんて美しい言葉も

今じゃほとんど死語ですしね

7月もまだ10日近くありますが、予報を見る限り

前述の平均値、上がることはあっても、まあ下がらんでしょう

いったいいつまでこんなのが続くのやら・・・

 

おまけ

その50年前の花王さんのシャンプーの広告が衝撃的でした

「夏の髪は汗や脂で汚れやすく不潔ですから

  五日に一度は洗いましょう!」

 

 

五日に一度て・・・



2018.07.22 Sunday 14:42
世間の話題 comments(0)
フランス優勝

終わってしまいましたね・・・Coupe du monde2018

(優勝に敬意を表してWorld Cupもフランス語表記で)

 

と言っても、決勝、3位決定戦ともに途中で寝オチしました

次は4年後、カタールですか・・・暑そう

今日のフランスはとんでもないことになってるようです

仏語の勉強を兼ねて、訳してみました(テキトー)

フランスサッカーチームの2度目の栄誉を祝うため

エリゼ宮やエトワール広場の周辺は狂乱と歓喜が

サポーターやファンの人々を覆いつくしている

 

ところで同じ日、ウインブルドンのほうは

結局ジョコの復活優勝でした

だけどこれ、もしイングランドが決勝進出してたら

大変なことになってましたね

 



2018.07.16 Monday 17:28
世間の話題 comments(0)
<< 2/67PAGES >>