一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
ミルメーク50周年

今朝のNet newsで知りました

50周年と言う事はもとより、製造元が名古屋の会社ってことも

その前身が製薬会社であることも初耳でしたが

何より、脱脂粉乳のほうが牛乳より栄養価が高く

その補完のために作られたというのも驚きました

newsによると、発売された1967年がちょうど脱脂粉乳から

牛乳へ移行する過渡期であった事が背景にあるとのこと

そう、確かに63年生まれのボクはギリギリで

脱脂粉乳を免れた(笑)世代なんですよね

呑み友と時折給食の話題になると、先輩方は口を揃えて

「マズかったんだよなぁ、脱脂粉乳」と仰います

 

懐かしいなあとは思いますがこのミルメーク

当時魅力的なモノだったかと言うと、どうだったかなあと

記憶にあるのは何しろ粉末が溶けにくい上に

牛乳瓶の口が小さく、先割れスプーンが突っ込めず

仕方なくスプーンの柄のほうでかき回すものの

半分位は瓶の底に溶け残ってたってことくらいです

フレーバーも今はイチゴにココア、バナナ、メロンに

抹茶きなこなんてオシャレなものもあるようですが

当時はコーヒー味オンリーでしたねえ

それにしても、今も学校給食の場で現役だったとは!

後で早速Jrに聞いてみますか

 

先割れスプーンの話で思い出しましたが

そういえば時々給食で登場した瓶のヨーグルトも

すっげー食べにくかったなあと

 

 

 

 

 

 

 



2017.02.25 Saturday 11:30
世間の話題 comments(0)
エンゲル係数

先日のニュースで、2016年のエンゲル係数が25.8%と

4年連続の上昇、かつ1987年以来の高水準となった事を知りました

家庭の支出全体に占める食費の割合と言う事で

一般的には暮らしが豊かになるにつれ数値が下がると言われている

エンゲル係数ですが、支出の1/4を食費が占めるという状況は

未だ不況から抜け出せないこの国を象徴しているような気もします

ニュースでは上昇の大きな要因として

・円安や天候不順などによる原材料含む食品の価格高騰

・消費全体の抑制に伴う食費比率の上昇

・共働きや単身高齢者の増加に伴う外食・中食の増加

などが挙げられておりまして、どれも成程そうだろうと思いますが

個人的にはその中でも、消費全体の抑制が大きいのかなと感じます

家計簿をつけていない上に、食材や雑費などはボクと家人で

各々必要に応じて支出しているので、はっきりとは言えませんが

我が家のエンゲル係数はかなり高いというのが実感です

と言っても外食はほとんどしないですし

所謂デパ地下などの惣菜系は高い割りに?が多くほぼ無縁

その代わり生鮮や調味料などはスーパーで買ったりせずに

きちんとした個人店でそこそこのモノを買ったりしているのと

ああ、酒代はアカン・・・第3のビールやホッピーにキンミヤと言えど

毎日の酒量を考えるとここが一番大きいかもしれません

まあ、それでもグロスとしてはニュースで報じていた

7万3,000円(2人以上の家庭)なんておよそいかないと思いますが

ただ、それ以上に消費支出総額が多分かなり低いので

食費の割合=比率としては多分30%は確実に超えてると思われ

ただこのエンゲル係数の上昇、個人的には悪い事じゃないと思います

いや、長期的日本の経済にとってはダメだんでしょうけど

けど高度成長〜バブル期の作っては消費という時代ではありませんし

一方で「食」は健康・文化など様々な側面でも大切なもの

それに、前述のニュースで節約志向の高まりとは言ってましたが

やはりそれだけではツマラナイしどこかで少しガス抜きしたい

その意味では日々の「食」に少し位贅沢をしてもいいんじゃないかと

 

で、つらつらとまとまりの無いことを書いてますが

例えばコーヒーも、美味しいお豆を買って自宅で楽しみましょうと

外で1杯4〜500円支出するのと違って自宅なら贅沢と言ったって

その1/10で済みますよと、まあ、それが言いたかった訳です(笑)

 



2017.02.20 Monday 09:53
世間の話題 comments(0)
また東京五輪で問題発覚

昨晩の報ステで知ったんですが、東京五輪のゴルフ会場になっている

霞ヶ関CCの会員規約にある「正会員が男性のみ」という一文が

五輪憲章の精神に反するとIOCから注文が入ったという一件

まったくもって実にくだらない話だなーと思います

番組でゲストの女性コメンテーターの方が

これは単純に男女平等問題で議論する問題では無いと言ってましたが

それはもう本当にその通り、けど伝統を論拠に例として大相撲を

挙げていたのはちょっと違和感、と言うか疑問に感じました

 

霞ヶ関CCと言えば、その設計には日本ゴルフ史に残るレジェンド

赤星四郎氏や名設計家として名高い井上誠一氏が携わった

超の付く名門で、我々のようなダッファー庶民には無縁のコース

同時にここはもちろんいわゆる「プライベート」コース(クラブ)です

対になる「パブリック」コースと言う言葉があるように

純粋なプライベートクラブである以上、時代がどうであれ

女人禁制を規約で唄おうがまったく問題無いわけで

これは前述のような「伝統」と言う話を持ち出すまでも無いと思います

もちろんゴルフがかつて英国で、かーちゃんたちの目を盗んで

集まったオトコ共が興じたスポーツ(遊び)だったことや

ゴルフ場だけでなく酒場しかり、こうした場が女人禁制だったことは

ある意味「伝統」なのかもしれませんが

と言うか、東京都?組織委員会?は会場の選定に当たって

こんなこと分かりきっていたはずなのに、何を今更って話なわけで

霞ヶ関CCの理事さんが困惑してると仰ってましたが

まったくもって同情を禁じえません

もちろん、あのMASTERSで有名なオーガスタが近年になって

女性の正会員を認めたように、理事会で規約を改定するなら

それはそれで良いと思いますが、あくまでそれは会員の皆さんの意思で

決定すべき話であって、自分達の杜撰な仕事を棚に上げて

しれっと「要請」などとほざいている組織委員会や小池知事や丸川大臣

果ては見当違いのフェミニストや女権論者などの「外圧」に屈すること無く

毅然として、あるいは粛々と決定されるよう、理事会の方々には

心よりお祈りする次第です

稀代の名ゴルフエッセイスト夏坂健さんと言えば、ゴルフ史にも精通され

古いイギリスの文献などから、ゴルフにまつわる様々なエピソードを

その洒脱な名文で紹介されていた方ですが、かつて読んだ1冊の中に

英国のゴルフクラブの理事会議事録での出来事として

「女性競技者より、コース内に女性用トイレの設置を求める

126回目の(数はうろ覚え)提案がありましたが

満場一致でこれを否決いたしました」

という実話を紹介したエッセイがありました

念のため誤解無きよう注釈しますとこれ、女性差別といった話ではなく

既に当時から、オトコたちはわずかに残された自分達だけの

サンキュチュアリを守るのにそれだけ必死だったという

いわば悲哀に満ちた、ささやかな抵抗を物語るお話だったと言う事です

ちなみに現在も、英国には正会員は男性のみと言うゴルフクラブは

掃いて捨てるほどありますし、もちろん日本も然り

 

それにしても健さんがご存命でしたら、このたびの一件、

さぞかし慨嘆されたことと思います

いや、あの人だったら都庁に怒鳴り込んでるかもしれませんね(笑)

 



2017.02.04 Saturday 12:14
世間の話題 comments(0)
白金懐炉

昨日のエントリの続き的な話題なんですが

一昨日、いつものように閉店後cafe RASHIKUさんへ納品に行き

店長やスタッフの方と雑談をしていたときのことです

RASHIKUさん、建物が古いことや天井が高いこともあり

エアコンの効きが今一つってことで、真冬の寒い日は

灯油ストーブを使ってるんですが、そんな話題から

件の湯たんぽ、さらには炬燵、電気あんかなどなど

結局昔から使われてる暖房器具の方が温かくって良いですねって

話になった際にボクが懐炉も挙げたところ

お二人とも懐炉=使い捨てカイロだと思われていて

いわゆる白金懐炉の事はご存知ありませんでした

お二人ともお若いですし、今は便利で簡単な使い捨ての方が

圧倒的に普及していますから無理も無いんですが

もちろんこの白金懐炉(白金触媒式懐炉)もバリバリ現役です

ベンジンやジッポオイルを使うので面倒だとか危険といった

イメージが付きまとうのかもしれませんが

繰り返し使えるし24時間持続、それに温かさも断然違います

ご年配の方には愛用者も多いと思いますし

山屋さん、特に冬山をやる方にもファンは多いんですよ

それにこのクラシカルなフォルムがボクも大好きです

ちなみにこれ、ベンジンを使って点火すると言っても

ベンジンを燃やしているわけではなく

あくまでプラチナの触媒作用による気化熱を使っているので安全

お値段も確か3,000円位だったと思います

今日は随分と気温が上がるようですが、まだこれから2月

東京は2月、あるいは3月だって雪が降るかもしれません

使い捨ても便利ですが、環境にも優しい白金懐炉

皆さんも使ってみてはいかがでしょうか

 

 

 



2017.01.30 Monday 12:14
世間の話題 comments(0)
最強防寒グッズ

齢を重ねる毎にすっかり寒さに弱くなって来たワタクシ

若い頃は逆で、寒さは服を着れば凌げるけど

暑さは裸になっても耐えられないという謎理論を展開してました

けれど40代の頃から冷え性になってしまい

冬場は寝るときも靴下は欠かせないし、手荒れはヒドイし

数年前から坐骨神経痛にも悩まされるようになってしまいましたし

そんな話をすると周囲からは「え?厳冬期の冬山に行くくせに?」と

突っ込まれますが、まあ、それはそれ(苦笑)

 

で、我が家の寝室は北側に面しているんですが

そのせいか、冬場はもうホントに極寒なんですね

ただエアコンの暖房がすごく苦手な上に

暖気はどうせ上に溜まって布団を暖める効果は少ないので使用せず

唯一の暖房器具は家人が昔購入した小さな湯たんぽのみだったんですが

先日コーヒーを取りに来たショコラティエミキさんから

超オススメと教えていただいたのがこちら

「レディース&ベビー湯たんぽ2リットル」

 

なぜベビーかと言うと、グリーンの部分とタンクの間は空洞で

直接足などがふれても大丈夫な、いわゆる低温火傷対策が施されている

ということのようなんですね、まあ、レディースはよくわかりませんがw

オススメ頂いたその日に尼でポチって早速昨晩から使用してみましたが

これがスバラシイ!実にいいんですよ

就寝の数時間前に2リットルのお湯をタンクに入れて

カバーはせずに布団の中に放り込んでおいたんですが

寝る頃にはもう布団の中がポッカポカ

カバーを付けて足元ぬくぬくで昨晩は快眠を貪ることが出来ました

およそ10時間以上経過した朝も、もちろんまだ温かさはそれなりに持続

そう言えば昔は朝起きたら湯たんぽのお湯で顔を洗ったねえなんて

話をしたら家人に怪訝そうな顔をされました

ええ、昔は、洗面所で蛇口を捻ればいつでもお湯がでるなんて便利な

時代ではありませんでしたからね(遠い目)

お値段も1,500円前後とまずまずお手頃ですし

これ、スタンド式と言うか、立てて置くことができるので場所もとらず

これなら2つ買っておけば良かったなあと

足先の冷えに悩まされていたボクにとってはなんともありがたい湯たんぽ

毎晩寝室に入るのが憂鬱でしたが、これからは楽しみになりそうです



2017.01.29 Sunday 09:39
世間の話題 comments(0)
Krispy Kreme Doughnuts1号店閉店

最近は大量閉店ばかりが話題になっていたKKDですが

フラッグシップの新宿南口サザンテラスの1号店までもが

年明け早々に閉店することが決まったとのこと

ちょうど10年前の12月にOPENしたんだそうですね

おそらくそのOPENから半年ぐらい経った頃ですか

まだ赤ん坊のJr連れで新宿に出かけた際に

家人が買物をしている間の時間つぶしに並んで買ったなあと

ってか、もしかするとここのドーナッツを食べたのは

後にも先にもそのとき限りかも、いや、もう1回位あったかな

美味しいは美味しかったような記憶もありますが

何しろそれよりも、脳天に突き刺さるような甘さに衝撃を受けた

印象しかないんですよねえ(苦笑)

 

アメリカでは食事、とくに朝食の定番でもあるドーナッツ

ビジネスマンが朝オフィスでコーヒー片手に齧りつくシーンを

ドラマや映画でも度々見かけましたが

日本ではどちらかというと「スイーツ」と言うカテゴリー

パンケーキ然りベルギーワッフル然りポップコーン然り

日本ではスイーツの流行り廃りが早いですからね

ミスドは頑張ってると思いますが、それでもここ数年は減収減益

一時話題になったCVSのドーナッツも苦戦続きで

すっかり売場が縮小されているみたいですしね

やはり日本人にとってドーナッツそのものがあまり受け入れられないのか

 

そう言えばそのKrispy Kreme Doughnuts

なぜCrispyでもなくまたCreamではないのか、当時不思議に思ってましたが

いまだにその謎が解明されてません(笑)

 



2016.12.17 Saturday 11:32
世間の話題 comments(0)
Hot stove league

シーズンもドラフトも終わりましたが、まだまだアツいプロ野球

それにしても・・・連続V逸のジャイアンツ

ここ数年がわりかしおとなしくしていたと思ったんですが

とうとうブチキレ、お家芸の札束攻勢が始まりましたねえ(笑)

既にハムとのトレードで吉川を獲得したのに加え

FAではベイの山口に我らがソフバンの森福に加えて

ハムの陽岱鋼もほぼ決定、さらには楽天のマギー

でもって大リーグからはメジャーの豪腕カミネロもリストUPとか

いや〜清々しいほどの強奪っぷりでワロタ

ただし、かつてこうしてジャイアンツに移籍した大物が

実績どおりに働いた試しがないってのも事実なんですけどね

つか・・・森福だけは残留して欲しかったですよ

大ファンのJrも泣いてます

そんな我がホークスですが、どうやらロッテのデスパイネ獲得が濃厚

腰に爆弾を抱えている上に、そもそも4番タイプとは思えないウッチーに

負担をかけないためにも、大砲の獲得は必至と思われてましたが

今や12球団随一の資金力にモノを言わせてロッテから強奪しそうですw

そう言えばムネリンの復帰って話もどうなるんでしょうか

けど二遊間は今宮に明石・本多がいますし、出番無さそうですけど

 

そのほかにも流動的な話やキナ臭い話もまだまだありますし

海外メジャーからの移籍やドラフト入団組も含めると

随分と来期の顔ぶれ、スターティングメンバーは

各球団ガラっと変わる事になりそうで、それはそれで楽しみです

まだまだ開幕は先ですが、春休みはJrとオープン戦でも観にいくかなと

 

 

 



2016.12.09 Friday 13:17
世間の話題 comments(0)
鬼平犯科帳FINAL

金土の晩は、鬼平犯科帳FINALで吉右衛門の雄姿を目に焼き付けました

歴史小説は数多く愛読いたしましたが、池波正太郎の作品は格別

鬼平犯科帳はもちろんのこと、剣客商売や仕掛人梅安に真田太平記等々

全て文庫で読破して古本屋に売り飛ばした後にまた読みたくなって

図書館で借りたりを繰り返しております

もちろんTV時代劇シリーズもしかり、民放放映はもとより

CSの時代劇チャンネルなどで放送している再放送もしょっちゅう観ては

それ、前に観たんじゃないのと家人に苦言を呈されておりました

 

鬼平と言えば、個人的にはやはりこの中村吉右衛門

生前の池波よりかねてから直々に出演の依頼を受けつつも固辞し続け

実年齢が平蔵と同じになったTVシリーズ4作目にして

満を持してこれを引き受けたという逸話は有名ですが

その吉右衛門も72歳になられたんですねえ・・・

今回の作品、既に鬼籍に入られてしまった江戸家猫八さんの彦十や

蟹江敬三さん演じる粂八の姿が見れないことも寂しいですし

さすがに殺陣のシーンなどには往年のキレは無いものの

その圧倒的な存在感は相変わらずでした

江戸中の盗賊を震え上がらせた「鬼の平蔵」の威圧感はもちろん

時折見せるやんちゃ時代の「本所の銕」の無頼さや茶目っ気

それに人情味溢れる優しい笑顔

そして何といっても歌舞伎で鍛え上げたその発声と語り口

吉右衛門を置いて他に、もはや鬼平を演じれる役者はいないでしょう

その意味では、そもそも現在男優で時代劇を演じられる人は

もうほとんどいないんじゃないかなあと常々感じます

単に髷や着物が似合うってのはともかくとして

立ち振る舞いや殺陣の旨さ、特に時代劇特有の台詞回しや発声の

条件を満たす男優さんとなると、もうほとんど思い当たりません

梅安も演じている渡辺謙さんくらいでしょうか

まあそもそも、今時もう時代劇なんて観る人がいないだろと

言われてしまえばそれまでかもしれませんし

これからはTVそのものがオワコンになっていくかもしれませんが

 

それはそれとして、個人的にはやはり藤田まことさんの剣客商売に続き

このシリーズも終焉となると寂しい限りです

せめて梅案シリーズはこれからもまた新しい作品を作って

放映してくれないかなあと切望する次第です

 



2016.12.04 Sunday 10:59
世間の話題 comments(0)
トランプ現象の本質

昨晩、いつものようにダラダラとTVをザッピングしていたら

報ステで、アメリカ大統領選に関連してあのエマニュエル・トッド氏への

単独インタビューをやっていて思わず聴き入ってしまいました

トッド氏と言えば、仏の歴史学者ですが何といってもあの

ソ連崩壊やリーマンショック、アラブの春を「予言」したことで有名

今回の大統領選も早くからトランプの勝利を見立てていたようです

何せ例によってキンミヤ焼酎大量摂取後ですので「聴き入った」と言いつつ

こうして1日経つとその記憶は甚だ怪しいものがありますが

非常に印象に残った、と言うか腑に落ちたのが彼の語った

「トランプ現象を単なるポピュリズムで片付けるのは危険だ」との一言

元来トッド氏といえばその著作「デモクラシー以後」などでも

新自由主義、自由貿易の拡大によって不平等・格差が広がり

恵まれたごく一部の超富裕層による支配が

民主主義の原理を崩壊させると警告していたわけですが

このインタビューでも特に深刻な「教育」格差の拡大を懸念されていました

今回の大統領選、いわゆる中間層と言われた人々が認めざるを得なくなった

自身の凋落と経済格差に対する不満から、トランプ支持に走ったことが

よく取りざたされましたし、特に選挙終盤「隠れトランプ」の中心が

この中間層だと指摘されましたが、まさにこうした、これまで自分達は

それなりにうまくやってきたと思っていた中間層がいつの間にか

そのポジションがどんどんと下落していくことに気付き始めたことによる

焦りと不安、不満の矛先がワシントンやエリート達に向けられ

そうした空気を最も旨く嗅ぎ取ったのがトランプだったのでしょう

以前のBlogで今回の大統領選を取り上げた際に、大マスコミやセレブが

こぞって反トランプに回ったことも逆目になったとふれましたが

中間層の不満が、こうしたいわゆるエリート層への反発という形で表れ

結果、トランプの勝利を招いたんではないかと思います

確かにトランプにはポピュリストの側面があるかもしれませんが

トッド氏が言うように、トランプやボリス・ジョンソンの台頭は

行き過ぎた新自由主義への警鐘であり、事の本質は現代の格差社会

特に教育の不平等が生む格差の増大を如何にして解消させるかが

アメリカはもとより、もちろん対岸の火事では無いわが国を含む全世界で

最も重要な喫緊の課題なのかもしれません

 

かつてトッド氏は「民主主義の敵は借金である」とも述べていました

日本はもちろん、先進国全てが抱える膨大な借金というツケを

出来るだけ次世代に負わせないためには、必然的に国民が痛みを負う

必要があるわけですが、そのためにはゆとりと寛容を持って

これを受け入れる社会、すなわち民衆が「有徳性」を持てるような社会を

作っていかなければならないわけですが、同じ報ステのニュースで

年金改革法案をめぐっての与野党の醜悪な争い、特に野党の相変わらずの

荒唐無稽な「パフォーマンス」を見せつけられていると

この国の行く末に暗澹とした気持ちになります・・・

 



2016.11.26 Saturday 11:53
世間の話題 comments(0)
American Dream or Nightmare

昨日はご来店頂いたお客様の間でも大統領選の話題でもちきり

選挙終盤戦の様子を観ていて、トランプが勝つかもなあとは

思っていましたし、Brexitほどの驚きはありませんでしたが

ここまで圧勝とは予想できませんでした

トランプの勝利と言うよりも、むしろヒラリーの自滅といった

感のある今回の大統領選挙でしたが、月曜の深夜番組で

ひろゆき氏も言っていたとおり

「アメリカは確実に悪くなっていて、ヒラリーになったら

 間違いなくもっと悪くなる。それなら(人間的にはアレだけど)

 トランプならもしかしたら」という投票者が多かったかもしれません

ワシントンサイドの人間であることや、メール問題などを抜きにしても

ヒラリーの不人気はある意味トランプのそれとは異質に際立ってましたし

終盤になってトランプ再度の追い上げに焦ったのか

女性蔑視のことばかり取り上げて、言わば同じ土俵で中傷合戦を展開

それと、ハリウッドスターや大物ミュージシャンなどの「セレブ」が

こぞって応援したことも逆に国民の反発を招いた気がします

それで言えば、今回主要なマスコミが全て反トランプに回ったのも

トランプ勝利に大きく「貢献」してしまったのではないでしょうか

日本で大マスコミがこぞって安倍叩きに走った際に

それを嘲笑うかのごとく、衆院選で安倍自民が圧勝したように

もはや大マスコミの失墜、情報・印象操作に対する不審感は世界的潮流

それからもう一つ、あれだけの熱狂で迎え入れられたオバマ政権で

結局何一つ「change」しなかったことへの失望感も大きく影響したかなと

 

まあ、さておき、これでほぼ次期大統領はトランプに決定したわけで

When America sneezes, Japan catches coldと言われる我が国にも

一体どんな影響があるのか、とりわけ国防・経済面は不安も大きいです

また彼がロシアや中国、北朝鮮などに対して一体どんなスタンスで臨むのか

皆目見当がつかず、アジアやEU、中東も含めた国際情勢への懸念も

つか、このヒト政治家・軍人経験の無い初めての大統領なんですよね…

唯一の安心材料は副大統領がマイク・ペンスってことくらいでしょうか(笑)

選挙戦の始まった頃は泡沫候補の一人だったトランプ

果たしてこれはアメリカンドリームなのか、世紀の悪夢なのか

 

 



2016.11.10 Thursday 10:10
世間の話題 comments(0)
<< 2/61PAGES >>