一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
名城探訪

2日目、前夜早々に床に着いたせいか、あるいはもう習慣だからなのか

朝は5時前に目が覚めてしまったので、日の出を見ようと

着替えてテラスへ出てみることにしました

日頃はさほど寝起きが良いわけでもないJrや家人もしっかり起床

って、山のテン泊でもないのになぜなのか(笑)

 

普段は朝コーヒーだけのボクですが、旅先ではガッツリ頂きます

ブッフェスタイルのこちらの朝食は評判とのことでしたが

和洋どちらも美味しく、特にビスクスープは絶品でした

さて、この日は17時名古屋発の新幹線で帰京予定ですが

これもJrのリクエスト、と言っても「洗脳」したのはボクですが

名古屋へ戻ってから名鉄で移動し、犬山城を観に行くことにしました

国宝指定の5城、また現存天守12城の一つでもある犬山城

実は子供の頃からず〜っと行ってみたいと思ってたんですよね

ロケーション的にも、年齢的にも(苦笑)今後もう

中々機会も無さそうなので今回是非にと

 

やや散りかけておりましたが、やはりお城には桜が似合いますね

それにしてもこの犬山城、評判に違わぬすばらしいお城でした

まずこの天守、華美さが無く質実剛健なところやサイズ感もいい

江戸以降のお城と違い、いかにも城砦といった面持ちがあります

残念ながら天守以外は現存していませんが、それでも天守に向かう

登りのアプローチも、平城とは言え、丘の上にあるせいか山城っぽく

いわゆる「城址公園」的な中にポンと天守があるような

観光的な平城とは一線を画しています

そして天守閣に登って裏手を見渡すと、背後は切り立っていて

すぐに木曽川が迫ると言う、天然の要害であることも分かります

Jr同様、子供の頃から歴オタでいくつもお城を観に行きましたが

間違いなくマイベストキャッスル決定、いや、ホント来て良かった!

ちなみにこの犬山城、つい10数年前までは城主の末裔である成瀬家の

個人所有だったんですよね、それもまたオドロキです

 

大満足で犬山を後にし、名古屋へ戻ると15時

いわゆる名店は営業時間的にも諦めていましたが

駅の構内にある「まるや」さんで何とかひつまぶし&ビール

実は名古屋でちゃんとしたひつまぶしって初めてだったんですが

東京の焼いて蒸したうなぎより、香ばしくて食感も好みでした

ただ個人的には、出汁は別に無くてもいいかな〜とも

でもって帰りの車中はもちろん引き続き居酒屋状態

 

どうしても慌しくなる1泊旅行ですが、プランニングしてくれた

家人のおかげで充実した2日間となりました

テン泊山行以外の家族旅行って、考えてみるとJrがまだ3歳位の頃

上高地以来だったのかなと(って上高地も山みたいなもんですがw)

当初は旅行なら、温泉地の旅館でどこにも行かずのんびりがいいなあ

なんて思ってましたが、こうして名所を周る旅ってのも

たまにはいいものだなあと感じました

いや、もちろん山も諦めてはいませんけどね、今年の夏は

 



2018.04.06 Friday 08:27
OFF comments(2)
お伊勢参り

Jr春休み中の連休定休日を利用して一泊で家族旅行に行って来ました

土日祝が休めなため、小学校の長期休みしか家族揃う機会が無いので

Jrに行ってみたいところを聞いたところ、激シブなリクエストが

歴オタとは言え、伊勢神宮とはまた意外でしたね

そんなわけで、早朝の新幹線で名古屋を経由して伊勢へ

春休みとは言え、あまり家族連れで来る観光地ではないためか

それほど人も多くなく、外宮〜バス移動で内宮と参拝

正式名称は地名の付かない「神宮」、国内全ての神社の最上位

そのスケールには圧倒されます

この日は汗ばむほどの陽気でしたが、木々と五十鈴川のせせらぎに

荘厳な社内はひんやりとした空気に包まれています

 

参拝の後は、観光客で賑わう門前町のおかげ横丁を少し散策

ベタではありますが、赤福の本店でちょっと一服も

 

その後はバス移動で、夫婦岩で有名な二見が浦へちょっと立ち寄り

ガイドブックでは美しい夕陽の海岸ですが

引き潮のこの時間帯はちょっと微妙な感じでした

 

ちなみにこういった旅行の段取りは全て家人に「おんぶに抱っこ」

移動距離と翌日の事を考慮の上、それなら一度泊まってみたいと

この日のお宿は鳥羽観光ホテルさん

ロケーションはもちろん、お部屋もサービスもとっても良かったです

つか、テントじゃないとこに泊まるの何年ぶりだろ(笑)

 

夕食は生魚の苦手なJrを考慮してフレンチ

 

外食でフレンチはもっとも苦手で無縁なジャンルですが

ドレスコードも無いリゾートホテルならたまには良いものですね

伊勢と言えば名産の伊勢えびもあわびも時期的には微妙でしたが

まったく文句無く、大変美味しいお料理でした

 

この日は4時起きで出発、神宮をはじめ結構な距離も歩いたせいか

食事を終えて部屋に戻ってからは旅の疲れに

アルコールも手伝ってか、飲酒もそこそこに寝落したのでした

 



2018.04.05 Thursday 11:21
OFF comments(0)
桜散策2018

珍しくドンピシャのタイミングとお天気に恵まれた定休日

Jrが春休みと言うこともあって、日頃家族のお休みが

揃うこことの無い我が家、家人もお休みをとり

親父も誘って桜散策に出かけました

と言っても、毎年恒例の仙川沿いコースですが

まずは駒大グラウンドから川沿いの道に入って祖師谷公園

かつては教育大(現筑波大)の農場だったこの公園も

すっかり近隣随一の桜名所となりました

満開かと思ってましたが、ここは7〜8分咲きくらいでしょうか

橋の袂では、ブレザーにピカピカのランドセルを背負った男の子

お母さんが桜をバックに写真を撮っている姿も

なるほど、今年は例年以上に開花が早くて

卒業式の頃に見頃を迎えてしまっただけに

およそ入学式まではもちそうもないですからね

桜をバックにした記念の写真を撮っておこうということでしょう

そのまま歩を進め、成城大学のあたりでまた桜

ここでは駅方向から常連のNさんご夫婦にバッタリ

なんでもバスで成城学園前の駅に出てランチとお酒を買って

これから祖師谷公園でお花見とのことでした

こちらはそのまま小田急線のガードをくぐり3番目のスポット

東宝スタジオの桜で一旦はGOAL

 

しばし休憩がてら桜を堪能した後は、ちょうどお昼になったので

駅に戻ってお蕎麦屋さんでビールとお昼

バスで先に帰宅するという親父を見送ってこちらは祖師谷へ

プレジールでバゲット、エッセンでサラミにポテサラなど買って

この日は「親父時間」に合わせて17時から酒宴(笑)

〆は窓越しに階下の実家の桜を愛でつつビール&ワイン

 

久しぶりにしっかり歩いた上に、この日は暑いくらいで

しかも昼から呑んでしまったせいか、翌日の早朝仕込みに備えて

20時にはベッドで本を読み始め、数ページで寝落ち

散策の前後は事務仕事に追われたりもありましたが

それでもなんだか久しぶりに「休日」らしい1日をすごしました

このままおだやかな日が続けば、今週末もまだ桜は楽しめそうです

 



2018.03.28 Wednesday 08:17
OFF comments(0)
キーマ失敗

すっかり春の陽気となったこの定休日でしたが

いつにも増して忙しい1日でした

朝、実家と家の洗濯を済ませたら前日のうちに買っておいた

お花を携えて車でお彼岸前倒しの墓参へ

とんぼ返りで車を戻し、チャリで買物や銀行など

帰宅して一息いれたら夕飯の仕度

この日はお馴染みの木須肉(豚肉と卵、きくらげの炒め物)

それと翌日用にキーマカレーを作ったんですが

これが・・・微妙に失敗

不味かったわけではないんですが、何と言うか

カレーと言うより、カレー味のミートソース

ニンジン、タマネギ、ニンニク、生姜を炒めて挽肉を混ぜ合わせ

コンソメとダイストマト、そしてカレー粉にマンゴーチャツネを入れて

煮込んだんですが、甘みが思いのほか強くなった一方で

スパイス感と言うか、カレー感が弱い・・・

結局翌日に家人が修正してくれたので、まあ、それなりに旨かったものの

たかがカレー、されどカレー、中々難しいものですね

まあ、考えてみると市販のルーを使ったカレーは何度か作ってますが

キーマカレーって初めてだったんですよね

ミートソースは作ったりしてるので、楽観的に考えてたら

ほんとにカレー味のミートソースになったと言うorz

家人によると、生姜をもう少ししっかり効かせること

挽肉を炒める時点で塩胡椒でしっかり味をつけること

甘みに関してはマンゴーチャツネの入れすぎかもなと(笑)

それと、スパイス感は使ってるカレー粉の選び方や量の問題や

そもそもスタータースパイスを何にも使ってない時点で

無いものねだりってのは否めませんが

ただ・・・言い訳するとあんまりここにこだわると

辛さも含めて今度はJrが食べられなくなっちゃうんですよねえ

ちなみに普通のカレーの時は、家人がベースを作った上で

ルーはJr用と大人用で別鍋で仕立てているんですよ

キーマの場合はさすがに面倒なので、比較的辛くないカレー粉を使用

何しろうちは家人もボクも親父も辛いモノ大好きなので

Jrに合わせるのはイヤなんですよね

 

とは言え、特に「前日に作っておける料理」のレパートリーは

少しでも増やしたい上に、煮込み系はこれから暖かく、ましてや夏場は

ちょっと微妙になる一方で、カレー系は逆に食べたくなるので

近いうちに今回の反省点をふまえてもう一度試してみたいと思ってます

こうして画像をみても、やっぱりミートソースにしか見えない・・・

 

 



2018.03.15 Thursday 08:40
OFF comments(0)
確定申告

締め切りまで後1週間・・・まずい

親父にいきなり丸投げされてしまった確定申告

毎年この時期、自営業者の多い山ちゃんで呑んでると

必ずこの話題になりますが、うちはこんな個人商店ですが

一応法人なもので、決算は後輩の税理士にお願いしてまして

確定申告なんて、10数年前に会社を辞めた際1回やったきり

まあ、ほとんど収入の無い親父の分なんて大した事無いと

高をくくってたんですが、いざ始めてみるとこれが結構面倒

なにしろ膨大な医療費を領収書から拾って入力するだけでも大変

お客さんにお聞きすると、少なくとも個人に関しては

簡単だよと皆さん仰るんですが果たして・・・

 

そんなわけで3月唯一の連休定休日も、いつもの家事に加えて

諸々やることが満載で、結局またちっとも休まらない2日間でした

夕飯は中華風の白菜と肉団子の煮物を作ってみました

お正月に山ちゃんで持ち寄り新年会をやったときに

Sちゃんが作ってきたこれがとっても旨かったので

月曜にふと思い出し、レシピを聞いてやってみた次第

ネギの青いトコと生姜をたっぷり効かせてスープに

豚挽きに生姜、ごま油、醤油、片栗粉、塩、オイスターソース等を

混ぜ込んで肉団子を作って放り込み、白菜と春雨も入れて煮込み完成

本当はもっと白菜をたっぷり入れたかったんですが

肉団子を作りすぎてしまい、全部ぶちこんでしまったので

ほぼ肉団子鍋になってしまったのがちょっと残念

まあでも、親父にも家族にも中々好評でした

 

さて、来週のお休みには提出しなければならない申告書

さすがにこのタイミングで税理士に泣きつくわけにもいかないし

今日明日は雨で店も暇そうなので、ここで一気に片付けないとなと

 

 



2018.03.08 Thursday 10:48
OFF comments(0)
ドイツ土産

現在ほぼ執筆の拠点をベルリンに移されている

糸さんのところへ戻っておられた水谷さんが帰京

お土産にリクエストしていたドイツのコンソメキューブを

2種類買ってきてくれました

 

 

親父が好きな洋風の煮物を作る機会が多くなって来て

以前に水谷さんから頂いたこのコンソメキューブを

使ってみたら、とっても美味しかったんですよね

和風の煮物や味噌汁の際は自分で出汁をひきますが

さすがにフォンとなるとそうはいかず

今回は野菜Verと鶏Verの2種類を買ってきて下さいました

 

それにしても、こういう食品系のパッケージも

外国製のものってちょっといいですよね、惹かれます

どんだけ舶来好きかって話ですが、まあそれはそれ

日本でも気軽に手にはいるお菓子やこうした食品はもちろん

海外に行った際必ず買って帰るのはドラッグストアで手に入る

シャンプーやハンドクリーム、絆創膏など

日本で販売しているものでも、パッケージデザインが

微妙に違っていたりして楽しいんですよ

まあ、逆に海外の方からすれば同じような理由で

日本製に惹かれるものなのかもしれませんが

早速今度、ポトフかロールキャベツにも使ってみます

 



2018.03.02 Friday 10:58
OFF comments(0)
そろそろ春の気配

昨日はこれまでの寒さがウソのような暖かさでした

で、夕方ニュースを観ていたらその原因が判明

オリンピックが終わってレポーターを務めていた

修造クンが帰国したんですね(笑

まあ、それはさておき、明日からは3月

そろそろもう冬の寒さも辟易としてきたところ

三寒四温とは言いますが、少しづつでも

暖かくなっていって欲しいものです

お休みの方は相変わらずの1日で

家と実家の洗濯や夕飯の買物と仕度、店の月末業務など

これを親父の夕飯の17時までに終わらそうとすると

ホントにもうまったくゆっくりする時間的余裕がなく

あっという間に1日が終わります

つか、かれこれもう1年くらいと言うもの

お正月の数日間を除いて、休日を休日らしく

すごした記憶がまったくありませんorz

昨晩は久しぶりに和系の煮物(豚肉と牛蒡・こんにゃく)

翌日の夕飯分には、親父が好きなこともあって

ヘビロテしつつある八宝菜

 

昨夜のTVは前述のように、帰国したオリンピック選手の

話題でもちきりでしたね

特に羽生クンやカーリング女子の皆さんは

お疲れで一刻も早く家族の元に帰ってゆっくりしたいだろうに

まああちこちで引っ張りダコ、ちょっと気の毒でした

ちなみに「そだねー」がすっかり流行語になってますが

個人的にはゲーム中のやりとりの中では「そだねー」より

「どーだい?」のほうがぐっと萌えたんですけど

選手の皆さん本当にお疲れ様でした

 

 

 



2018.02.28 Wednesday 12:58
OFF comments(0)
輸入文具

別に親父の万年筆コレクションに触発されたと言う

訳ではないですし、価格的にも1/100ですが(笑)

 

 

先日丸善に行った帰りに新宿で途中下車

西新宿にある輸入文具のお店であれこれ買ってしまいました

シャーペンにマーカー、消しゴムにノートなどなど

と言っても、ただ衝動買いしたわけではなくって

ちゃんと用途と言うか、目的があってのことなんですが

その話はまたの機会においておくとして

やっぱり文具って楽しいですね、Jrの気持ちもわかります

まあ、ボクの場合「輸入文具」オンリーですが

ええ、全ジャンルにおいて舶来好きは相変わらずなので

こちらはそれ以前から使っているドイツはLAMY社のシャーペン

そう言えばLAMYは万年筆も持ってます

そちらは松陰神社前に以前あったDESK LABOと言う

小さな輸入文具店で手に入れました

残念ながら今はもうお店は無くなってしまったんですよね

以前に何度かご紹介した表参道のMomaのショップなど

輸入文具や雑貨を扱ってる店は大好きなんですが

吉祥寺のお店(店名失念)にしても前述のDESK LABOにしても

お気に入りの店が次々閉店してしまって悲しいです

そうそう、書いていて思い出しましたが

本郷にはSCOSさんという、やはり輸入文具の専門店があって

ずっと行ってみようと思ってたんですよ

と言うか随分前に一度行ったんですがお休みだったというorz

近くには大好きなサバランの近江屋本郷店もあるし

散策には楽しいエリアなので、近々行ってみようかなと

 

 



2018.02.24 Saturday 12:39
OFF comments(2)
親父のコレクション

週末に、弟一家も招いて親父の誕生日祝いをしました

前の週の定休日に丸の内の丸善に出かけて

「万年筆箱」をプレゼントしたのは少し前のエントリでも

ふれた次第ですが、とっても気に入ってくれたようです

最近自分も筆記具(主にシャーペンですがw)にハマってて

万年筆にも興味津々のJrが、箱に並べるのを手伝う!と

楽しみにしてたんですが、火曜日に一緒に階下へ降りると

すでにもう親父、自分で箱に収めてました

 

 

ただ・・・2段で20本収納できる箱をプレゼントしたんですが

現時点で既に収めきれずに、最下段のインクやカートリッジ用の

引き出しにもまだ10本近い万年筆がorz

 

個人的には万年筆を使う機会ってほとんどありませんが

こうしてみるとやっぱり良いもんだなあと改めて思います

特にイタリア製の物などは、実に美しい色合いで

眺めているだけでもいいんですよね

青山に「書斎館」という万年筆の専門店がありまして

先日親父の教え子で散歩や食事の相手をして下さるなど

すっかりお世話になっているNさんが

ここに連れて行ってくださったんですね

もう親父、ショーケースに釘付けで動けなかったとか(笑)

この調子だと来年の誕生日にはもうひと箱プレゼントしないと

いけないことになりそうな気がします

まあ、場所とるものではないのが幸いですが

 

 

 



2018.02.22 Thursday 11:57
OFF comments(0)
おのぼりさん

昨日、もうホントに何十年ぶりか?って位久しぶりに

東京駅(丸の内)に出かけました

いやもう、北口を出た途端、まったく未知の光景

キョロキョロと辺りを見回したり

圧倒されるような新しいビル群を見上げたりと

まるで異国を訪れたような気分でした

 

こんな場違いなところに来たのは、今週90歳を迎える父の

誕生日プレゼントを買うのが目的で、訪れたのは丸善の本店

 

丸善と言うと、子供の頃よく父に付き合わされましたが

普通の本屋だと思って行ったら、難しい専門書や洋書ばかりで

クソ面白くないところという印象しかありませんでした

今回の目当ては決まっていて、丸善オリジナルの万年筆箱

上部がガラスケースになっていて2段目の引き出しと合わせて

20本の万年筆を収納でき、最下部の引き出しにはインクびんや

カートリッジなどの小物も入れられるようになってます

万年筆のコレクターであるわりに、無造作に書斎の引き出しに

しまっていた父にピッタリのプレゼントではないかと

 

せっかく普段めったに訪れることの無いエリアですが

あまりのアウェー感と時間の問題もあってさっさと帰宅

午後はいつものように家事と料理で1日が終わってしまいました

この日の献立は久しぶりの木須肉(ムースーロー)

それと、翌日分におなじみの牛肉トマト煮込み

 

オフィス街や小洒落た商業施設、飲食店にはとても

寄る気にはなれませんでしたが、少し足を伸ばして

三州屋あたりで鳥豆腐と燗酒ってのもアリだったなあと

何しろまた数年はこっちに来る事も無いでしょうから

 

 

 



2018.02.14 Wednesday 11:28
OFF comments(0)
<< 2/111PAGES >>