一応ストアブログですが、ほぼ日常の雑記
ときどきコーヒーのことなど
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ハチはなぜ大量死したのか 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45) Edward Hopper: Forty Masterworks (Schirmer's Visual Library)
Mobile
qrcode
今年も節分草@野川公園

ここ半年くらい定休日、特に連休定休の第1・3に限って何故か

下校時間の早いJrに阻まれて、ろくすっぽ休みを堪能できなかった中

昨日は珍しく下校が16時すぎになるというので

早々に朝の家事を済ませて野川公園まで歩いて行って来ました

柴崎駅まで京王線、駅から甲州街道を渡って野川へ

すぐにサイクリングロードから土手へ降ります

何と言っても野川、川縁の土の上をずっと歩ける上に

中央高速をくぐったあたりからは、ここ東京?と思わせるような

のどかな田園風景が広がるのも吉

 

この日はカワセミには出会えませんでしたが、こんなナゾの鳥ハケーン

 

さて、毎年2月には必ず訪れている野川公園、お目当ては節分草です

 

ちょうど満開、と言っても山野草らしい可憐な花がつつましく

咲いているので、うっかりすると見落としてしまいそうですが

もう何年も見に来ているので、咲いている場所はしっかり憶えてます

 

福寿草、こちらも毎年同じ時期に花を咲かせます

 

そのお隣にはミスミソウでしょうか?白と薄紫色の花が少しだけ

 

 

この日はそれほど気温が上がったわけではないんですが

歩いているとダウンはいらないくらいの陽気

自然園を堪能した後は、まだ少し時間に余裕があったので

再び野川沿いを歩いてそのまま深大寺へ

久しぶりのお蕎麦と、もちろん今日は歩きですからジャパンも

 

さすがに深大寺からは時間的な事もあって調布行きのバスに乗り帰宅

それでも約4時間半、平地とは言え久しぶりにしっかり歩けました

この次はもう桜の季節でしょうか、野川沿いを歩くのは

屋内のプールもいいんですが、久しぶりに1日外ですごすことができて

気持ちもリフレッシュ、充実したお休みでした

 

 



2017.02.15 Wednesday 09:44
OFF comments(0)
父娘

小津監督の作品が好きで、数多くの作品を観たり

鎌倉文学館に何度か赴いてその足跡を辿ったり

小津さん関連の書物も結構読み漁ったりしたんですが

そのきっかけにもなった、初めて観た作品が「晩春」でした

笠智衆と原節子が父娘を演じ、独り身の父を案じて

中々結婚しない娘とそれを心配する父という設定なんですが

ようやく娘が結婚することになり

エンディングは無事に式を終えて行きつけの酒場を

訪れた笠智衆が女将を相手に少し強がって

やっと片付いたみたいなことを言ったかと思えば

娘なんて人にやっちまうだけでつまらないなんて

複雑な胸のうちを明かしたりというやりとりがあります

 

先日いつもの山ちゃんで呑んでたら、常連のSさんが珍しく

ビシッとしたスーツ姿に大きな紙袋をもって入って来ました

Sさんは都立TOPの高校から旧帝を経て一流の企業へ

長く欧州でも勤務され、数年前にリタイアされたと言う

山ちゃんでは珍しい(笑)輝かしい経歴の持ち主

その日は娘さんの結婚式の帰りだったそうで

早速山ちゃんや常連達に「泣いた?泣いたんでしょ?」なんて

からかわれてましたが、それに対して

「冗談じゃねえ、娘の父親なのに何故か最後のスピーチを

 頼まれちまったからろくに呑めなかったんだよ、ったく」

「やっと行ってくれてやれやれってのはあるけど

 およそ泣くなんて感情はねぇなあ」などと仰ってました

けれどその日はSさんにしては明らかにいつもよりペースが早く

わずか1時間弱の滞在で焼酎を3〜4杯あおって

「今日は他にもいろいろ挨拶に回らなきゃいけない店がある」

なんてそさくさと店を出て、自宅とは逆方向へ

そんなSさんを見送って後に残った我々や山ちゃん

やっぱりいつものSさんじゃなかったよなーと

ボクも思わず、前述の映画「晩春」を思い出してしまいました

その場には山ちゃんやボクも含め、娘を持つ父親は不在で

実際のところどういう心境になるのかねえ、なんて話で

しばらく盛り上がったんですが、実際どうなんでしょうかね

最近は社会環境の変化や不安もあってか

結婚に対して否定的な若者が男女共に増加しているようですし

まあ、我が家のJrはまだ10歳、結婚なんて当分先、と言うか

果たしてそれまで自分が生きてるのかって話ですが・・・

 

 

 

 

 

 



2017.02.13 Monday 13:25
OFF comments(0)
早春の味

定休日の今日は洗濯などを急いで済ませて

最近すっかりお休みの日のルーティンの1つになっている

JAの直売所へ10時の開店に合わせて向かいました

もちろんお目当てはプチベールとラディッシュ

すっかり気に入ってしまったプチベール、旬が短いので

店頭に並んでいる限りは毎週でも買いに行こうと思ってまして

で、各々しっかりGETして他の野菜を物色していたら

ふきのとうハケーン!そっか、もうそんな時期だったなーと

 

そんなわけでもちろん1袋購入、早速恒例のふきのとう味噌作りです

と言っても作り方はいたって簡単

細かく刻んだふきのとうを油で炒めてから

予め合わせておいた味噌とみりんを投入して練るだけです

お味噌は水谷さんから頂いた山形の米麹と

先日伊勢丹の催事で手に入れたなめ味噌を3:1で合わせました

作り方は簡単ですが、1つだけ気をつけなければいけないのは

ふきのとう、刻んでいくうちからどんどん黒ずんでくるので

予め味噌を用意して鍋も油をしいて温めておき

刻んだらなるべくすばやく鍋に投入することくらい

最後に味をみて少し砂糖(我が家ではてんさい糖)を加えて完成

ちょいとつまんで口に入れるとふわ〜っと広がる独特の香り

ほろ苦さ、それに少し残しておいたふきのとうの食感が堪りません

こりゃいくらでも日本酒がすすむww

一袋が結構な量だったので、夕方ちょうど愛犬の散歩に出た

水谷さんにも少しお裾分け、ぜひジャパンと一緒にどうぞと

こちらも旬のうちにもう1回くらいは作っておきたいですね

今日の献立は牛コマとゴボウの時雨煮とポテサラ

プチベールにふきのとう味噌、キャベツとお揚げの味噌汁と

相変わらず居酒屋メニューになってしまいましたので

そろそろフライングしてまずはホッピーから始めちゃうかなと



2017.02.07 Tuesday 17:47
OFF comments(0)
伊勢丹の催事へ

定休日の31日は愛読しているやまけんさんのBlogで知って

最終日ギリで伊勢丹B1の催事へ行って来ました

デパ地下とは言え、特にリニュアル後の伊勢丹B1は

とても手が出ないお高いモノばかりで普段はほぼ無縁ですが

この日のお目当ては調味料なんですね

やまけんさんのBlogではもうすっかりお馴染みの

富士酢で有名な飯尾醸造さん、三ツ星醤油さん

最上級のみりんを造る白扇酒造さん、各々の若き担い手さんが

自ら上京され店頭に立っていらっしゃいます

 

目当てのもの以外を物色していたら、ちょうどお手の空いた

飯尾醸造の若社長、飯尾彰浩さんに声をかけて頂き

オススメの商品やそれを使ったレシピなど

こちらの質問にもとても丁寧に答えて下さいました

試飲してあまりの美味しさに感動してしまったのが

白扇酒造さんの3年熟成の本味醂、それから三ツ星醤油の

醤油の原点となるお味噌を使った「なめみそ」

そしてこの日のお目当てだった飯尾醸造さんでは

5代目の自信作で、開発段階のレポをやまけんさんのBlogで知った

しゃぶしゃぶ用のタレ「しゃぶしゃぶに夢中」略して「しゃぶ中(笑)」

ポン酢とゴマダレばかりのしゃぶしゃぶに第3のタレをと

5代目が作られたこちらは、富士酢プレミアムをベースに

ホタテ貝柱の旨みを利かせた贅沢なポン酢

そしてセットで付く大阪の山椒屋さん「やまつ辻田」の山椒が

合わさって完成するという逸品

早速このお休みは柳屋さんのしゃぶしゃぶ用豚バラ肉で

頂いてみましたが、タレだけでもしっかりとした旨みで

正直言うとポン酢があまり好きでは無いボクが

いくらでも食べれてしまいそうな美味しさだったんですが

なんと言ってもこの粉山椒が本当にベストマッチ

山椒の強烈な香りにタレがまったく負けておらず

実に良い塩梅で豚肉を美味しくしてくれるんですね

 

そして同じく飯尾社長が推してくれた白扇酒造さんの本味醂

本来はお酒として飲むものだったことを実感させられる

感動的な美味しさでした

煮物作りに欠かせないものだけに、きちんとしたものを使いたいと

思っていましたが、それならぜひとオススメ頂きました

こちらも早速使ってブリ大根を作ってみたんですが

いつもより砂糖を控えめにしてこの本味醂を味付け時に使用

仕上げ時にも煮汁を煮詰める際にひと回しして照りを出したところ

何度も作っているブリ大根が自分史上一番の出来になりました(笑)

なめみそも、もちろんそのままで最高の酒のつまみになりますが

5代目曰く、お酒でのばして豚肉の味噌炒めがオススメですとの事

これも近いうちにぜひ試してみたいと思ってます

 

もちろんこうした調味料、特に味醂などはスーパーで売っている

大手メーカーのものに比べると3倍くらいの価格ですが

そもそも原材料も作り方もまったく別物になってしまって

飲んだら吐き出したくなるような味醂には戻れないなあと

価値観は人それぞれですが、食材を贅沢するのと違って

食費への影響もそれほど大きくないしですし

調味料はきちんと美味しい物を使うと料理も楽しくなるので

個人的にはいいかな、とも思っています

ただ、醤油、お酢、ごま油、さらには出汁昆布にかつお節・・・

きりがなくなってきそうでちょっと怖いです

 



2017.02.02 Thursday 11:48
OFF comments(0)
今年の目標?

目標と言っても仕事の話ではありません

いや、もちろん仕事に関しても毎年年頭にあたっては

目標的なものを掲げてはいるんですが

それはそれとして、ここでは定休日に作ってる料理の話

2年前くらいからでしたか、定休日の夕飯担当をかって出て

以来少しづつ、レパートリーを増やしてはいるんですが

ちょっとマンネリ化してきた感がありまして・・・

手際や慣れの問題もあるんでしょうが、性格的なことや

昨年から定休日にJrの野球練習に付き合ってる関係で

Jrの下校前にある程度の準備を終わらせたいこともあり

どうしても煮込み系は中心になってしまうんですよね

牛筋煮込みのようにじっくり時間をかける必要があるものは

別としても、和洋問わず煮込み系だと事前に作っておけるし

火を止めて置いておくことで味もより染込むメリットもあり

和ならブリ大根や豚バラ大根、牛牛蒡などの醤油系や味噌煮込み

洋はJrが好きなこともあってトマト煮込み系

先だってのお正月明けも、和牛の切り落とし肉を奮発して

トマト煮込みを作ったらJrには大好評でした

 

山ちゃんにはヨコさんを始めとして料理の好きな男の人が多く

またいとう庭のオーナーシェフや舟鮨の舟さん、もっちゃんと

プロの料理人もいますので、時折料理談義に花が咲くんですが

山ちゃんといとう庭のシェフに以前、OFFの日に家族に料理を

作ったりするのか、その場合どんなものを作るか聞いたところ

口を揃えて「中華」と、その理由は一番簡単だからとのお返事

もちろん、中華料理が簡単なものだと言う事ではなく

中華系で炒め物を作るのが時短で手っ取り早いという意味です

確かに2人ともプロですから、そりゃ手際も良いんでしょう

一方経験の浅いシロウトとしては、どうも炒め物は苦手

火加減やスピードのプレッシャーで(笑)パニくったり

焦げるのが怖くてつい弱火にしてベチャつかせたり

そんなこともあって中華系はほとんど作ったことがありません

でも考えてみればこうした炒め物系なら、事前に買物して

食材さえ揃えておけば、日中は時間も空くんですよね

そんなわけで今年は少しそっちにもトライして

レパートリーを増やせるよう頑張ってみるかなと

基本の料理レシピをネットでちらちら見ているところ

まあ、ネギは死んでも使いませんけどねw

 

 



2017.01.23 Monday 09:51
OFF comments(0)
マヨ讃歌

先だって、それまで食わず嫌いだったラディッシュの美味しさを

教えて下さった常連で、JA烏山直売所通のIさんから新たに

「プチベール」なる野菜を教えて頂きました

ラディッシュと違ってこちらは耳にしたことも無い野菜でしたが

なんでも1月〜3月頃の季節物で、今が一番美味しいとのこと

早速定休日に朝一番でJAの直売所に行って入手しました

 

プチベール、すなわち「小さな緑」と言う名のこちら

芽キャベツとブロッコリーの中間のような感じの野菜です

茎のところが少し硬いので包丁で切れ目を入れて2つに裂き

2分ほど茹でてタップリとマヨをつけて食べたところ

これがまた実に旨いんですよ

苦味は思ったより少なく、シャキっとした食感も吉

事前にIさんに教わっていたんですが、茹で過ぎてしまうと

この食感が失われてしまうので注意が必要です

油との相性も良さそうで、炒め物などにも使えますし

シチューなどの煮物にもOKとのことでしたが

ラディッシュ同様、そのままマヨが一番旨い気がします

 

決してマヨラーと言われるほどではないと思ってますが

ドレッシングとか塩とかオリーブオイルよりは断然マヨ派

ええ、意識低い系でジャンク好きなものですから

以前愛読しているヤマケンさんのブログで

長野の高原レタスの生産者さんの紹介記事を読んだ際

一番旨い食べ方はレタスを大胆に4つ割に切って

これでもか!ってくらいマヨをつけて食うのが一番と

生産者ご自身が断言しておられ、ヤマケンさんも試してみて

禿同してましたが、まさに我が意を得たり!でしたよ

 

このプチベール、前述のように季節物なんだそうで

おそらくJA直売所でもあと1〜2ヶ月くらいしか

見かけることができないのかもしれません

これは毎週定休日に買いに行かなければと

 

 



2017.01.19 Thursday 13:53
OFF comments(0)
シーズンイン

年末年始こそ世間並みにお休みのあったJrの野球ですが

先週の3連休から早速シーズンスタート

初日は練習前にグラウンドのお清めやら、神社への参拝

それに体力測定と、さながらプロ野球のキャンプインのような始動

連休明け、ボクがお休みの火曜日は始業式で下校が早かったため

定例となってしまった「秘密の公園」での練習もスタート

誕生日〜X'mas〜お正月とバラ色の日々がしばらく続いただけに

初日は溜息をつきながら出て行ったJrでしたが(苦笑)

一方でプロ野球の開幕は待ち遠しくて仕方ないらしく

「早く始まらないかな〜」「今年も球場観にいきたいな〜」を連発

そんなプロ野球、開幕前に今年はWBCがあり

先だってその布陣が発表になりました

正直言って前回の韓国戦、あの小久保監督のありえない

クソ投手起用に嫌気が差してまして

しかもてっきり更迭かと思いきや今回も続投とか

そのあたりはちょっと未だに不満がくすぶってるんですが

それでもやっぱり、大谷クンをはじめ我がホークスからも

内川・武田・千賀・松田、それにもしかしたら柳田

さらには巨人に移籍してしまったもののJrの大好きな森福と

豪華メンバーの顔ぶれを見ると、やっぱりこちらも開幕が楽しみ

そんなわけで今年も、Jrの野球中心の1年が始まりました

明日は極寒の中、早速東大島の強豪チームと試合だそうです

 

 

 

 

 



2017.01.14 Saturday 11:39
OFF comments(0)
お休み最終日はハプニング&至福の1日

本日6日より、新年の営業をスタートいたしました

今朝は3時半に目が覚めたので、準備をして4時過ぎに店へ

まるで年末SALEと変わらぬ時間から仕込みを始めましたが

初日からカフェへの納品分が集中していたため

準備が終わったのは開店ギリギリでした(汗)

 

あっという間の6日間、大好きな年末年始休みは終わってしまいました

最終日は多摩川の土手を久しぶりに歩くことにして

京王多摩川駅から土手へ出て、まずは河川敷のグラウンドで

持参したボールとグローブでキャッチボール

 

年末よりずっと良いお天気が続いていましたが

この日は少し風が冷たく、土手歩きにはちょっと不向きでした

それでも冠雪の富士山を眺めつつ、キラキラと光る川面に沿って

のんびりと歩くのは気持ちの良いものです

 

下流に向かって歩き、狛江のあたりから土手をはずれ

GOALはもちろん、これも正月の定番、と言うよりはハイライト(笑)

日本で一番旨い生ハム&サラミを求めてサルメリア69さんへ

X'mas前後からずっと続く怒涛の日々もようやく一段落した

オーナーのSさん&奥さまのYさんに新年のご挨拶

例年は3が日にお邪魔して、90分待ちなんて状況の中

テンパってるSさんと挨拶もそこそこに、ってパターンでしたが

今年は5日と言う事もあり、来店時はお客様もおらず

久しぶりのSさんの近況、凄まじかった年末年始の話など

色々試したけど、生ハムには一番合うとのことで

なんと切りたてのハム盛りとシェリー酒を出して頂き

レジのカウンターで贅沢な立ち呑み(笑)

いやいや、これだけでもう大満足じゃないですかと

 

そう言えば、親父のとこに何本かシェリー酒あったなと思い出し

階下の実家の分と我が家分の皿盛りを作っていただき

さあ、急いで帰宅して風呂に入ったら生ハムで至福タイム!と

考えていた矢先、携帯が鳴って出ると神楽坂のムギマルさん

なんと在庫を1パック勘違いしていて、もうコーヒー豆が

明日の営業日1日分まったく無い状態なんだとのこと

そんなわけで、急遽バスに飛び乗ってそのまま店に直行

お休みの最終日、極上の生ハムはオアズケくらって

シゴトするはめになってしまいました(苦笑)

なんとか宅急便の集荷〆に間に合わせ急いで帰宅

明るいうちに、というわけにはいきませんでしたが

お休みの最終日を満喫することが出来ました

 

お店のほうは年末SALEの反動もあってのんびりスタートかなと

思ってましたが、6日間の休み明けということでそれなりに忙しく

でもって失念してましたが明日からは3連休なんですね

夜明け前からの仕込みですっかり正月気分も抜けたことだし

新年第1週からしっかりと働こうと思います

本年もCafooのコーヒーを、なにとぞよろしくお願いいたします

 

 

 

 



2017.01.06 Friday 13:10
OFF comments(0)
呑んだくれ正月

曜日の並びが悪い2017年のお正月

世間的にはもう4日から仕事始めという方も多いようですが

5日までお休みの我が家はもちろんまだ正月モード継続中

と言っても、例年通り両実家の集まりに出かけた以外は

人ゴミを避けてひたすらにまったりとお正月を満喫してます

と言うか毎日昼から、なんなら朝から呑んでます

 

大晦日に正月用として今回はいつもの「白岳仙」に加えて

これも大好きな佐賀のお酒「鍋島」に、実家からもらった賀茂鶴

「とりあえずビール」はヒューガルデンにベデット&ニュートン

お馴染みのキンミヤ焼酎1.8L×2本にホッピーはもちろん

ワインも白赤4本に、頂き物の10年もの紹興酒などなど

そんなわけで、今年は3が日の火曜日が資源ごみ回収休みで

既に空き缶&空き瓶がえらいことになっております(苦笑)

そんな年末年始休暇も本日5日でおしまい

明日からは2017年の営業がスタートですが

大好きな年末年始を名残惜しみつつ、もちろん今晩も

いや、おそらく今日も明るいうちから呑んだくれる予定です

その前に少しはカロリー消費しておかなければ

 



2017.01.05 Thursday 07:53
OFF comments(0)
2017お正月

怒涛の3日間SALEを終えた30日は、夕方に来店されたT社長に

鮨〜焼肉をご馳走になり、1年で最も旨い美酒を堪能

大晦日はなんとか午前中に店&自宅の掃除を終え

毎年のルーティン、成城の増田屋さんと宮崎屋さんで

年越し蕎麦と正月用の日本酒を買い、晩は実家の両親とすき焼き

吉田類の「年またぎ酒場放浪記」を観ながら新年を迎えました

明けて元旦、シンプルながら全て家人手作りのお節と

年末に水谷さんに築地で買って来て頂いた佃權のなると入りお雑煮で

腹ごしらえをした後は氏神さまの神明社へお参り

これも毎年のお約束、お世話になっているK先生と祖師谷公園で

待ち合わせをして、各々持参したグローブでキャッチボール

毎年Jrの相手をしてくださっているK先生

野球を始めたJrの成長ぶりに驚かれてましたw

その後は成城〜祖師谷を散歩して帰宅

明るいうちに風呂に入って、年末のうちに買い揃えた酒とつまみで

ひたすらに呑み続けるという正月ならではの至福の時間

賀茂鶴の純米と、シミズヤさんに売っていたやまうに豆腐という

最強の組み合わせで五合瓶は速攻で空に

もちろんJrはこの日のために我慢してとっておいたレゴ三昧

 

でもって、2日の朝はこれも毎年の恒例となっている

増穂湯さんの正月朝湯会へ

今年は少し遅めの9時ごろに行ったのが正解で

朝一組が出た後の空きはじめた湯ぶねにのんびりつかり

風呂のあとはもちろん待合で朝ビール

 

とまあ、結局もう本当に毎年何も変わらないいつものお正月ですが

年末の疲れを癒し、人ゴミにはいっさい出かけずに

のんびりと地元ですごし、明るいうちから呑んだくれております

今年は曜日の並びが悪く、4日からお仕事という方も多いようですが

普段休みの少ないこちらは、せめてお正月くらいはと

5日までこんな感じでのんびりとさせていただく予定です

6日の仕事始めがちょっと不安ではありますが・・・

 

 

 



2017.01.03 Tuesday 07:31
OFF comments(0)
<< 2/104PAGES >>